KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
200609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200611
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友との再会
 高校の同級生と久々に会った。街中でストリートライブをやるとのことだったが、生憎の雨で中止。そこで、若林町にある洒落た喫茶(?)に連れていってもらって食事をした。 心木地
 すべてPENTAX FA43mm/F1.9Limited
この店の名は「心木地(ここち)」。なんでも、古い織物工場を改装したとのことで、目立たないが趣がある門構えだ。工場ゆえ店内は大空間である。フローリングを敷き詰め、アジアンな香りのインテリアで非常に興味深い。 
ライト
 照明にはこだわりがあるようだ。店内の雰囲気はこのライトで感じて欲しい。 メニューも健康へのこだわりを持ったものが多い。 
まかない丼
 「まかない丼」。ほんとに「賄い」をメニューにしたようだが、これが旨い。食後に飲んだ「玄米コーヒー」もマイルドだった。 
村上さん
 このSaxの方と同級生の2人で11月1〇日にここでライブをすることが今決まった。スタンダードジャズなので、興味のある人は是非足を運んで欲しい。
スポンサーサイト
ボウリング大会と昼食
 会社のボウリング大会に参加した。 芳川毎日ボウル
 PENTAX F28-80mm/F3.5-4.5
芳川毎日ボウルにて。 ボウリング世代(?)の僕は、比較的得意ゆえ、個人・団体とも優勝したゾ。スコアはたいしたことないのだが・・・。賞品は、電気ナベとお茶の詰め合わせだった。毎年上位入賞しているので嫌われていると思う。少々悪いナと思うが、みんなガンバレヨとも思う。
で、そのあと団体仲間と昼食。 
大王
 PENTAX FA43mm/F1.9Limted
 ここは結構うまいようだ。「ようだ」と他人行儀なのには訳がある。実は、僕は味覚障害なのだ。味と匂いがまるでわからんのだ。しかし、食感がするどいのでどんな味かは想像できてしまう(スゲ)。 坦々麺
PENTAX FA43mm/F1.9Limted
食ったのは大王という店の「坦々麺」。よくあるチンゲンサイがのってラー油が浮いたスープではなく、白ゴマベースの少々トロっとした感触がたまらんのだ。 
モンターニュ
 PENTAX FA43mm/F1.9Limted
さらに、隣にある「モンターニュ」というスウィーツ屋さんで食ったのは、「なんずらシュー」だ。でかいぞ。人気あるらしいが、カロリーも高そうだ。昼飯を抜いているのに、これではマズイじゃん。ま、ボウリングでカロリーを消費したから帳消しか?
早い日暮れ
 暗くなるのが早い。夜型の僕は活動時間が延びた気がする。それで最近疲れるのか!?ミョーに理解した。 名店通り
 PENTAX FA43mm/F1.9Limited
「名店通り」。昔この通りに「遠鉄名店ビル」があったから、こう呼ばれたが、今も通じるかは定かでない。そういえば、当時「名店グループ」というチンピラ集団がこのあたりを闊歩していた。昼間はそんな雰囲気ではないのだが、夜はなんとなく怪しい感じ? 
レイク
 ネオンサインがフル点灯した瞬間を撮った。「レイク」も営業停止処分が下ったんだよな。というわけで、夕方なんだけどすっかり夜景の浜松中心地でした。
秋深しってか
 家の近くには、天竜川があり、川原には公園や散歩コースがある。野球ができるグラウンドも整備されており、休日には必ず何かが行われている。 すすき
 SIGMA70-300mm/F4-6.3
ススキは、夕日の逆光がいいんだよね。ま、いいか。それと、秋になると多く見かけるのが、 

セイタカアワダチソウ

そう、セイタカアワダチソウ。花粉症の元凶のように言われているが、風媒花ではなく、ハチなどを介して花粉を移動させるため、関係はあまりないようだ。名前のとおり背が高く、群生するため「カワイイ」という花ではないが、色合いなどは「キレイ」だと思う。
気のせいかも知れないが、このセイタカアワダチソウが増加したおかげで「ハチ」が増えてないか?
浜北きらりTOWNイベント
 ここんとこ、イベントにやたら顔を出している。イイんだよね、こういうパブリックな感じが・・・え?まぁ、タダで愉しめるってのが動機になってるんだけどさ。で、これ。 VB1
全てPENTAX F28-80mm/F3.5-4.5
「Violet Brass」のバリトンSax。9月17日の浜松JAZZDAYのキタラステージでもトリをつとめたバンドメンバーだ。次は、 
VB2
 アルトSaxのK8。ごめん、Saxにピントがイっちゃてる。いい男なのにオシイショット。 で、 
VB3

