KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
掛川けっとら市とエコパ
 2015年5月16日

 KAZZにしてはめずらしく食い物ネタだ。
以前ネットで見つけた掛川のうまい焼きそばを食いたくて、職場の仲間と出かけてみた。
実は、20年くらい前に大分で食べた焼きそばと同じ焼きそばを掛川で食ったことを覚えていたのだが、どの店だったのか全く失念していた。
それで、すこしでも手がかりがつかめないかネットサーフィンしていて、とてつもない焼きそばがあることを知った。
ま、つまりその大分で食ったのと同じ焼きそばはあきらめたってことだあね(笑)。

掛川けっとら市とエコパ10
これは掛川城。
ついでにちょっと寄り道してきた。
掛川けっとら市とエコパ11
一緒に行った職場の仲間。
真剣に説明板を読んでいる!
オレ、歴史に疎いからこういうの読んでもよくわからんw

掛川けっとら市とエコパ
さあて、ここが目的の焼きそば屋さん。
「中西屋食堂」。
メニューは「ラーメン」「焼きそば」「餃子」の三種類しかない。
迷わず(迷いようがないw)焼きそばを注文した。

掛川けっとら市とエコパ2
キターーーーーッ!!!!
スープはたぶんラーメン用だろう。
具は、キャベツと刻みチャーシュー・ねぎ・のりといったところだ。
特徴はその味なのだ。
しかしながら、以前から伝えている通りKAZZは味覚がないのだ。
したがって、仲間の言葉で云えば、にんにくが強烈で辛くて身体が熱くなるとのこと。
たしかに空調のないお店のせいかもしれないが、汗がとめどなく流れ出てきた。
発汗作用がすごい!
で、うまいのか?
麺はもっちりしていて好きな人にはたまらないということはわかる。と、これくらいにしておこう。
あ、オレはまた食いたいけどね。

けっとら市を開催していたので、そろそろ仕舞い支度をしているところを観てきた。
掛川けっとら市とエコパ3
なんと、ポリバケツいっぱいのイチゴを買ったらしい。
かなり安いのでジャム用に買ったんだそうだ。

そして掛川にきたなら、ここ「まるましらすや」に寄ってしらすを購入しよう。
掛川けっとら市とエコパ6
このお店は「井上侑」さんとご縁があるのだ。
掛川けっとら市とエコパ5
お店の奥さんがたまたまK-mixのラジオで「井上侑」の「釜揚げしらす」という曲を聴いてすぐにCDをポチったらしい。
それを見た井上スタッフが、浜松にいるので帰りにお店に寄ってCDを手渡ししたという。
しっかりポスターが貼ってあった。
しらすを購入したのは云うまでもないが「しらす&さくらえびアイス」なるものがあったのでその場で食ってみた。
掛川けっとら市とエコパ4
う~ん、これは微妙w

さて、お次はエコパアリーナに行ってみようということになった。
掛川けっとら市とエコパ7
色んなテントな並んでいるので、そのうちいくつか食してみた。
掛川けっとら市とエコパ8
オレは「あしたか牛コロッケ」。
これは、旨いに決まってる。

掛川けっとら市とエコパ9
これは、今年流行りの「いちごけずりアイス」だ。
たぶん、ドうまい。

主目的はオレのわがままで、掛川焼きそばを食うことだったが、それは早期に達成したのであとはのんびりだらだらと過ごすという優雅な一日だった。

こういうのもいいなあ。
お付き合いアリガトー!


