KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
200608<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200610
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富士川SAにて
休暇を取って箱根へ行ってきた。
天気はまずまず。東名の富士川SAでワンパターンの富士山を撮影。 富士川SA
 昼飯を、初めて寄った富士川楽座の4Fのパノラマレストランで富士川と富士山を見ながら摂った。 
富士川楽座
 食ったのはこれ。サクラエビとジャコがのった冷そば。イケるぜ~。 
駿河路そば

「駿河路」というレストランで、このそばは800円。さぁ、腹ごしらえできたから出発!
スポンサーサイト
これで最後・JAZZDAY
 もう飽きたかな。JAZZDAY情報は。今日で最後にするよ。
sanbaestlera
 おっと、間違いじゃないぜ。オープニングアクトで同日開催していたサンバチーム「SambaEstlera」が乱入してきたところさ。ここで人がドット増えたのはなぜかな? 次は、これだ。 
hiro tap dance city
 「Hiro Tap Dance City」とのコラボか?ハデにギターを弾くのは、「Violet Brass」のPooh-YUTA。 ん?JAZZDAYだよな? 
violetbrass

やっぱ、4BEATだぜ。と安心するのもつかの間、このバンドは演歌もやってしまう。もう、ハチャメチャ。でもお客さんは大喜び。盛大に盛り上がったな。ちょっと楽しい気分になったぞ。 
violetbrass2

全てPENTAX FA43mm/F1.9Limited
まだまだ他にもバンドを紹介したいけど、ちょっとくどくなってきたので、やんめだ。
続々続・JAZZDAY
今回のJAZZDAYで一番ぐらっときたのが、このバンド。ゆらぎや田村

「ゆらぎやmeets Jose」このSaxは田村氏。芯のある音を出す。 
矢野

ナンデモこなすスーパーキーボードィスト矢野さん。 渡邊
 最近は女性のドラマーはめずらしくないが、このメンバーに抜擢されたのはすごい。 
石川

さて、このギタリストは最も注目している一人。石川氏。顔でギターを弾く酔っ払いギタリスト。
ベースをきちんと撮影しなくてごめんちゃい。ベースの浜崎さんもねばる低音がたまらんかったです。
続々・JAZZDAY
今回は、新築のYAMAHAホールで行われたライブを紹介しよう。
このホールでは、比較的正統派JAZZバンドが出演していた。
パッセージ

PENTAX FA43mm/F1.9Limited
「パッセージ」だ。わ・若い…。いや、ピアノは結構いって、いや、イイ感じだ。奇をてらうことなくオーソドックスにJAZZをしていた。 パッセージ

PENTAX 70-300mmMACRO
将来が楽しみだ。
続・JAZZDAY
次に気になったバンド。それはアマチュアでも大ベテランの「Groovin'High」だ。パーカッションも入った大所帯バンドで、ファンキーなグルーブが身上である。今回からコーラスが新人に替わっている。 Groovin’High
 
PENTAX FA43mm/F1.9Limited
折りしも台風13号が本州に上陸し、今にも雨が落ちてきそうだが、「皆の熱気で吹き飛ばそう」などとありきたりなMCのとおり、降りそうで降らない。 

Groovin’High和田理恵

SIGMA70-300
非常に安定したボーカル。
Groovin’High伊藤裕之

SIGMA70-300
これまた安心して聴いていられるサックス。
浜松の代表的なジャズファンクバンドとしてこれからも活躍を期待している。
06JAZZ DAY
たまらんですわ。アマチュアとはいえ、ハイレベルな演奏は。しかも、ほとんど無料で半日楽しめるなんて至福のトキ・・・。
浜松市中心部で5~6箇所で同時進行するJAZZの祭典。もう14回にもなるんだねぇ。 E♭ストリートブルースミニバンド
 気になったアーティストとパフォーマンスを紹介しよう。まずこの「E♭ストリートブルースミニバンド」。ギターがボーカルでバックはシンプルな構成のドラムという2人組。これ以上はありえないというくらいシンプルなブルースバンドだ。ギターアンプの超ミニで音もちとヘチョイ。なにがイイかっていうと渋さに尽きる。2人合わせて100歳を超えるという。好きだなあ、このおっさんたち。 
E♭ストリートブルースミニバンドギター
 JAZZじゃないジャンなどといってはいけません。ブルースはJAZZのルーツらしいからね。
今日はこのくらいにして、いくつかのバンドを紹介するよ。
チトセ・サンバフェスティバルって?
土曜の夕方、モール街からサンバフェスティバルが行われた。
浅草で活動する「バルバロス」というチームが浜松の街中で踊り歩くという趣向だ。 バルバロス
 このチームは、今年の5月に静岡市内で行われたサンバ・カーニバルでもお目にかかったことがある。ナンデモ東京で行われたサンバコンテストで4年連続優勝したすんごいチームだとか。 
バルバロス2
 でも、静岡市に比べると浜松市は今ひとつ盛り上がりに欠ける気がする。ブラジル人口が日本一多いといわれる浜松なのに…。宣伝不足か?定着するまでガンバレ浜松。 
ビアードパパ

すべてPENTAX FA43mm/F1.9Limited
帰り道、なにげにガラ空きのビアードパパで買ったシュークリームを歩き食いした。子供のころは平気だった歩き食いは、一人では気恥ずかしい。
フォークジャンボリー
 フォークソングを聴いて、初めて自分で楽器を手にした。そのフォークソングを地元のアマチュアの皆さんがステージで演奏するというので行って来たよ。場所は、浜名湖花博の跡地で「浜名湖ガーデンパーク」。  ga-denpa-ku

PENTAX DA21mm/F3.2Limited
この会場にはちょっとしたステージがある。そこで演奏するのだから結構本格的。でも、出演はズブのシロート(失礼)さんなので、レベルは?? 
ちょっとイイと思ったのはこの二人組 
はんぺん

SIGMA 70-300MACRO
「はんぺん」である。「ゆず」のコピー中心で1曲オリジナルを披露してくれた。
フォークといえばアコースティックギターをバックに歌う弾き語りとなるが、ギターをジャカジャカやるばかりではちとウルサイ。やはりボーカルを効かせないとね。この二人はボーカルがいい。
同世代で感動したのは、前にも勝手に出させていただいた「CAPO3」のマスターだ。 堀川さん

SIGMA 70-300MACRO
マスターは堀川さん。揚水のコピーを披露したが、本物を越えたハートを聴かせてくれた。ありがとう。
救命とは
 秋ではない!この湿気は入梅だ…んなアホな。でもすごくきれいな青空。 晴天
 こんな日に講習会だ。会社には消防車が来ている。 
消防車
 救命講習は、みんな受けるといいぞ。知っておいて損はない。いや、知らないということは、助かる人をみすみす見殺しにすることになるから罪だ。 
救命講習
 全てPENTAX DA21mm/F3.2Limited
最近は、AED(自動体外除細動器)を設置するところが多くなったらしい。いわゆる電気ショックだが、生体反応がある人には作動しないらしいが、いささか使用には抵抗があるなぁ。でも、ほんとうに息してなかったら使うだろうな。う~ん…。
日産
 ちぃとばかし旬をはずしているけど、ヨン様のドリンクを日産のお店でもらった。 ヨン様ドリンク
 なんと韓国製のスポーツドリンクだ。今月で賞味期限切れになるので早速飲んでみた。
スポーエネルギーの甘い感じ…。 まぁ、貰い物なので文句言っちゃあいけませんね。 オバサマたちはまだヨン様なのかな。といっても俺もオジサマなんだよな~。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。