KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
200912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201002
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FUTARIDE@おとぎ草子
 正月気分もすっかり抜けたっていうか、もともと正月気分ないし・・・そんな中で職場の新年会が行われた。
幹事の手作りビンゴなどの演出で盛り上がったが、大騒ぎするようなこともなく、今年の抱負が語られるでもない、淡々とした飲み会だった。というのも、参加者の半分はアルコールを飲まないので、乱れようがないんだけどさ。

 その翌日。
かねてより聴きたかったユニットを観てきた。 1001Futaride Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6&TAMRON SP AF90mmF2.8Diマクロ
「FUTARIDE」。
「フュータライド」ではない(意味わからんし)、「フタリデ」だ。
このユニット名の由来を説明してくれた。
前置きとして自分の名前のことから話し初め、要は2人組だから「FUTARIDE」なんだけど、「ひとり」と「ふたり」だけ特別な呼び方をすることに注目し、さらに「で」をつけることで動的な呼び方にしたこと。
そして、漢字の「二人で」では生々しいから英字の「FUTARIDE」にし、カタカナの「フタリデ」を併記したそうだ。
U~mu、「NARUHODO」。
二度と説明しないそうなので、ここに記録しておこう。 1001Futaride02
最初はNorah Jonesの「Don't know Why」をギターソロで。
もうこの1曲で引きずり込まれてしまった。
ギターとヴォーカルでジャズやポップスのスタンダードを次々に演奏していった。 1001Futaride03
長谷川貞幸(Gt)。
足元にはマルチエフェクターが置かれていたが、サウンドはいたってナチュラルだ。 1001Futaride04
中嶋陽子(Vo)。
正確なピッチとすばらしい英語の発音は息を呑む。1001Futaride05
彼のギタースタイルは、バッキング時は指で弾き、ピックは咥えている。
そしてソロになるとピックと指を併用して弾くのだ。
これまた力みがなく心地イイ音だ。 1001Futaride06 MCは彼女がとる。
花粉症が始まっていること、その対処として鼻うがいをしていることや、自分がギターの長谷川君をユニットに誘ったこと、選曲や譜面のことなど、彼女と直接話をしたら聞きたいことを見事にしゃべってくれる。
完全に空気を読む人なのだ。 1001Futaride07
彼らの音楽は上質で洒落た空間を演出してくれた。
年に2回くらいしかライブをしないユニットなので、多くの観客が詰め掛けていた。
貴重なライブということもあるが、彼らのこの独特な空気を吸いたくてきているのだということがわかった。

帰りに頂いたライブの案内としおり。 
1001Futaride08 ヴォーカルの中嶋さんが書いたという絵が描かれている。
案内には
『一月二十三日は「ワツースリーの日」。
希望に満ち溢れた一夜になりますように。』
とメッセージが書かれていた。
両方とも卓越したセンスだ。

ライブ終了後も、すばらしい音楽仲間達が集っていて楽しい一夜を過ごすことが出来た。
で、次回はいつ?





スポンサーサイト
2010年初のライブ鑑賞
 不況は年が明けてもまだ続いている。
株価は多少ご祝儀相場となったが、円は高水準のままだ。
サラリーマンにとっても大幅な収入減となり、支出を抑えた生活を余儀なくされ、どことなく暗い表情になっている。
しかし、余暇時間が若干できたことをプラス思考したい。
例えば、音楽を聴く。 昔のアルバムを見てみる。 本を読む。 夕方から映画を鑑賞する。 新しい料理にチャレンジする。 楽器をはじめる。 曲を作る。 暖房なしのガマン大会をする。 散歩する。 etc(ETCではない)・・・。
もちろん、お金をかけずにエコなことで自分を磨くことができれば、なおいいのだが。
俺の場合は、この歳になって資格を取得してみようとおもう。
何の資格かは内緒!

