KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確かに大判焼
 久しぶりに食い物ネタ。
職場の上司が差し入れてくれた「大判焼」だ。 大判焼

全部で5個だ。10個に見えるかもしれないが、5個である。
直径は10cmほどで高さは7cmくらいか?

思わず笑ってしまうこと請け合いだ。
持ってみるとかなりズッシリくる。そう、餡子がいっぱい詰まっているからだ。
大判屋

後ろのウーロン茶のボトルは350mlだから大体想像がつくだろう。
ハンバーガーよりもおっきいかもね。

肝心の味は、自分ではわからないので他人の感想を。
「餡子は甘さは抑え目で結構食えるが、このボリュームはすごすぎる」とのこと。
特に昼飯を食った後に食ったため、腹には厳しい。ごめんよ、胃くん。

こんな本当の「大判焼」を売っているお店は、浜松市二俣町二俣1232-1にある。
その名も「大判屋」というらしい。大判焼は、この餡子以外にも白あんやクリームなどがあるらしい。
気になる値段は180円/ヶとのこと。この大きさならナットクの価格かも。
そのほかにも、お好み焼きや焼そばもあって、こちらもやっぱり大判焼だとか・・・。
天竜方面に行った際には、試してみてはどーか。
スポンサーサイト
粥川なつ紀 kosamota
近頃サックスを操る女の子(それも若くてかわいい)が多くなった気がする。
Candy Dulfarや映画「スウィングガールズ」の功績なのかな。

表題の「粥川なつ紀」という女の子もジャズサックスプレーヤーだということで、「イオン志都呂」のモールへ聴きに行った。
 イオンモール天井

PENTAX FA43mm/F1.9Limited
イオン志都呂店は県下最大級のショッピングセンターである。そのほぼ中央にあるコミュニティー広場で演奏が行えるステージが常設されている。
上の写真は、そこから天井を撮影したものだが、ライトの明かりが強すぎて露出がアンダーになり、夕方のような雰囲気になっているのはご勘弁。
 粥川なつ紀ライブ
 ご覧のように女性2人で、ピアノとサックスを演奏するのだ。
最初の曲は、ドリカムの「LOVE LOVE LOVE」。
途中ソロを入れながらも聴きやすいアレンジにしている。
前にもこのモールでのライブのことを書いたが、週末のお客が多い中なので雑音がすごく響いているのだ。しかし、イイ音楽を聴くと自分の中でノイズキャンセリング機能が働く。
割と集中してノレるのだよ。 小森
 ピアノは小森さんだとか・・・。
白いピアノは初めて弾くそうだ(笑)。しかも浜北にちょこっと住んでいたりもしたのだそう。 なつ紀
 その後、Holly ColeやAlicia Keys等お馴染みの曲を演奏した。
MCでは、息切れをしながらゆっくりとしゃべる姿が普通の女の子という感じで好印象。

au/softbank着ジャズダウンロードランキングで1位となったらしい曲「Hammingbird」を最後に演奏した。 じゃんべ
 ジャンベを追加していた。なんか変わったジャンベだ。周りにガムランのような鳴物がついているゾ。

kosamotaの意味はよくわからんが、目を瞑って聴いていると、とてもこんなかわいい女の子が演奏しているとは思えないほどガッチリとしたフレーズが次々と繰り出されるのにちょっと驚いた。 粥川
 「粥川なつ紀」・・・流行ものの、女の子サックスとはかなり違うようだ。
アルバムもインディーズでプロジェクト発売のようだが、評判も高いらしい。
ジャズデイあたりに出てくれないだろうか。
club PANGAEA NewAlbum!
CDが届いた。
1月に観た「club PANGAEA」ライブで予約していた「WINNERS!」だ。WINNERS!

