KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
200706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誕生プレゼント
 この歳になって、わざわざ誕生プレゼントを届けてくれた人がいる。
一週間が過ぎていたが、家族もお祝いをしてくれなくなった俺には、刺激が強すぎる(笑)。 誕生ケーキ
 PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
これは、クーベルチュールのチョコレートケーキだ。解凍していただいたが、さすが、ベルギー産のクーベルチュールチョコだ。独特の食感と生クリームのハーモニーは絶品。

こんなうまいもん(実は味覚がないのだが・・・)をアリガトウ!
会社の後輩よ!

お前が男でなければなぁ(っっ)

スポンサーサイト
館山寺 灯篭流し
 20数年ぶりに訪れた「館山寺花火大会」だ。その中でも「灯篭流し」を見るのは生まれて初めてだ。
かつては、天竜川でも見た記憶があるのだが、確かではない。 館山寺
 PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
今は午後7時。まだ辺りは明るい。浴衣姿のおねいちゃん達がかなりいる。きてよかった。 いや、灯篭流しを見にきてだ。コホン・
さて、まずはホテルで食事だ。じつは、美友会のSさんからチケットをいただいたのだ。 
開華亭
 ここは、「開華亭」というホテル。パルパルという遊園地に最も近い。自分は、ある会の会合で毎年1月にはここに泊まっている。 
うなぎ
 気持ち程度だが、うなぎも出された。30日は「土用の丑」だなあ。
ひとっ風呂浴びて、外へ出てみると・・・。 
花火大会
 一番最初の写真の景色が、こんなになっている。湖上の花火も迫力があるな。左手には遊園地「パルパル」が見える。 
灯篭流し
 地上で半分開く花火は大音響とともに、湖上に映り丸い花火に見える。思わず歓声があがる瞬間だ。その湖上には無数の灯篭が静かに流れている。灯篭流しは、死者の魂を弔って送り火をしているのだそうだ。騒々しい送り火である。

忘れていたが、こういったイベントの帰りはかなり疲れるのだ。
シャトルバス待ちで50分、通常30分で浜松駅に着くところを80分かかった。

「祭りのあと」
吉田拓郎の歌とは随分かけ離れていた。
鬼の風にて
 誘われて行ったパブ「鬼の風」。
フリーペーパーなどで紹介されていたから、名前と場所は知っていた。
鬼の風
 PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
この写真は、座ったボックスの後ろの壁(?)だと思う。
なぜ「思う」のかは、酔っていたのと、この写真は自分が撮ったものではないから(笑)。
一緒に行った同僚にカメラを貸していたらこんなものを撮っていたのだ。
店内は照度を落とし、JAZZが静かに流れていて、いい雰囲気。
カップルには最高だね。仲間でぎゃあぎゃあ騒ぐと周りからヒンシュクを買いそう・・・。 
鬼の風2
 ついでにもう一枚。同じく壁のディスプレイ内の「ほおずき」だね。ちなみにコレを撮影した同僚は、カメラはまるでシロートだ。
被写体への「気付き」やアングルなどは、俺には撮れない写真だー。
写真は、腕よりセンスだと改めて認識した。でも酔っているから明日には忘れるかもね。
雨の夏祭り
 やったんだよ、雨ん中で。会社の夏祭りをさ。
前日の予報では、曇りのち雨だったから、大したことないだろうと、タカをくくってた。 雨祭り
 CASIO EX-P505
グラウンドだから、じゅるくなってしまって・・・、「じゅるい」って言わへん?「ぬかるんでる」っていう意味だよ。
だから、みんな靴がぐちゃぐちゃさ。裸足になってる若い娘もいたし。
カナ

 大道芸の「カナ」。大阪弁で甲高い声でブリッ子さん。そこが人気なのだろう。おっさんも真剣に見ていた。え?俺はただ写真撮りにステージの一番前にきただけだし。し~。 大道芸
 女の子が体張って頑張るの見ていると応援したくなっちゃうんだよね。きっと思うって! 

