KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201001<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201003
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古いデジカメ
 南米チリを震源地とする津波が日本に到達したようだが、大きな被害もなく一安心。
しかし、地球の裏側の振動を水が伝えてくるとはちょっと驚きだね。
M8.8っていったいどんだけのエネルギーなんだ。 
被災地であるチリでは300人以上の死者が出ているそうだが、人口が過密している東京だったらもっともっと多くの犠牲者が出るんだろう。
死者の殆どは建物の倒壊や家具類の下敷きによるものだから、常に広いグラウンドにいると生存率は高そうだ。


 さて、先日知人がくれた(別に頼んだわけではない)古いデジタルカメラ。 PowerShot350 PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
Canon PowerShot350
多分1997年くらいのモデルだろう。 PwershotBack
スペックは
35万画素/35mmフィルム換算43mm単焦点/1.8型モニター/CFメディア/単3形電池3本/約290g
といったところ。
特徴は液晶モニターがバリアングル(といっても縦に30度くらい)となっている。

俺が最初に買ったデジタルカメラはフジフイルム デジタルカメラ DS-7 ”クリップ・イット”だったが、ほぼそれと同時期に発売されたシロモノだ。
基本スペックは同じだが、こちらのPowerShotの方が設定の自由度が高く高機能だ。
ただし、当時はカメラメーカーのキヤノンとしては、電子撮像素子の技術では遅れており、松下電器製のOEM(松下では「Card Shot」として発売)を受けて発売したものだということなので、中身は今のPanasonic製のLumixの前身とも言える。

早速、電池(充電式)と64MBコンパクトフラッシュを装填して電源ON!
モニタちっちゃ! 当時は1.8inchは普通だったんだけど、最近の2.5~3inchに慣れてしまっているとちと見難い。
その上、画素数が少ないから荒い。更に暗い。

で、撮ってみた画像がこれ。 suberidai Canon PowerShot350  
元画像がVGAサイズなので、これが等倍なのだ。
黄色い手摺部分を見ればわかりやすいと思うが、いささかジャギーが目立つだろう。
しかし、思っていたより見られる画像だ。 
進歩を比較するためちょっと古いデジイチで同じ絵を撮ってみた。 Psuberidai PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
もちろん、こちらのほうがリアルに再現されている。
大きな違いは空の色の再現性だろう。
人間の目、というか脳は、普段見慣れている部分に関しては勝手に補正してしまう。
上の画像でも空は「青空」と認識する。
でも下の画像と比較すると、青空と思っていた空が「ちょっと薄暗い空色」であることがわかる。

といった特性があることを理解して、次はレンズを見てみよう。 isu Canon PowerShot350 
Canon PowerShot350は基本的にパンフォーカスなので、大体ピントが合う。
そうはいっても、2mくらいにピントの山があるようだ。
次にデジイチではどうだろう。 Pisu PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6 
PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6という標準レンズを装着して、AUTOで撮影したため一番近い背もたれのR部分にピントが合っている。被写界深度は10cmくらいしかないから、それ以外の部分はボケてしまっている。
PowerShot350はF2.8と明るい。 PENTAX DA18-55mmはF3.5だが、CCDの受光面積のが違うためPENTAX DA18-55mmの方が若干明るく感じる。

最後に小さな花を近接撮影してみた。 hana Canon PowerShot350 
マクロ撮影はレンズの横についているマニュアルピントレバーで焦点を画像をみながら手作業を行う。
明るい外で暗いモニターを使ってピントを確認するのは至難の技だが、大体レバーを合わせてから、カメラ自体を近づけたり離したりしながらピントの合ったところでシャッターを切った。
この絵を見る限り、近接撮影に関しては十分な力量があると思う。 Phana PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
残念ながらデジイチの標準レンズでは、これほど小さい花を近接撮影することができなかった。

古いデジカメでも画像はまだまだ普通に見ることができるということがわかった。
ただし、撮影が大変だ。
なにせ、電池の消耗が激しい。20分も持たない。
そしてシャッターを切ってから画像がコンパクトフラッシュに記録されるまでの時間が長い。5秒くらいか?
残念だがカメラとしては、最近の携帯電話のカメラの方がよっぽどいいようだ。

ちなみに当時の69,800円という価格は、パーソナル機としてはお手頃だったと思う。
何しろ、フィルムを現像に出して、プリントが出来上がるまでのタイムラグ(当時は2~3日かかっていた)をなくしてくれたことはすごく価値あることだった。

