KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
200611<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200701
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Merry Christmas!
今日は、大掃除な一日だった。4ヶ月ぶりに洗車もした。
そして、晩はそばを食べた。ん?大晦日じゃん、これでは。
いかん、無理してでも雰囲気を作成せねば・・・。 キャンドル
 PENTAX FA43mm/F1.9Limited
ワインも用意した。でも普段はワインはまず飲まないよなぁ。
キャンドルは昨年のものだし。
それにしてもあたたかいよね。いや、クリスマスにしてはだよ。ホワイトクリスマスなんて、この温暖化が現在進行形の地球にはもう望むべくもないのか。クリスマスのためだけではないけど、多少不便な世の中にしていくことも覚悟しなくちゃイカン気がする。地球以外で住む場所はないのだから・・・。
とりあえず、MERRY CHRISTMAS!
スポンサーサイト
クリスマスファンタジア-外はクリスマス
 今日は午前中は仕事。午後は、アクト大ホールで「海の星高」による「クリスマスファンタジア」を観てきた。 クリスマスファンタジア06
 <海の星HPより> もちろん、撮影は禁止なので画像はない。この高校はカトリックなのだが、演劇や英語に力を入れている。
僕は、もともと演劇にそれほど興味はなかった(というかあまり観たことがない)が、娘の影響で演劇(鑑賞)が楽しみになっているようだ。
ストーリー60%演技力30%容姿10%くらいのウェイトではなかろうか、台本と台詞のまわしやつなぎで大体善し悪しが決まってくる。
今回は、第1部はオリジナルストーリーで、近未来のお話。2級品ロボットが、親のいない間、息子の面倒をみる。心を閉ざしていた少年がロボットによって自分に素直になっていくハートウォームな内容だった。
第2部は、キリスト生誕以前のお話。衣装やダンス、音楽も生で見応え十分だが、真面目な展開(ストーリー)で少々退屈ではある。
しかし、生徒たちの輝きはすばらしい。もちろん会場関係の担当生徒も同様である。最初に感動したのは、開演前のアナウンスを、舞台でもスポットライトを浴びながら、放送と同じことを何も見ないでスラスラと(しかも笑顔!)アナウンスした生徒さん。
微力ながら君たちを応援することに決めたよ。

さわやかな気分で外に出たら、あちこちにこんなロウソクが点灯されていた。 
1万本のロウソク
 PENTAX K100D DA21mm/F3.2Limited
1万本もあるそうだ。火を灯すだけでも大変だよね。 
20061223223031.jpg
SIGMA70-300mm/4-6.3 冬の蛍の下では、なんと人前結婚式をおこなっていた。
立ち止まる人たちにこんなライトが配られたぞ。 祝福のライト
 FA43mm/F1.9Limited
Congraturation!
ところで、このカメラK100Dは、やはり手ぶれ防止の効果があるようだ。これだけ暗いところで300mmの超望遠レンズでもOKだった。
画像の保存が遅い問題は、SDカードの相性が悪かったようだ。他のカードでは問題なく使えた。
で、EKIMACHIの一角にあるフレッシュネスバーガーでお土産を待っている間にテーブルの花を勝手に撮影。だって、暇なんだもん。
フレッシュネスバーガーにて
FA43mm/F1.9Limited
NEW CAMERA
というほど新しくもなくなったPENTAX K100Dだ。 K100D

PENTAX DL2 DA18-55mm/F3.5-5.6で撮影
今日手にしたので、まだ数枚しかシャッターを切っていない。
いままでは、同じくPENTAXのDL2を愛用してきた。両機の違いはほとんどない。画素数も600Mだし、大きさ重さ、操作性や乾電池が使える点もほぼ同じだ。
では、何がいいの?である。
自分にとって大きな違いは、
1.手ぶれ補正(シェイクリダクションと呼ぶらしい)がボディ内臓
2.スーパーインポーズ(ピントが合焦したポイントが赤く光る)
この2点なのだ。
早速、このK100Dで撮影した画像を見てみよう。 
DL2

PENTAX K100D DA18-55mm/F3.5-5.6
結果、手ぶれ効果はイマイチわからん。
スーパーインポーズはイイ!ただし、なぜかわからないが、撮影画像の保存に時間がかかるようだ。
この辺は、もう少し使い込んで解明していこう。