 次に、雨が降り続く中、「タミアキ」の物まねショウが始まった。 タミアキ
 平井堅のものまねで有名らしい。みんな傘を持って見ているから拍手がまばらだ。 
そこで、タミアキはさすがタレントだ。機転を利かせて「傘を上下させるとか、なにかリアクションをして」と呼びかけた。 
観客
 みんな非常に素直だ。傘をリズムに合わせて上下させているじゃあありませんか。 
最後に、抽選会(最後にやるから足止め作戦だよね)。PS3やWii、iPod nano等があたるから子供たちは盛り上がるのだ。 
抽選会
 タミアキや○レンジャーも一役買っている。
こんな雨でも印象深いイベントとなるので、良しとしよう。
でも、次回は曇りがいいかな。
洗濯機更新
 19年間使ってきた洗濯機がいよいよダメになってきたため、思い切って更新することにした。
前の洗濯機は、National製の全自動タイプの4.2kgだ。一度だけ途中で止まってしまう故障があったが、よく持ってくれたと思う。
新しい洗濯機は、SHARP製の8kgだ。 洗濯機
 PENTAX DA21mm/F3.2Limited
以前は、ドラム型の乾燥機を使っていたが、この乾燥機のフィルターが取れてしまうトラブルが頻発したこともあって、乾燥機能付きに更新。 
洗濯機
 使ってみると、その音の静かさに驚く。ってか、前の洗濯機がうるさ過ぎ。 乾燥機がない分上部がすっきりしてランドリー室が明るくなった。 
操作パネル
 パネルもバックライトが美しい。
電気料金も騒音も低く抑えられ、水道代金も節約できるらしいので、早く更新すべきだったと後悔している。

洗濯は、自分ではやらないゆえ、どうでもいいのだが、大物家電が変わると自分の気持ちもリフレッシュしたような気になるからおかしい。
そういえば、エアコンも2台とも19年になるなぁ。
更新したほうがいいのだろうか?
しかし、我が家はエアコンをあまり使用しないしなぁ。
台風4号って?
 日曜日の11:00頃。TVのニュースでは、大型の台風がこれからこのあたりを通過するため、各種警報が出ており、十分注意するよう呼びかけている。
が、外に出てみると・・・。 台風空?
 SIGMA70-300mm/F4-6.3
ステキな夏空がまぶしい。
となりの家の壁には反射光が差し込んでいて、いつもの景色とは異なる。 
反射光
 昨日の大雨で濡れた靴。 
セーフティーシューズ
 実はこの靴、「セーフティーシューズ」で、つま先に鉛が入った安全靴なのだ。2年以上愛用していて、革の経年変化がイイ感じになっている。
普段、靴をこんなに観察することはないのだが、不純物の除かれた空気を射る太陽光にさらされて輝くモノには、なにかいつもより新鮮に感じてしまうのだろう。

やはり、台風も無駄ではないのだ。
今回、被害にあった方たちには申し訳ないのだが。
Dr.Noea VS VioletBrass
いつもは、駐車場に入るだけでも渋滞するイトーヨーカドーも今日は比較的スムーズに入れた。
台風が近づいていることでメリットもあるものだ。
しかし、「はまプラ納涼祭」はど~なんだ? dance
 PENTAX FA43mm/F1.9Limited&SIGMA70-300mm/F4-6.3
15:00時に変更となったとのHPのNOTICEを見て、14:30に会場に到着したが、COMMAさんに17:00に再度変更になったと教えられ、ヨーカドー店内で時間を潰すことにした。で、17:00に来て見ると、なんと黒山の人だかりが出来ている。しまった、遅れたか。と思ったが、ちょっと様子が違う。
「ダンスパフォーマンス」をおこなっていたのだ。
 