さて、前置きが長くなったが、17日の日曜日に今年初のライブを観に行った。
場所は、なゆた浜北の「おとぎ草子」。
 20100117jazzdialogue Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6
演奏者は・・・ 20100117jazzdialogue 02 「Jazz Dialogue」だ。
いつもの左前列ではなく、チョット右寄りに席を構えた。
実は2009年も最初に観たのが、この「Jazz Dialogue」のお二人。
定席だと、ピアノの藤森さんが背中しか見ることが出来なかったので居所を変えてみた。 
20100117jazzdialogue 03
「鈴木麻美(Vo)」。
この「Jazz Dialogue」というユニットを発展させたいくつかのバンドで活躍する歌姫だ。
最近は数多くのプロミュージシャンとも共演やセッションをしており、益々円熟(←適切かな?)してきているように思う。 20100117jazzdialogue 04 TAMRON SP AF90mmF2.8Diマクロ
このユニットの日本語によるオリジナル曲がすばらしいので、毎回楽しみにしている。 20100117jazzdialogue 05
「藤森潤一(Pf)」。
寡黙な中に情熱を感じるピアニストだ。
アレンジのセンスがあらゆる曲で光る。 20100117jazzdialogue 06 丁寧な発音や曲の間の取り方にうっとりしてしまう。 20100117jazzdialogue 07 この画像はホワイトバランスを「晴天」に変更してあるため、黄色が強くなっているが、好みの色調なので掲載しちゃう。

年末年始が慌しかったため、やっと心が落ち着けたようだ。
今年も良質な演奏をいっぱい聴きたいものだ。
不景気ゆえに出来ることもあるから、また新しいことに出会えるかな。

「Jazz Dialogue」も今年は一歩飛躍するとのこと。
これもまた楽しみの一つとなった。
おつかれさまでした。


 


携帯電話考2
 3年前の正月と同じようなことを書く。→<携帯電話考>

元旦に充電しようとしてUSB接続した携帯電話だが、画面が見えない。 709SC Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6
あと半月で丁度3年になる「SAMSUNG」の709SCという機種だが、スライドを閉じると画面が見える。
しかし、開くと消える・・・。
画面が見えなくても掛かってきた電話に出て通話することは可能だし、手探りで写真も撮れた。
メールは完全にアウトだ。

3日にソフトバンクショップに持ち込んでみたが、スライド式携帯の故障としては多いケースらしく、修理代が15,000円以上かかるとのこと。
「いやだー!!」と心の中で叫びつつ、「接触不良のようなので簡単に直せませんか?」と冷静に聞いてみた。
「メーカーに出さないと無理です」と美形のおねえさまがノタマう。
「買い換えられたほうがお得かと思いますが・・・」と続けて笑顔でイう。

 いまでもビジネス以外、携帯電話はいらないのではないかと思っている。
しかし、すでに社会は携帯電話を持っていることを前提として変化してきた。
公衆電話がないし、携帯メールでのやりとりしか受け付けない人もいる。
ので、止む無く持っているのだ。
持たなくてはいけないのなら、邪魔にならないようスライドで95gという軽い端末を探して使っていたのだ。
折角持っているのだから、昼休みのウォーキング時は携帯の音楽機能を活用していた。
それ以外は通話とメールだが、コストは基本料と通信料合わせても1,500円/月位だ。
不景気な折、これをなんとか維持したい。

 「買い換えるといくら?」咄嗟に質問したのだが、どうにでも取れる聞き方に、美形を維持したまま「はい、スーパーボーナスですと~云々」と長い説明を始めたので、それを遮って「一括購入で、機能は電話とメールができれば構わないので軽くて薄い機種はありますか?」と聞くと「でしたら、こちらが・・・」と案内してくれたのは最新機種でスタイリッシュなものだった。
皆、5~7万円くらいするじゃあ~りませんか。
パソコンも更新したいと考えているのに、パソコンが買える位の値段をいわれてもねー。
いったん美形に「考えます」といって別れた。