今度、自分の使ってきたデジカメを整理してみようかな。








 
スポンサーサイト
塚本功Trio@天神蔵
 「天神蔵」でときどきライブを演っているのは知っていたが、なかなか行く機会がなかった。
今回「エンヂン」がフロントアクトを務めるというので「塚本功Trio」のライブにやってきた。 天神蔵 Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6
酒のことはよく知らないのだが、「天神蔵」はHPによるといわゆる地酒を造っているのは浜松で1軒だけになったそうだ。
前身は中村酒造で、明治4年創業だそうだからもうじき140年になるんだとか。
「天神蔵」となったのは1998年。2003年に就任した現在の中村保雄社長は音楽などの文化に精通された方のようで、蔵をギャラリーにしたり演奏会場にしたりと柔軟な経営をおこなっているようだ。
すばらしい。こうしたことがなければ、きっと俺などは足を運ぶこともなかっただろう。

さて、まずは地元バンド「エンヂン」からだ。 天神蔵1 ご覧のようにオールスタンディング形式だ。
「エンヂン」は待望の2ndアルバムを発表した(今聴いてるとこ)ばかりで益々ノッテる。 天神蔵2
首藤(Gt/Cho)。 天神蔵3
本田(Ds)。 天神蔵4 浜崎(B)。 
天神蔵5
宮川(Vo/Gt)。
全曲オリジナルの大人なロック。
県外での演奏も積極的に行い、すでに固定ファンも多い。
俺も大ファンさ。

続いて「塚本功Trio」。 天神蔵6 もちろん初めてだし、今まで名前すら知らなかった。
インストだけかと思ったら結構歌もありだった。
これまた大人~な音楽。
塚本氏のファッションがまた独特でタマラン。 天神蔵7
長山雄治(wood bass)。
ギターがフィードバックさせようが、スケールアウトしようがお構いなく地味にもくもくと演奏していている姿は好印象。 天神蔵8 ASA-CHANG(drums)。
この人のドラムはよく歌ってて好きだなぁ。空気読みすぎてMCが先バシッテたけど(笑)。 天神蔵9 
塚本功(Guitar/Vocal)。
基本指弾きでノンエフェクト。
ジェシ・ヴァン・ルーラーもそうだったが、ギター弾きは相当自信がないとノン・エフェクトでは演れない。
ちょっと荒い音に聴こえたけど、ノリやセンスがすばらしい。
特に「エデンの東」でのバッキングしながらメロを全てハーモニックスで演奏したりするところは唸ってしまう。 天神蔵10
サンタナっぽい顔立ちで「上を向いて歩こう」を歌うなんて意外性たっぷり。
オリジナルでは「Moo Moo Song」が異国情緒ある雰囲気で気に入った。

もういちど、腰を据えてしっかり聴いて観たい。

音楽ってホントすごい。








 


べんがらJAZZで宴会
 久しぶりに観てきた「べんがらJAZZ」。

今回のメンバーは、ほとんど「Moody(K)nights」+麻美さん。
どんなサウンドか大体想像できるんだけど、「べんがらJAZZ」だからジャズの曲を演奏するのよね。 1002べんがら Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6&TAMRON SP AF90mmF2.8Diマクロ 
ここ「べんがら横丁」はラーメン屋を中心に多くの店が並ぶ飲食店街。
お昼は家族連れ、ウィークデイの夕方は会社帰りにちょっと一杯、週末はグループで宴会、また他店で宴会のあとの〆にラーメンっていう利用の仕方が正しい。
が、この横丁のほぼ中央には「べんがら宴の場」という広場があり、ここでのイベントを楽しむっていう使い方も正しい。 1002べんがら02
石川秀明(Gt)。
実はまだ風邪が完治してないとのことだが、プレイを見ている限り、そんなことを全く感じさせない。 1002べんがら03
ホセ・アルベルト田村(Sax)。
そういえば、今年はジャズに挑戦するって言ってたっけ。
でもサックスって楽器を演奏するだけでもうジャズを連想するんだけどね。 1002べんがら04
矢野正道(EP)。
この方の演奏はスゴイんだけど、どーいうわけか楽しすぎて笑いがこみ上げて来る(笑)←クド。 1002べんがら05
中嶋涼(Ds)。
「べんがらJAZZ」の仕掛け人。
ニューヨークでジャズを体験勉強してきたというドラムは、力強く、幅が広がったと感じたが、どうだろう? 1002べんがら07 浜崎英士(B)。
立ち上がりの音色が美しく、迷いのない演奏は気持ちが良い。 1002べんがら08
鈴木麻美(Vo)。
3部構成の2部から登場。
麻美さんが入ったことでジャズ色はより濃くなっていく。
普段彼女のバンドでは歌うことがないと思われるマリーナ・ショウやアル・グリーン、吉田美奈子らの代表曲が聴けてびっくり。 1002べんがら10
実際の室内の明るさはこの位。
デジタルカメラの性能向上のおかげで、露出をかなりあげて撮影できるのだ。 1002べんがら09 田村氏がコーラスするのを聴くのも初めて!
けっこういい味出してるし。 1002べんがら11 途中、麻美さんが引っ張り出してきた幻の歌姫(右)。
写真撮れって言う合図に思わずシャッター切ったけど、構図はダメだね。 1002べんがら12 さて、誰でしょう。
俺にとってはうれしいハプニングだった。 1002べんがら13 自分はサックスのピックアップでハモる。
終始、ショー(ウー)マンシップを忘れない姿勢に感銘を受ける。