スポンサーサイト
栄ミナミ音楽祭2015
 2015/5/10

 初めて来てみた名古屋「栄ミナミ音楽祭」。
浜松の「やらまいかミュージックフェスティバル」とほぼ同時期にはじまった壮大な野外音楽祭だ。
あまりに出演者が多くて、会場も多くて、とても全部を観てまわれないのは同じだ。
こちらはメイン会場ではメジャーなミュージシャンが出演される。

名古屋を中心に活動されるミュージシャンが多いとは思うが、全国を回っているミュージシャンもいて、その中でどうしても知っている方をチェックしてまわることになる。

今回は以下の2組を観て来た。
栄ミナミ音楽祭20152
井上侑。
例によって裸足です(笑)。
栄ミナミ音楽祭2015
こちらは、会場が変わってau前で。
オレau。
いの上=あ=a
侑=ゆう=u
こじつけだが、侑さんはauと縁が深い(笑)。

さて、もう一組。
栄ミナミ音楽祭20153
テレビ塔前でのSpoon。
知名度も上ってきて、観客も多い。
栄ミナミ音楽祭20155
物販も人が途切れないくらい。

天気もちょうどいい感じで、いろんな会場をウォーキングするのも気持ちいい。
さすが大都市名古屋だ。
若い人の割合が浜松に比べてダントツだ。

今回、この音楽イベントのすばらしさを知ったので、次回以降足を運ぶことを決意した。



井上侑@プレ葉ウォーク浜北
 2015年5月9日

毎月のようにここ浜北プレ葉ウォークでインストアライブをしてくれる「井上侑」。
もう吸い込まれるようにこのステージにやってくるようになった。

それは彼女のピアノ弾き語りに完全に嵌まり込んでしまったからだ。
井上侑@プレ葉ウォーク浜北
いろんなものを擬人化した内容が多いが、それがとても彼女の細やかなやさしさにあふれているから心がざわめいてしまう。
井上侑@プレ葉ウォーク浜北2
表情に感情がこもり、ときどきしゃべるように歌う。
井上侑@プレ葉ウォーク浜北3
他に類を見ない天性。
近いアーティストとしては、矢野 顕子さんだろうか。
もっともっとメジャーになれるとも思うが、彼女の感性が抑えられては意味がないから、このまま細々と続けて欲しいとも勝手に思っている。

富安&しーなとシュウ@BT
 2015年5月8日

 大御所「富安」氏が「しーなとシュウ」を連れてきてくれた。
場所はビスケットタイム。

富安&しーなとシュウ@BT

職人的な演奏は相変わらず。
なんといってもMCがすばらしく、親父的で心がこもっている語り口調にいつのまにか惹き込まれてしまう。

富安&しーなとシュウ@BT1
全国を旅して音もダチを増殖中。
多くのミュージシャンが富安氏を慕う。

富安&しーなとシュウ@BT2
「しーなとシュウ」。
彼らもそんなひとりだ。

富安&しーなとシュウ@BT3
「シュウ」。
力強いベースと歌声。

富安&しーなとシュウ@BT4
「しーな」。
同じく力強いピアノと歌声。

本人は「旅するえせニック歌謡」と表現しているが、ワールドミュージックというカテゴリーでもなく、いろんな要素がクロスオーバーした、他にない音楽を奏でる。

富安&しーなとシュウ@BT5
こうしたオリジナリティが強いアーティストをもっといっぱい知りたくなった夜だった。
ラジオK-MIXおひるま協同組合公開録音ライブ
2015年5月6日。

浜松ZAZAシティ中央広場にて、浜松のラジオ番組の「K-MIXおひるま協同組合」の公開録音があり、その番組の中でのライブが魅力的だったので、いそいそと出かけた。
K-MIXおひるま協同組合11
会場のZAZA中央広場は、ご覧のとおりオープンスペースで普通に人々が往来している中で行われた。

番組MCは「日下純」と「南真世」。
ゲストは2組。
いづれも地元ではない。

1組目は「Softly」。
K-MIXおひるま協同組合12
北海道苫小牧出身の現役高校生2人組のシンガーソングライター。

K-MIXおひるま協同組合1
なんの予備知識もなく観たのだが、初々しい感じとはうらはらに、演奏を始めると堂々としていてただ者ではないことを知る。

K-MIXおひるま協同組合2
「HARUKA(G&Cho)」。
なんというギター演奏だ!
通常、高校生が弾くギターは、特に歌物のバックは全弦ストロークなんてのが当然なのだが、彼女の弾くギターはストロークではあるが非常に空間の多い(休符が長い)譜割なのだ。

K-MIXおひるま協同組合4
「MUTSUKI(Vo)」。
なんというボーカリストだ!
空間が多くてリズムが執りにくいギターを聴きながら、更に間の長い(休符が長い)メロディと粘りのある歌い方!