自宅でソフトバンクのHPから情報を仕入れて、その日のうちに購入ボタンをポチっとやってしまった。
届いたのがこれ。 830SC
830SCという同じ「SAMSUNG」の携帯だ。
そういえばパソコンのモニターもサムスンだ。
ここまでくると、俺はとことんサムスン派かと思ってしまうが、そうではない。
スライドを使っていると折りたたみ式が面倒くさくなる。
スライド式を探したのだが、前機種ほど小さくて軽い機種が見当たらないのだ。
そこでストレート。こいつは91gと前機種より4g軽く0.9mm薄い。ムフ
ただし、機能は前機種とほぼ変わらない。
ワンセグも見れないし、お財布ケータイでもない。
カメラは200万画素から300万画素のオートフォーカスにグレードアップしたがQRコードは読み取れないまま。
音楽は3.5mmのミニジャックがそのまま挿せるのでどんなヘッドフォンでも使えるようになったし、かなり音質は向上した。最新のiPodも持っているが音質は互角かそれ以上かも。寒い時期でもウォーキングが楽しくなった。
830SC2
 価格は2年以上使用していたので半額の25,200円だが、ポイントを消化して21,000円だった。
ストレートなので可動部分がなく、故障は皆無と思われる。
アルマーニとのコラボモデルといことで派手なライティングが施されているが、照れ隠しと省エネのため消灯しようと思っているのだが、着信はブルーに、メールはグリーンに、目覚まし等タイマーはレッドに設定したので、ひと目で分るところが便利なので暫くはそのままにしておこうか。

でも、・・・殆ど着信がない・・・。
これだけ小さく軽くても、持ち歩きたくないなぁ。
おじさんの本音だ。

09紅白バンド合戦@KK Cafe
2009年最後のライブ鑑賞となった12月30日。
今年で8回目となる「浜松 紅白バンド合戦」に初めておじゃましてきた。
場所は、オープン間もない「KK Cafe(ダブルキング・カフェ)」。連日R&Rの生演奏を行っているライブカフェだ。01KKCafe Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6 
ご覧の通り、ステージ・ライト・PAの揃った、ちゃんとしたライブカフェだった。
どの席からでもステージがしっかり見えるよう工夫されたテーブルレイアウトとなっていて好感が持てる。
司会は「ちゃっともーもー」の赤堀・水谷さんのおふたりだ。
ラフな感じのしゃべりでセッティングのロスもしっかり繋いでいた。

合戦なのでルールが存在する。
バンドに女性がいれば紅組になるようだ。
今回は紅白それぞれ7バンドで計14バンドの出場があり、紅白1バンドづつ2曲演奏後に、客席に配布した紅白カードでお客さんが「よかった(この基準がよくわからんが・・・)」と思ったほうのカードを掲げてもらい、紅白の勝敗を決定するようだ。
もちろん、俺も参加させてもらった。

エントリーバンドは以下のとおりだ。
<紅組>
1.Non flame
2.BuACTION
3.んざ!舞阪かなえーず
4.メタ吉めがね
5.縷々木ノ下
6.遠州事変
7.アングリー・パイレーツ
<白組>
1.SAL
2.WLBS!
3.グランド・ファンク・レイルドーロ
4.The Tribal
5.ENIAC
6.MUNA SEA
7.MOON

観たことあるバンドは4つだけ。
あとは名前を知っている程度なのでどんなバンドか楽しみだ。

では、最初の紅組のバンドから。 02Non Flame 「Non flame」。
「Super Fly」のコピーらしい。
演奏もまとまっているし、ボーカルの子はスタイル抜群でかっこいい。
こんなバンドがいたんだね。 03SAL 「SAL」。
なんと西城秀樹の「傷だらけのローラ」を熱唱。
自分的にはストライクゾーンだ。

結果:紅の勝ち

次。 04BuACTION 「BuACTION」。
ジャパメタの「REACTION」というバンドのコピーらしい(知らなかった^^)。 05BuACTION ママさんらしいが、歌唱力もあって見応え十分だった。