PENTAX FA43mm/F1.9Limited
発売日に購入したCDなんてほとんど初体験だ。
まいふぇいばりっとあーちすとでさえ、結構遅く入手してしまうほうなのに・・・。

このアルバムは期待していたのだ。ライブDVDもセットになっているからお得だ。しかも、自筆のサイン入り!さらに数曲の譜面が付属しているとくれば、ギタリストとしてはヒジョーに付加価値の高いアルバムといえる。ま、最近の主流としてDVDをセットにするのは普通のようだが・・・。

「安達久美」は、前回のアルバムではJIMI HENDRIX、今回はSANTANAの曲をカバーしている。
カバー曲は大体編曲を施すものだが、このカバーはオリジナルに近く、更に洗練されているためにより良い曲に仕上がっている点がすばらしい。
そのほかにも、「ALL ONE」のような大作や「CATCH BALL」などのフュージョンタッチの作品は非常に心地良い。

ライブDVDは、安達久美を知らない人に見せてあげたくなっちゃう。
女性ギタリストは多くいるが、日本人でここまでストラトを弾き倒す人は観たことないな。

これから活発に音楽活動を繰り広げるようだから応援しよう。
あ~、またライブに浸りたい!
別離
 この時期は、別れの季節である。
恋愛の話ではなく、年度の節目という意味で歓送迎会が盛んになるのだ。

同じ職場の仲間が、家庭の事情で退職せざるを得ない状況になるのは、本人にとってもその職場の仲間にとっても辛い。

彼女は、タイへ行くことになった。 M
 
PENTAX FA43mm/F1.9Limited
※写真掲載は本人の許可をいただいています。
2月で退職したMさんの送別会を、昨日行った。
「退職した翌日からも、毎朝会社に行く支度をしていました。」と泣いた。
大人しいが芯のしっかりした女性だ。
多くの友人や仲間との別れの悲しみは一時のこと。それより、異国の地での暮らしは大変だろう。
コトバや文化の違いは、馴染むまで(馴染めるか?)時間もかかるだろう。
しかし、タイは「微笑みの国」と言われるのだから、彼女なら溶け込んでいけると信じている。

また会おう。
ありがとう
 久しぶりに日曜日が休日であったので、駅前に出かけてみた。 駅前

PENTAX DA21mm/F3.2Limited
黄砂が少なくなった浜松駅の北側でこんなイベントをやっていた。
 39の日
 今日は、3月9日。→サンキューの日→「ありがとうの日」ということらしい。 
黄色い幕に「3月9日サンキューの日 浜松の中心でありがとうを叫ぶ」と書かれていて、ちょっとしたライブも行っていた。
なるほど、「サンキューの日」か・・・。ついこの間の3月3日はお雛様の日だが、「耳の日」でもあった。
大体、駄洒落や語呂合わせでイベントの日をきめているからね。
とくに「サンキュー」、つまり感謝を表す日なんていいじゃないか。
常日頃から自分の周りの人たちには感謝の気持ちで接しているが、面と向かって「ありがとう」とは言い難いんだよね。特に家族や親しい人たちには今更声に出して言えないかも。

で、ここでは、通りがかりの人たちに、画用紙に感謝の言葉や絵を書いたりしてもらって貼りだしている。 貼りだし
 どんなこと書いているのか見ていたら「書きませんか?」と声をかけてくれた。その人に趣旨と主催者を訪ねたら、主催者を紹介してくれた。
有限会社ありがとう
 なんと、知っている人だった。
浜松で居酒屋やバーなどを出店している「黒柳」さん(右側)だ。
日頃の感謝の気持ちを表していただこう、ということでこのようなイベントを会社で企画したそうだ。
道行く人たちは、彼らに勧められて気軽に画用紙に感謝の気持ちを書いていた。 ありがとう
 
 いろんな「ありがとう」がある。そのどれもが、短い言葉だが共感できるものばかりで、優しい気持ちになれた。
なかでも、このことばは胸を打たれるナ。 生んでくれてありがとう

春の知らせ
 しばらく間があいてしまった。
仕事が多忙で、家でパソコンを立ち上げることも出来ない日が続いていた。
明るい文化的トピックがないってのも一因かな・・・。

この間、偶然このブログを見つけてくれた中学の同級生が、同窓会のときの写真を送ってくれた。
うれしいね。
返信しなくてはね。

今日、ふと足元を見たら「春の知らせ」を見つけた。 つくし
 Ricoh GX100
友人のコンパクトデジタルカメラでマクロ撮影したのだが、腕がついていかずピンが奥の桜(?)にいっちゃった。画像もちょっとノイジーだが、ま、それは置いといて・・・。
「つくし」だ。
ここは南区のとある場所だが、ここだけ「つくし」が群生していた。

この「春の知らせ」とともに「黄砂」と「花粉」も訪れているようだ。
つらい季節でもある。
みなさんは大丈夫?
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。