リーダーでTpのComma。エンターテイナーだ。で、
VB4

こんな雰囲気の会場。ここは、今売り出している「きらりTOWN浜北」だ。大平台のような新興住宅街が生まれつつある。で、戻るけど、
VB5

VocalはTae。ダイナミックで歌唱力抜群。彼女の歌声を聴くと血液が沸騰してくる。
積極的に観客を楽しませる、サービス精神旺盛のこのバンドに、今後も注目したい。
オートレース場にて
 10月とは思えない昨日の暑さ。そんな中、オートレース場で労働者のまつりが開催された。昨年よりも来場者は多かったそうだ。 労福協まつり
 訳あって裏側からの画像。ま、雰囲気だけは…わかんないよね…。 ステージでは、キャラクターショーやマジック、歌謡ショーが行われたが、バンドが目的だったので、こいつをアップ! 
庄内バンド
 庄内で社会人オーケストラとして活動している「庄内バンド」だ。ファミリー向けのナンバーを演奏していたが、レパートリーが豊富らしい。
こうした市民の文化向上やコミュニケーションを高める運動はいいよね。主催者さん、大変だけどこれからもヨロシク!
すごいぞ!イオン志都呂ショッピングセンター
 夕べは、イオン志都呂ショッピングセンターに行った。買い物ぢゃないよ。JAZZライブがあるとの情報を小耳に挟んじゃったから。 イオン志都呂ショッピングセンター
 PENTAX F28-80mm/F3.5-4.5 3階からの撮影
看板には「カルチャーフェスティバル」となっているが、このイベントは「秋の夜長・ナイトコンサート2006」といって、地元の音楽家等に出演してもらっているようだ。今宵は、アメリカで活躍(知らなかったケド…)している徳永英彰氏(G)と地元の誇る「ブルーノーツJAZZオーケストラ」から応援でDr・B・Saxトリオが一緒に演奏していた。ナンバーは超スタンダードで渋い演奏で、感銘した。 

徳永英彰
 こういうコンサートは、スタンダードとはいえ、多くのオーディエンスにアピールできる音楽ではない。県下最大のショッピングセンターだからできるのだろう。そこそこ聴衆もいた。オープンスペースゆえ周りの雑音は入るが、無料ゆえ仕方ない。これからもガンバレ、イオン。
うなぎパイと銭金
 今日はうなぎパイ本舗に行ってきた。2度目だったけど、暇つぶしにはいいとこだぁね。 うなぎパイ本舗
 大久保工場は最新の工場で、見学が無料でいきなり行っても出来る。しかも、受け付けでミニうなぎパイ3こ入りをくれる。些細なことだが、嬉しいじゃないの。で、見学を始めたら、後方が妙に騒がしいわけ。 
銭金

 柳沢慎吾・原田泰造・ビビる大木がツナギ姿で受付にいる。どうやら「銭金」という番組の取材らしい。そういえば、ここに来る途中変なワゴン車が停まっていたり、歩道にTVカメラらしきもので何か撮影していたり、この工場の玄関にマネージャらしき人が立っていたりと、思い当たる節があったなぁ。3人は異様な(TVを見ていれば普通か)ハイテンションで先へ進んでいった。とっさに撮影したのだが、ADらしき女性に制されてしまった。いつか放送されるのだろう。以前、「元祖でぶや」でもこの工場を紹介していたことがあったな。 うなぎパイミルフィーユ

工場見学が終わるところで、カフェに寄った。混んでいたので少々待ったが、うなぎパイを使用したスイーツ(夏はいちごで今頃は栗になるようだ)を食して満足だった。ちとお値段は高めかな。ま、ただで工場を見学させてくれるし、受付嬢を常時3人も雇っているし、費用かかるもんね。いいでしょう。
新車ドライブ
 自分じゃなくて、母親の新車が昨日納車されたので、天気も良いし、ドライブに行こうと誘ったのが、この奥山高原。 奥山観覧車
 PENTAX DA18-55mm/F3.5-4.5
DL2はオートで撮影すると勝手に”鮮やか”モードになちゃうんだよね。今日みたいなドピーカンだと空の青が誇張されてしまうけど、ほんといい天気だった。 
観覧車
 この観覧車に乗った。風が結構強くて頂上では揺れて楽しかったゾ。なんと、昨日初冠雪した富士山が見えた。 
初冠雪富士山
 プラスチックの窓越しの撮影なので、よくわからんかもね。ちょっとした池もあり、鯉がたくさんいたり、遊園地があったり、犬のふれあいコーナーがあったり、家族向けなところだ。 
池