司会
 この人は司会のおねいさん。ん?そう、スタイルいいよね。なにか? VB
 始まったね。
gerryがいないと左側が軽い感じがする。するったらする。 ボーカル
 taeの代理(?)ボーカル。 
yuta
 もうひとり、久しぶりの参加、YUTA。  Hiro
 Hiro(Tp)を大フィーチャーしていた。
 ギター
 ギター弾きまくってました。でも、PAからの音がでていません。ま、ライブではよくあることだけど・・・。 VB
 JJ原田氏。ピンがラッパにきていますね。ごめんなさい。 comma
 バンマスCOMMA。リーダーであり、MCを努め、メンバーを引っ張り、会場を盛り上げる。すばらしい人。 Cozy
 きょうは、妙に小刻みに前後に揺れていたサックス、Cozy。手ぶれではない、被写体ぶれだ。絶対に!(汗っっ) K8

 K8。今日は、gerryの代理を務めた。 front
 重いバリトンサックスを頑張って振り回していたぞ。 リーダー
 リーダーのMCはバンドカラーとしてとても重要な要素だ。途中、MCの松千代さんとからみを入れていた。 松千代
 高校の同級生だということだ。 ベース
 ベースHideも同級生だそうだ。久しぶりに撮影できた。 ツーショット
 ツーショットだ。COMMAさん、司会の女の子の横に並んだときはシャッター押し忘れてしまった。すんまそん。 
松千代
 客足は残念ながら、このような天気では難しい。それでもMCの松千代さんは場を盛り上げていたねぇ。 
碧
 それでは、最後は彼女の笑顔でお別れしよう。

またまた、楽しませてもらった。2つの量販店のライブ。
買い物も出来て(あまりお釣りの小銭をもらうのは好きではないのだが)良かった。
残念なのは、台風接近ということ。
しかし、バイオレットブラスには雨もなんのそのさ。
元気いっぱいでこちらも元気にしてもらっちゃった!

Dr.Noea VS VioletBrass
 折りしも、7月としては最大規模の台風4号が九州に上陸しているとき、「イオン浜松市野」へ出かけた。もちろん、買い物ではない。 Dr.Noea
 PENTAX FA43mm/F1.9Limited
でかいショッピングセンターの真ん中にセントラルコートがある。ここは、多目的な広場となっている。
「Dr.Noea」というバンドを観る目的だった。 
kahon
 まず、目を引くのは、この楽器。ナンだと思う?
「カホン」というらしい。手で箱の側面などを打って音をだす。
買い物客の雑踏は予想以上にデシベルが高く、音がよく聞こえない。 baiorin
 そして、このバイオリン。通常4弦だが、特注で5弦となっているらしい。「チェンジ・ザ・ワールド」や「おぼろ月夜」などの聴きやすい曲をアレンジしている。 
ボーカル
 このボーカルのMCによると、ちょうど1年前にこのイオンでデビューして、今回で4回目の出演となるとのこと。 
キーボード
 リーダーでキーボード。みんな、高そうな楽器を持っていた。Drというから医者か医者のタマゴかな?
今年のJAZZ WEEKにも出演していたようだ。
残念ながらそこでは見ていないので、初めて聴いた演奏だが、非常に耳に心地よい。
自分としては、ここにギターの音色が入るとメリハリがでる気がしたが、それではこのバンドの特色が生きないのだろう。

 ちなみに、バックステージでは、 PA
 PAがひとりでした。
さて、雨足が強くなる中、イトーヨーカドーへGO!

「龍水の都」音楽祭~浜松市政令指定都市移行記念~特別版
 昨日で終わったと思ったでしょ? 
お楽しみ抽選会
 PENTAX F28-80mm/F3.5-5.6
2回行われた「抽選会」では、メロンや椎茸、DVDプレーヤー、折畳み自転車、更にはMP3プレーヤーまで、魅力的な賞品が結構在ったゾ。
娘が椎茸好きなため、「ほしい」と言っていたところ、ドンズバ!「505番」を読み上げた司会のむつみさん。 あたり
 運がイイやつだ。
俺は、もっと上位の賞品を、と虎視眈々・・・。
しかし、あっさり外れて「やっぱりな」とひとり呟く。ふっ。