そして白組。 06WLBS! 「WLBS!」。
発起人の奥山氏がギターを弾いているビートルズのコピーバンド。 07WLBS! いつもはツインボーカルだが、今回は横山のみ。
ビートルズは曲が短いので2曲はアッという間だった。

結果:紅組の勝ち

3試合目。 07んざ!舞阪かなえーず 「んざ!舞阪かなえーず」。

ギターの子は以前、龍水の都音楽祭で「ROSE」というバンドでも弾いていた記憶がある。 08んざ!舞阪かなえーず ゴリゴリのハードロックバンドだ。 09グランドファンクレイルドーロ 「グランド・ファンク・レイルドーロ」。
「アメリカン・バンド」などはKAZZの青春真っ盛りだったからもうタマラン! 10グランドファンクレイルドーロ
ギターは坂田。
もう弾きまくり。 11グランドファンクレイルドーロ このボーカルさんとは、ときどきお会いするので挨拶だけはしていたが、初めてステージを拝見して感動したねー。 

結果:白組の勝ち

4試合目。 11メタ吉めがね 「メタ吉めがね」。
有名なバンドだが、初めて聴いた。
ジャニス・ジョップリンを彷彿とさせるボーカルは聴き応え十分だった。 12The Tribale 「The Tribale」。
男っぽいバンドだ。
ギターは掛け持ちだね。 13The Tribal 「おしょう」と呼ばれるボーカルがイイ男だ。
今後が期待される。 

結果:紅組(だったと思う)。

ここで休憩が入り、しばしWLBS!やENIACのメンバーなどと歓談をする。
この時点で観客動員数107名。
かなりの数だが、14バンド出演することを考えると身内が多いのだろう。

さて、後半戦スタート。 14縷々木ノ下 「縷々木ノ下」。
3ピースのインストゥルメンタルロックバンドだ。
実はこのバンドがお目当てだった。 15縷々木ノ下 前出の坂田。
キャラを造っているが、ギター演奏は相変らずすばらしい。 16縷々木ノ下 
この女性ベーシストはピアノの講師でもある。
ライトハンド奏法など、さすがピアニストと思うようなテクニックも魅せてくれた。 
17縷々木ノ下 
インストでここまで聴かせられるバンドはそういないだろう。 

対する白組は・・・。 18ENIAC 「ENIAC」。
今回は「GYPSY KINGS」のみで挑んだ。 19ENIAC これが会場全体で大盛り上がりだ。
さすがENIAC。

と、ここで娘から連絡が入り、この後のバンドも観たかったが、残念ながら退場することにした。

各バンドとも2曲だけなのでちょっと寂しい気もするけど合戦だから致し方ない。
最終的な結果は奥山氏のブログで知ったのだが、白組が2年連続で勝利したらしい。
今までの結果としては、紅組が3勝2敗3分けで通算で勝っているそうだ。
入場者も最終的には127人だったとか。

09年最後のライブに相応しく見応えのあるイベントだった。
来年も是非足を運んでみよう。












 




 









POWER OF DUE@おとぎ草子
 12月28日、午後は市野イオンで「jaja」を聴き、夜はおとぎ草子で行われた「POWER OF DUE」のライブ。
 POWER OF DUEおとぎ Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6 
今回はパーカッションが加わってよりパワーアップしていた。 
POWER OF DUEおとぎ 2
ケニー国藤(Sax)。
日本の抒情詩をジャズアレンジで演奏するという明確なスタンスと自身の体験をテーマにしたオリジナルを織り交ぜて進められていく。
ありそうでないバンドなのだ。
流れるようなフレーズが心地いい。 
POWER OF DUEおとぎ 3
星合厚(ds)。
まかせて安心なドラミングはあちこちのバンドでひっぱりだこなのだ。
他のバンドの研究にも余念がなく、ライブ会場ではよくお会いする方。 POWER OF DUEおとぎ 4
奥村貴宏(b)。
シブかっこいいベーシストだ。 
POWER OF DUEおとぎ 5
谷口順哉(G)。
相当前に買ったというMOONのストラトタイプを弾いていた。
昔の国産ギターは造りがイイのよ。
これを歪ませてジョー・ベックばりにブロックコードで演奏。う~ん、たまらん。 
POWER OF DUEおとぎ 6
森藤慎司(perc)。
目の前で演奏を聴いたので迫力満点!
様々なパーカッションで曲がカラフルに色付けされていた。