今回、PENTAXのキットレンズを使ってみたが、十分な光量があればかなりカッチリした描写をしてくれることがわかった。荷物を減らしたいときにはいいかも。
芦ノ湖畔~駒ケ岳山頂
 芦ノ湖には遊覧船や海賊船が行き交っているのだ。  海賊船
 ロマンを感じなければ心が枯れ始めてるかもよ。 
ロープウェイ1
 晴れ間が出てきたので、駒ケ岳までロープウェイで行くことにした。 
ロープウェイ2
 が、途中から山頂にあやしい霧が…。 
山頂付近
 やば、見えないよ~。 
山頂

 全く視界がなくなっちゃった。と、周りを見ると、辺りの人はみな外人!てか、俺が外人か?
気温は多分16℃くらい。寒いし、見えないしで即、下山さ。
 芦ノ湖
 そしたら、ロープウェイの中から霞んだ芦ノ湖が見えてきた。キレイ。 遊覧船
 遊覧船は結局乗らずに帰ることにした。だって、寒くなっちゃったし。
箱根は、まだまだ見所がいっぱいありそうだ。今度はまた違った箱根を体感したいものだ。
彫刻の森でゲージュツを悟る
相変わらず天気は、予報とは裏腹のどんより模様。
朝一で「彫刻の森美術館」を散歩(あくまで散歩)したぞ。 tyokokunomori
 PENTAX DA21mm/F3.2 Limited 
手
 PENTAX F28-80mm/F3.5-4.5
こういうブッとんだゲージュツ作品が並んでいる。自然の中にあることで妙なハーモニーを感じる(気のせい?)。
 シンボル
 PENTAX F28-80mm/F3.5-4.5
こいつは、看板にもなっているカバンを持ったおばさん(たぶん)だ。
 
幸せを呼ぶシンフォニー

 PENTAX F28-80mm/F3.5-4.5 
中央の塔は、「幸せを呼ぶシンフォニー」だそうだ。中に入ると…。 シンフォニー中
 PENTAX DA21mm/F3.2 Limited
と、まぁこんな具合に全面ステンドグラスが18mもの高さで作られている。シアワセかぃ? と、広大な公園を歩き回って疲れたら天然温泉かけ流しの足湯にも浸かって「きもち~~」。次はPICCASO舘でピカソの精力に脱帽してきた。
そこで、遅い昼食。

箱根飲茶楼
 PENTAX F28-80mm/F3.5-4.5 
「箱根飲茶楼」で腹いっぱいになった。
なかなか良いところだった。
さて、次は芦ノ湖レポートだ。
続・箱根
強羅に泊まった。ホテルは、「楽々花(ららか)」。 楽々花
 2005年にリニューアルしたらしく、全体的にコジャレた雰囲気だ。しかも、周りはとても静かで緑に囲まれた癒し系ホテルだった。 
ロビー
 広いロビーは優雅な気分にさせてくれる。が、別にここでなにかするわけでもないのでどうでもいいのだが…。 
夕食
 夕食は、ホテルなのに和食中心だ。でもこれがまたイイ。風呂は源泉かけ流しだが、ここはリニューアルの手があまり入っていないようで、少々古めかしい(画像がないのだが)。和食をワインとともに頂いたゾ。 朝食
 いきなり朝だぜ。朝食は和洋折衷で、ご飯は五穀米で、すこぶる健康的だ。このホテルの名物の手作りパンも評判通りうまかった。ので、おかわりして、ちと食いすぎか。く~。 
手作りパン
 とくにクロワッサンは絶品。お試しあれ。リーズナブルでお勧めの宿だった。
箱根ガラスの森にて
 箱根に到着すると、曇り空に変わっていた。
「箱根ガラスの森」に寄った。晴れていたなら、このヨーロピアンな庭は、更に立体感を増してステキだっただろう。ちと残念…。 ガラスの森
 池からニョキっと突き出たガラスはナンだろ?  
ガラスとコスモス
 そのガラスを通してみた景色。いや、深い意味はない。ぅを、コスモスだ、秋だよね。 
森のコスモス

ここでは、カンツォーネのライブを聴きながら食事が出来るカフェテラスがある。いい雰囲気だ。
テラス
 
森には、至るところにガラスの木が見られるぞ。
ガラスの木
 PENTAX F28-80mm/F3.5-4.5
夜のライトアップには映えるかもね。散策していると自然とショップに入るようになっている。う~ん。
ガラスショップ

説明がない写真はすべてPENTAX DA21mm/F3.2 Limited
ガラス細工は結構値が張るもんだ。この写真はセクスィーだから撮ったんだけど、よく見るとマネキンはダンボールを重ねてある。高価なガラスには安くないか?いや、イイ質感だけどね。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。