でも、我が家に2台、しかもほとんど同じカメラ・・・ど~しよ~
BLACK BASS 7周年おめでとう
 地元のバンドは応援しなくちゃ。もちろん、自分も楽しまなくちゃ。好きなライブハウス(PUB)の「メリーユー」に行って来た。もちろん、ライブを楽しみにさ。 メリーユー入口
 CASIO EX-P505PRO
今日は、動画を撮影したかったので、コンデジを持って行った。やはりデジ1と比較すると画質は落ちるね。
さて、この写真は「かに道楽」がメインのようだが、わかりやすいように大きく入れてある。そう、有楽街から右側、「かに道楽」の左のビル5Fに「メリーユー」がある。ここは、けっこう広くて料理も旨い。お客さんの質もいいのだ。
で、「BLACK BASS」のライブが始まった。 

BLACK BASS

画像クオリティはかなり悪いが、僕の腕のせいではない、断じてない!
どんな音楽かというと、ブルース・ファンク寄りのPOPSなのである。
今回でベースの”Ash”さんがバンドを退任するとのこと。
今回のライブの告知が「Office奇兵隊」から出ているので、借りて紹介する。 INFO

リーダー(G.Vo)の石川さんは、以前「ブギウギカメレオンクラブ」でギターを弾いていて、その酔っ払いながら弾く色っぽいリードギターに惚れ込んでいるので、「BLACK BASS」ではリードギターがほとんど聴けず、少々残念。しかし、サイドも上手いのよね。意外(失礼)とボーカルもイケテルし。 元BLA
 3部構成とかで、2部は「元祖BLACK BASS」略して「ガンブラ」のアコースティック風の演奏。この2人がオリジナルメンバーだそうだ。ボーカルが聴きやすくてこの構成も好きだなぁ。
最後の3部は、ノリノリでアンコール2曲で約3時間。
良い時間を過ごせました。メンバーの皆さんお疲れ様。

冬の蛍#2
悪い。また行ってきたからさ。同じような絵が並ぶさ。 zaza前
PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
ここは、浜松駅から西へ300mの「ZAZA CITY」前から駅に向かって観た所。街路樹をご覧のように電飾してある。規模は大したこと無いが、美しさは・・・大したこと無い。フォローになってないな。
気を取り直して、 
窓に映る蛍
 ビルの窓に映る「蛍」も趣が・・・大してない。どうも今ひとつなのね。でも、相変わらず道往く人たちは、揃って携帯電話を天に向けている。この蛍の下では、今日もライブが行われている。 
Dr.Noea
 「Dr.Noea」というバンドらしい。リズムは打ち込みだ。しかし、良い感じの曲なのでしばらく聴き入る。 
Dr.Noea2
 めずらしいことにエレクトリックバイオリンがフィーチャーされている。ボーカルもソウルフルな声だし、キーボードはイケ面だから、失礼ながらドラムがキチンといればまとまったバンドになると思った。
来週はいよいよクリスマスシーズンだ。僕はクリスチャンではない。でも信仰心は仏教においても無いのだ。だから、楽しければいいのサ。
冬の蛍番外編
 巨大なツリーを後にして、寒さをしのぐ為に「べんがら横丁」に入った。 紙あかり

PENTAX DA21mm/F3.2Limited
最初この「べんがら横丁」で思ったのが、「中央に無駄な広いスペースがあるなぁ。」だった。今このスペースで何やらイベントをおこなっていた。どうやら、手作りの紙で明かりを作ったものがずらりと並んでいる。もう少し、まわりが暗いといい感じになるんだけどねぇ。
でも、この明かりは結構僕は好き。自分でも作れそうなところが親近感を持たせてくれる。いや、当然こんないいものはできないだろうけど(内心出来ると思ってたりするが・・・)。
冬の蛍ライブって、寒いっしょ。
 電飾ツリーの下にステージがセットされている。
ここで、ライブがあるんだね。 ライブ準備

PENTAX DA21mm/F3.2Limited
少し前に、プレスタワーの裏側を歩いていたら、ベースの子が座ってチョッパーを練習していたのを見たなぁ。 
AirGate
 冬の蛍フェスティバル今日最後の演奏者「AirGate」というバンドらしい。
最初の曲は、「粉雪」。 
Air2

この雰囲気にいい感じの曲だ。若い人たちが足を止めていた。 3

PENTAX FA43mm/F1.9Limited

バックステージ
 浜松で活動しているらしい。まだまだ、色んなバンドがいるんだな。いいぞ、浜松。 
バック

バンド好きは、こういった機材を見るのがたまらんのですわ。
他にも、遠鉄デパート前でもボリュームを控えめにこんなバンドが演奏していた。 
取材

何やらTV局が撮影しているから、どこかで流されるんだろう。 下からのツリー

もうじき、クリスマス。みんなは何か特別なことをするのかい?
イベント好きな僕だが、今年は何にも予定がないなぁ・・・。
冬の蛍イベントにて
 この季節になると浜松駅前では、電飾のツリーが現れる。
比較的大きいので、この駅を訪れた人はすぐ気づくはずだ。
turi-