今回はポートレートな写真を掲載してみた。
ミュージシャンの演奏に集中した顔がすばらしいだろ。

そんなすばらしい演奏を動画でお届けっ!


おつかれうぃんたー。。







 
jaja @市野イオン インストアライブ
 年末から正月にかけて地元の神社の儀式のお手伝いをした。
31日朝からは神社の掃除としめ縄などの飾りつけおよび参拝者への甘酒を振舞う準備。
夜は9時から翌1時過ぎまで神社の横のテントで甘酒や獅子鍋の用意や振る舞いをし、明けて1日の午後は神主を招いての祝詞の参加と、結構慌しく過ごしてきた。
この間、雪の混じった風が吹いていたのでかなりきつかったねぇ。
そして夕方からは親戚が集い新年を祝った。

 盆と正月の行事として定着しているが、年々「らしさ」が失せているのは年齢のせいだけではないだろう。
手を合わせる参拝者の横顔が心なしか悲痛に映っていたようだ。

 年賀状が1日~2日と届けられたが、昨年よりも少なくなっている。
これも世相を反映しているのだろう。

初っ端から暗い話になってしまったが、前向きに生きていきたいと願う気持ちはなんら変わらない。
軸足をぶらさないよう、今年も自分のやりたいことをどんどんやっていこうと思う(どんだけジコチュウ?)。

 さて、昨年のことだけどタイトルにあるとおり、市野にある大型ショッピングセンター内のイベントモールで「jaja」のミニライブが行われたので、その時の模様を書こう。  
jaja instore 
Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6 
久しぶりの「jaja」だが、メンバーを見ると「半jaja」となっている。 
リーダー秋山とベース市村はいるが、ギター西沢とドラムの高島が不在だ。 jaja instore2
秋山(Sax)。
いったい年に何回ライブをやるんじゃい?ってくらい、ものすごく精力的な方。
今日も3回目だし・・・。 jaja instore3 市村(B)。
当然メンバーも同じ回数の演奏をこなすことになる。
この人の叙情的なフレーズは大好きだ。 jaja instore4 高橋(Dr)。
サポートメンバーなんだろうね。
決して目立たず、そつなく演奏していた。 
jaja instore5
佐藤(P)。
この人もサポートメンバーだ。
「jaja」はSmooth Jazzにカテゴライズされるので、キーボードは必須だと思っていた。
打ち込みでピアノを鳴らしてはいたが、やはり生でなくてはね。
で、この人は若そうだけどいい演奏をしていた。
ギターレスだった部分をきっちりカバーしていたし。 jaja instore6
ソプラノサックスのビブラートと全身で表現するアクションが特徴だが、これが琴線に触れまくるのだ。
新曲も演奏してくれてちょっと嬉しかった。 jaja instore7 ライブ終了後にいまさらながらだが、デビュー前のCDを買っちゃった。
録音のレベルが若干小さいようだが、jajaの初期の演奏が楽しめた。

全国を飛び回る彼らのエネルギーに敬服しつつ、音楽の質の高さに感服した。
これからも目が離せないバンドだ。






謹賀新年 2010
旧年は多くの方々にお世話になりました。
2010

雲は竜に従い風は虎に従う。
新しき年
貴方の飛躍をお祈りします。

本年もよろしくお願いします。
 
        KAZZ
 
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。