K-MIXおひるま協同組合6
それに二人ともかわいらしい♪

K-MIXおひるま協同組合5
この二人組の「Softly」のオリジナリティに大いなる可能性を感じる。

YOUTUBEの1曲を貼っておくので興味があれば聴いて欲しい。

Girl's talk(short version) / Softly

K-MIXおひるま協同組合7
即効でCDを購入して現在まで聴きまくっている。

その後、高校を卒業して地元を中心にラジオやTVにも出て、プロとして活動の幅を広げていった。
ぜひまた生でライブを聴きに行きたいとずっと思っていた。

がしかし、なんと2017年12月末で「Softly」としての活動を休止してしまった。
自分としては非常にショックだが、彼女たちの才能が消えたわけではないので、今後の行方を注視していくつもりだ。


さて、もうひとりは「井上侑」。
K-MIXとのコラボ商品のCMソングを担当したり、彼女の番組を放送したりとラジオとの縁も深い井上侑。
大好きなアーティストだ。
K-MIXおひるま協同組合8
愛媛生まれ東京育ちのピアノを弾くシンガーソングライター。
年間ライブ回数は群を抜いている。

K-MIXおひるま協同組合10
彼女の描く曲の世界観は、身近な素材を擬人化して琴線を振るわせる物語を展開することと独特の歌いまわしにある。
矢野顕子の才能に通ずるところもあると感じる。

そして、演奏を聴いたあとのすがすがしさは他では味わえない。
べた褒めになったが、しょうがない。惚れこんでしまったのだから。

そんなGWを締めくくってくれたK-MIXに感謝!!


Lady Swamp@BT
2015年5月5日。
浜松祭りの最終日夜ライブは「Lady Swamp」。
Lady Swamp@BT


拝見するのは2度目。

吉村瞳(Vo&Gt)&小笠原友子(Per)によるディープな世界。
Lady Swamp@BT3

リゾネート・ギターやラップ・スティールギターを弾きながらオールマン・ブラザーズを歌ったりするからたまらんぞよ。
Lady Swamp@BT4


興味があれば、2018年1月28日(日)にまたビスケットタイムで演奏してくれるから是非足を運んでみて欲しい。
Lady Swamp@BT5

Spoon@浜松まつりイベント
2015年5月5日。

アクトシティのアーケードから・・・
Spoon@浜松まつりイベント1
螺旋階段を降りて・・・
Spoon@浜松まつりイベント2

浜松まつり最終日のアクト通り。
Spoon@浜松まつりイベント3
ここでライブが行われるのはめずらしい。
Spoon@浜松まつりイベント4
このときのSpoonの二人は、いつもより気が入っていたように感じた。
Spoon@浜松まつりイベント5
PAのおかげもあるが歌がストレートに胸の中に入ってきたのだ。
Spoon@浜松まつりイベント6
青空が似合うね。
Spoon@浜松まつりイベント7
新生Spoonは野外ではあまり演奏していないが、ぜひまた演ってほしい。




2015浜松まつり 街中ライブ
 アクトサンクンガーデンでのライブは、浜松に音楽事務所を構えるミュータウンレコードの「伊藤奈々子」。
2015浜松まつり 街中ライブ2
広い会場なので、この距離では誰だかわかんないね。

では、寄ってみよう。
2015浜松まつり 街中ライブ3
現役の高校生だ。
今(2018年)は成人式を終えたところなので、これから本格的に活躍してくれるだろう。

そして「CRaNE」。
2015浜松まつり 街中ライブ4
ベテランの安心感がある。
古い曲も入れてバラエティに富んでいて、昔からのファンも盛り上がるね。

さて、おまけ画像。
2015浜松まつり 街中ライブ1
サークルKサンクス×K-mix 共同開発「そうだ!ちゅう」を入手した。
炭酸水なので余分なカロリーの心配はいらないが、久しぶりの炭酸は喉に響く~。
井上侑の「ずっと好きだった」がテーマソングとしてラジオでヘビロテされていた。
ちなみにここはアクト通りで、後方には御殿屋台がスタンバっている。