PENTAX DA21mm/F3.2
今日は天気も良く、割と穏やかな気候だったせいか人も多く出ていた。
反対側では、アクトタワーがそびえている。
act
 夕方5時ころだから結構暗かったんだけど、カメラの露出オーバーで明るく感じるだろう。更に横では、駅ビルの入り口に「メイぴょん」なるキャラクターが鎮座しているが、辺りの人は気にもとめず、足早にビルに消えてゆく。 
メイぴょん
 先ほどのツリーの下でライブをおこなうようだ。見ていこう。
レースだ
「レースだ」といっても、もちろん自分が走るわけではないので、基本的にどうでもいい。しかし、My Moneyが懸かるとがぜんランクアップしてしまうのだよ、きみぃ。 競艇

PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
ここは、スタート地点からの眺め。ちなみに建物の中は、
館内

こんな感じ。さらにちょっとした休憩所もあるし。 休憩所

で、よくわからんが、マークシートとやらで投票してみる。 投票券

最近じゃ自動販売機になっているんだね。おっと、先に現金を入れるのね。さて、レース開始。 スタート

いけー!心で叫んでいる。 船券

くそ!外れた。でも、投資が少ないから別に痛くも無い。では次! ラーメン定食

負け続けても、財布にやさしい食堂も結構あるぞ。MOS BERGERも入ってるから、舌の肥えた人も楽しめるかもね。
でもやっぱり3連単勝は難しい。帰る! 橋反対

気が向いたらまた来よう。がんばれ、新居町。
レース場はス・テ・キ
 この浜名湖競艇場は、浜名湖のGOOD景観場所にある。しかもアクセスするためのインフラも結構コジャレている。 橋

PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6

橋アップ
 一本柱のつり橋を渡って行く。途中にはマリーナもあって。 
マリーナ

リゾート気分だよね。・・・寒くなければ・・・。 
手すり

意味は無い。冷たい質感を表したかっただけだ。 橋からの競艇場

向うに見えるホテルが、いやホテルに見える茶色の建物が浜名湖競艇場の観覧席だ。かっこよすぎ。
中は明日アップしよう。
青田典子トークライブat浜名湖競艇
昨日、浜名湖競艇へ朝から出かけた。 浜名湖競艇

PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
ギャンブルは好きなのだが、競艇は18歳位の時に行ったきりだな。
では、何故競艇なのかは、タイトルを見ての通り。ちょっとミ~ちゃんハ~ちゃんなのだよ。 
青田トーク

SIGMA 70-300mm/F4-6.3
はい、青田典子、元CCガールズ。浜名湖競艇のサンホールで公開トークを行った模様を収めてきましたぜ。 
青田全身

彼女、本を出したらしくて、その辺に共感したのか若い女性もちらほらいたな。でも、大方が僕のようなオヤジだ。 青田

司会の女性も心得たもので、青田が登場するなり胸のカップに突っ込みをいれていたから、のっけからハイテンションで本音トークに突入だ。
昔は、この美貌でブイブイ言わせていたらしいが、今は髪をかき上げても声をかけてもらえないとこぼしていた。
しかし、まだまだイケテルと思うし(おっさんだ!)実際仕事が忙しいようだ。
トークの最後にボールを会場に3個投げて、受け取った人にサインをプレゼントして終了。
もちろん、僕はカヤの外。それほどファンというわけではないのさ。フフン
朝日を受けて
 やば!”更新を怠りすぎた日記”になってた。
朝早く駅に行く用事があった。その帰り道で眩しい朝日を見て、貧しい心が揺れた。
 朝日のマンション

PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
オレンジに染まるマンションの壁は、いつもの壁から塗装し直したかのように美しかった。 
朝焼け
 幸い田舎の景色に恵まれている(笑)
説明しなければ、夕日と変わりないだろう。しかし、この朝の冷たい空気は、夜中に草花が放出した酸素であり、ここにいる者でなければ味わうことのできない新鮮な生命の源だ。 

ススキ

朝日に輝くススキなんてのもアリ。 ひび割れ田んぼ

改めて見ると、このひび割れたたんぼは懐かしい遠い昔を蘇らせる。う、でも寒い・・・。 電柱

さて、家に入ろう。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。