司会がひとりになった。
「泉谷むつみ」さんはシャンソン歌手なので、最後の準備の間にソロで歌を披露してくれた。 泉谷むつみ
 すてきな女性だ。

さて、特別版ステージ。
スタッフバンド
 最後に、司会であり実行委員長の川島さんたちのスタッフバンドの登場だ。
スタッフバンド2
 今日、出演したバンドも全員がステージで合唱するという、お約束スタイルだ。だいたい突然やるもんだから、段取りが悪いのはいた仕方ないが、最後なんだなぁという気分になるのは、「パブロフの犬」状態か。
ライティングや音響もプロ仕様でステキなステージだった。

日曜日の夕方から5時間に渡って、ノンストップで楽しませてもらっちゃった。
きてよかった。きっと来年も足を運ぶことだろう。
ホールを出ると、雨傘とMOUSHIが、ちゃっかりCDやグッズを販売していた。
娘がMOUSHIのステッカーを購入。記念に揃って撮影させてもらった。 MOUSHIと
 快く撮影に応じてくれてありがとう。

壬生ホール
 みなさん、お疲れさま。いい気分で帰路についたのだった。
「龍水の都」音楽祭~浜松市政令指定都市移行記念~4
 ラスト2バンドだ。
「MOUSHI」は浜松で活躍しているアマチュアバンドだが、オリジナルCDを出したりして、セミプロな活動をしているらしい。
この前、娘が浜松駅前でたまたま彼らのストリートライブを見たらしくCDを買ってきたようだ。 MOUSHI
 PENTAX F28-80mm/F3.5-5.6
ベースがいないが、音は出ている。打ち込みか?しかし、非常に自然に聴こえる。ドラムはヘッドホンを使っていないようだし、どうやってクリック音を拾っているのだろう。 
doramu
 オリジナルCDを出すだけあって小慣れたステージだ。 
ギター
 メロディアスな曲調は万人に受け入れられる。 
ボーカル
 プロを目指しているのだろう。オリジナリティを前面に出していければ更に飛躍できると思う。娘も応援しているから、メジャーになってもらえればいいな。


雨傘

 ラストは「雨傘」という超個性的なバンドだ。
ステージ前面にはビニール傘が並べられ視覚的にはカラフルだ。ちと「ジャマ」だが。 ギター
 こちらも日本のポップロックだが、なかなか若いのにまとめている。 
ベース
 特に強烈な個性を放っているのがこのベーシスト。どえらい気に入ってしまった。 
うなぎパイ
 ショットがフレームアウトしているが、彼らのオリジナル曲「うなぎパイ」の曲中に、なんとあの「夜の銘菓・うなぎパイ」を客席に投げ入れる大盤振る舞いときた。やばい、手渡しされたら一気に高感度最高になった。イイ!このバンド。 
ボーカル
 ボーカルの歌もナカナカ。MCも楽しい。 
トーク
 最後のトークで、雨傘のバンド名について、ドラムの首にかけたプレートで説明していた。そうそう、ドラムの人のトークも非常にいい(オッサンっぽい)雰囲気を持っていた。
また見てみたいバンドである。

これで、「龍水の都」音楽祭の出場バンドは全てだ。
みんなそれぞれにすばらしい。
また、このようなライブを作り上げた実行委員のみなさん。ありがとう。そしてお疲れ様。
「龍水の都」音楽祭~浜松市政令指定都市移行記念~3
 3バンド目は、「Autobahn」。 
Autobahn
 PENTAX F28-80mm/F3.5-5.6
ハードロックですな。
途中で携帯が何度か唸ったので、場外へ出てしまった。
ついでにトイレ休憩もしたので、あまりこのバンドは観ていないのだよ。ごめん。 
  