桜えび祭り2015
 止まっていたブログを当時の時間から再始動してみよう。

2015年5月3日
由比漁港の「桜えび祭り」。

目的は3つ。

1.獲れたての桜えびを思う存分食い倒す
2.由比漁港で桜えび漁船に乗る
3.井上侑ライブを観る

清水駅にクルマを停めて電車でGO!
由比駅から漁港までてくてく!
桜えび祭り2015-5
桜えび通り。
痛そうなゲートがある。
桜えびではあるがデカイ!

漁港に着く前からすごい人出だ。
やっと会場についたらまずは「井上侑」ライブを堪能した。
桜えび祭り2015-4
前の週の用宗漁港の「しらす祭り」でも演奏してくれた井上侑さん。
食べものをテーマにした歌が多い彼女だが、生き物への愛があふれている。

さて、桜えび漁船乗船には行列ができているので、早々に並ぶことにした。
桜えび祭り2015-3
漁船に乗って初めて知ったのだが、桜えびは春と秋の年2回のみ漁獲が許されているとのこと。
それも駿河湾のみ!
さらに、桜えび漁の許可証をもつ船は、由比・蒲原・大井川地区の合計で 120隻しかないとのこと!
静岡県に住んでいることに感謝しなくちゃ。

乗船の列に並んでいる間に「本日獲れた生桜えびの販売は終了しました」なんちゅうアナウンスが!?
ウソでしょ?

ま、しょうがない。
そんな訳で船から下りて桜えび焼きそばを・・・。
桜えび祭り2015-2

そして、侑さんの2回目のステージを堪能!!
桜えび祭り2015-1
さやわかな海風と心地良い歌声に気分はリフレッシュ!

目的の「1.獲れたての桜えびを思う存分食い倒す」が未達だったが、冷凍の生桜えびをお土産に買ったのでヨシとしよう。

すばらしいゴールデンウィークとなったなあ。
浜松市立中部中学校 昭和48年卒業 2018年同窓会
昨年、わが母校の「元城小学校」が閉校した。
ご多聞に漏れず、生徒数の減少により小中一貫校に改められたのだ。
3月には盛大に閉校式典が開催されたのだった。
その前の1月に小学校の学年同窓会を開催して1年が経ち、今度は「中部中学」の学年同窓会が3日にオークラアクトシティホテル浜松にて開催された。
浜松市立中部中学校 昭和48年卒業 2018年同窓会1

参加人数は百数十人で、今年度中に全員還暦を迎える。
別の小学校から入校した生徒も多いため、昨年の小学校の同窓会とはメンバーが若干異なっている。
それこそ45年ぶりに会う同窓生もいて、想像はしていたがずいぶんと老けた。
それは、相手も同じ思いだろう(笑)。
浜松市立中部中学校 昭和48年卒業 2018年同窓会2

そして、恩師が顔を出してくれたことはとても嬉しい。
昨年訃報をいただいた恩師もあるが、80歳を超えてなお、精力的にハーモニカの指導をされていたり、講師ではないが61歳からオカリナを習われてそれぞれ演奏していただいたり、自分たちだってまだこれから何かを始められることを示してくださった。
浜松市立中部中学校 昭和48年卒業 2018年同窓会3

私の母校は、小・中・高と統廃合をして姿を変えているが、当時を知る仲間が集まり、それぞれ現在の状況は違えど当時の口調で話をすることができる相手は他には絶対にいない。
ふと、もしもこの義務教育という制度がなかったら、どうなっていただろうと考えてしまう。

浜松市立中部中学校 昭和48年卒業 2018年同窓会4

幹事のあいさつの中で「今後はこうした一同に集まる同窓会は開催が難しい」とのことだが、クラス会や仲の良い同級生同士で親交を続けていけたらいいなと思う。

幹事の皆さん、おつかれさまでした。
ありがとうございました。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。