ボーカル
 この音楽祭のスタッフも努めているらしいボーカル。 
ギター
 ギターが好きでたまんないって感じのギタリスト。でも俺は、正直この「フライングV」は敬遠しちゃうんだな。ほら、誰にでもあるでしょ、見た目が受け入れられないってモノがさ。音はいいんだけどね。
 バンドメンバーの粒は揃っているね。

 次は、異色(他のバンドが全て異色だったりもするが・・・)で、ゴスペルグループだ。 
浜松ダイアログクワイヤー
 「浜松ダイアログクワイヤー」。NPO設立をして、学校・病院・福祉施設等に訪問ライブを行っているそうだ。
オケをバックに人間賛歌を歌っているが、やはり生の音がないとつまらなく感じてしまう。歌自体はメリハリがあるのだが、オケが単調で眠くなってしまった。 一生懸命練習して、このステージに立ってくれているのに悪いね。 浜松ダイアログクワイヤー2
 でも、偶然、街中でやっているのを見たらかっこいいと思う。もうちょっと下品になってもいいかもね。

と、勝手なことを言ってしまったが、仮に出演者がこれをみて気を悪くしても、バカがおかしなことをほざいていると思ってくれ。

あと2バンドだ。
「龍水の都」音楽祭~浜松市政令指定都市移行記念~2
 スタートはPM5:00だ。出場バンドは、
1.Jack&Jill
2.MOM MOA
3.Autbahn
4.浜松ダイアログクワイヤー
5.MOUSHI
6.雨傘
以上、6バンドだ。途中と最後に抽選会があり、豪華賞品が当たる仕組みは、お客さんを最後まで留める効果があるようだ。
入場料は大人500円なので、やはり浜松市がバックボーンとなっていないと、この企画もできなかっただろう。政令市バンザイ!か。

J&J
 PENTAX F28-80mm/F3.5-5.6
最初のバンドは、以前「窓枠」のライブでも紹介した「Jack&Jill」。以前のバンド仲間が2名いるのだ。
70年代のEW&Fやドゥービーブラザースなどのダンサブルな曲を演奏。俺のようなオッサンにはタマラン曲ばかりだ。 J&J
 紅一点のボーカルは、結婚を機に脱退するんだそうだ。
これだけの大所帯だと、メンバーの交代は避けて通れまい。更なる飛躍を期待するよ。

さて、次のバンドは「MOM MOA」。「マンモー」と読むらしい。 
MOMMOA
 いわゆるヘビメタだ。やはり70年代にはよく聴いていた音楽ゆえ、受け入れられるゾ。サウンドは、荒削りではなくまとまっていて良い感じだ。 
MOMMOA
 ギターはとてもテクニシャン(いやらしい言葉だな・・・)だ。早弾きを余裕の笑顔で、オーバーアクションをつけて弾きまくるあたり、タダモノではないな。 
doramu
 タイトにリズムを刻む安定したドラム。 
ベース
 なんとヘビメタで6弦ベースを使うのだ。 
ボーカル
 ボーカルはめちゃくちゃ上手い。シャウトが小気味良いし、振り付けは「パフィ」のようだが、余裕で歌い上げている。 
テル民
 キーボードが演奏しているのは、あの「テルミン」という楽器(?)だ。こうしたバンドで取り入れているのは初めて聴いた。音程をとるのが非常に難しい楽器ゆえ、効果音程度にしか使えないが、バンドメンバー紹介のときには童謡「チューリップ」をがんばって演奏していた。 
MC
 バンドの交代の間、司会の2人とメンバーがトークするのだが、バンド名について説明してくれた。 このバンドはあの「VOW WOW」のコピーバンドなので、この文字を逆さにすると「MOM MOA」となるとのこと。なるほど!VがAになるのはご愛嬌として、ナットクした。
さらに、テルミンについては、手に持っている人形(ミニテルミン?)で実際に鳴らしてくれた。フシギな楽器だが、演奏は思い通りに弾くには苦労しそうだった。
かなり良いバンドだった。今後も注目したい。

さて、続きはまた今度。


「龍水の都」音楽祭~浜松市政令指定都市移行記念~
と題して行われた第4回のこのアマチュアライブ。
場所は、天竜の「壬生ホール」。 飛龍大橋
 PENTAX F28-80mm/F3.5-5.6
これは、道中の飛龍大橋だ。 以前、紹介したことがあるが、街灯が龍を思わせる凝った作りになっている。 
天竜壬生ホール
 名前は知っていたが、来たのは初めてだ。
さすが、天竜の施設だけあって、ひのきや杉材がふんだんに使用された、ぬくもりの感じる良いホールである。 
ホール内
 施設の中の雰囲気がわかるだろうか?
2階

 ここは、2階の廊下だ。途中に中庭があったり、一見無駄?とも思えるスペースは、実は「ゆとり」となっているようだ。しかし、手入れに金はかかるが・・・。

さて、中に入ってみた。 席
 600人くらいのキャパで、ちょっとしたライブには最適だし、やはり木をふんだんに使用したホールは何にでも合うだろう。
ただし、交通の便は、あまりよろしくない。
さあ、開演までちょっと待つことにしよう。
焼酎はいい
 暑い夏は冷えたビールをぎゅ~っとやると「あ”~、このために生きている」なんて言っちゃうでしょ?
でも俺はこのビールが大敵らしい。血液中の尿酸値が高い。つまり「通風」を患っているのだ。

ゆえに、アルコールは焼酎にしている。 iichikoフラスコ
 PENTAX FA43mm/F1.9Limited
これは、あの有名な「いいちこ」ブランドの「フラスコ」という上級モノらしい。アルコール度数は30度でキレがいいが、セメダイン(昔プラモデルに付いていた接着剤)のようでもある。
いただきものなのでケチつけてはバチがあたるね。

ボトルのかたちからこの名が付いていると思われるが、どうもスライムに見えてしまう。
いかん、またケチをつけているかのように見えなくもなくない。どうなんだ?
ほんとは、ビールをゴクゴクとやりたい!
「か~」といいたい!
痩せる水!?
「水を毎日2㍑以上飲むようにしてください!」
5年ほど前に、健康診断で再検となり、栄養士のおばさんに注意されていた。
あのころは、仕事柄2回/週は飲み会があり、今で言う「メタボリック・シンドローム」状態だった。見た目は、割と痩せ型なんだけどいわゆる中年体型にどっぷりはまっていた。一度「通風」が出て痛い思いをしたけど体調が悪いわけではなかったので、気にもしていなかったのだ。

 いまは、10年以上前の体型に戻ってきた。何をしたのかは追々書くとして、今回はこの話題。 水
 PENTAX FA43mm/F1.9Limited
「<DHC栗駒深層水 >
自然豊かな栗駒からきれいなおいしい水を産地直送で!
非加熱・非紫外線殺菌「ミクロフィルター採用」だからおいしくて安全! 」
DHCの宣伝文句をそのまま掲載した。
ちょっと前まで「水なんて買うもんじゃないでしょ」などと、自販機でミネラルウォーターを買っている友人に言っていた。海外のミネラルウォーターは、加熱殺菌処理と防腐剤などやミネラルを封入したりしているから、飲む気にはなれないと思っていたからだ。
よく考えれば、水道水だって「ただ」ではないし、お茶やスポーツドリンクだっていろんな添加物が入っているから、神経質になることはないんだけどね。
で、サプリ(亜鉛)を買っているDHCのHPで気になったこの「水」を買って飲んでみた。2ヵ月が経って、普段履いているズボンがゆるいことに気付いた。ズボンが伸びたのだということも考えられるので、きつくて履けなくなったGパンを履いてみたら大丈夫だ。ということは、痩せた!ほかに2ヵ月前から特別なことはしていないから、この水のおかげではないかと思う。
 DHCの肩を持つわけではないが、他にも同じ経験をした人がいないだろうかと調べたくなった。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。