今日は会社の連れを引っ張ってきたが、よく飲み、よく食べるやつでライブも「楽しい」と宴会気分だった。
俺ももちろん楽しかったし、元会社や同じ中学卒業という方にも出会えて、実り多き時間が過ごせた。

来月もほぼ同じメンバー、同じ日に「べんがらJAZZ」をやるそうだ。
ただし、曲は変えるそうなので、また楽しみが増えたっと。
でも食い過ぎに注意しなくちゃ・・・。














たんじょうび
 今月が誕生月ってひと、まわりでは結構多いみたい。

誕生日って、本人にとっては、やはり区切りとなるものだよね。
だって、誕生日を意識してナイと年齢をパッと言えないし・・・。
え?絶対言わない? いるよね、ず~っと28歳ってイウ人。

木でいうと年輪を重ねることになるんだけど、年輪の模様って結構好きさ。
バームクーヘンなんてもう見てるだけでしわよせ・・・(涎)。。。
いやいや話がそれてきた。
歳をとるのは数字が増えるから「イヤ」と思うのはそのとおり。
だけど、ただ数字を増やすだけじゃない。
数字と数字の間にいろんな体験や経験を挟んできているハズ。
この歳になっても初めてのことっていっぱいあるからまだまだ挟むことが出来る。
年輪の間が厚いのサ。
なにもせずに一年間過ごしてきたとしたら、年輪がくっついてしまう(笑)。

なにはともあれ、今月誕生日の人たち
「一区切りおめでとう!」 
tanjoubi
Yahoo!フォトから拝借した画像にコメントつけてみた
きみはまだ区切りがきてないよっ。


渡辺香津美 JAZZ回帰?
 メリーユーで渡辺香津美が久しぶりにライブを演った。
前回はアコースティックソロだったが、今回はトリオ。
もう何度かライブを観ているのだが、今回はエキサイティングなステージだった。
いや、いつもすばらしいのだが、セットリストに懐かしいナンバーがあって、ついメロをくちずさんでしまうのだった。
憶えているもんだ。。。「遠州ツバメ返し」などは、FM浜松のために書いたナンバーだったなんて初めて知った。 watanabe CASIO EX-Z850
メンバーは、渡辺香津美(Gt)、井上陽介(B)、則竹裕之(Dr)。
香津美はいつものセミアコ2本で、空間系エフェクト多めのセッティングで弾きまくり。
井上陽介は初めてだったが、ウッドベースで多彩なギターサウンドを支える。
シャイな人なのだろう。ときどき照れ笑いを浮かべながらのプレイ。
則竹は、いつもどおり正確でスピーディーなドラムワーク。
「JAZZ回帰プロジェクト」とタイトルが付けられているが、サウンドはかなりアグレッシブで彼らならではの音楽だった。
聴き終えたときは、それなりの疲労感が残るのも特徴(笑)だ。

昔は音楽雑誌の表紙を賑わしていた香津美は、俺のアイドルでもあった。
多分50歳後半に差し掛かろうとしているはずだが、パワフルでイケイケな演奏はやっぱり憧れの存在だ。








「ハゲちゃん & むっちゃんの音もダチ!大集合ライブ」を覗いてみた
 40年前に浜松で本屋さんといえば谷島屋と文泉堂、それに三省堂書店が俺の中では3大書店で、よく立ち読みしていたものだ。もちろん漫画本だけど・・・。
そのほかにも小さな書店がいっぱいあった。その中には稲垣花店のように本屋を併設しているような店舗も多くあり「少年画報」などを毎週自宅に歩いて届けてくれるところもあった。でも、そこの娘さんが同級生だからということもあったのだろうけどね。

谷島屋書店はいまでも健在だ。
昔は2階にライトミュージック楽器を販売するコーナーがあって、ギターとベースを買ったことがある。
今でも愛用しているイバニーズのAM250というセミアコは正にここで注文したものだ。もう30年も前になる。

谷島屋の向かい側にあるのが文泉堂だった。
ここはあまり立ち寄っていなかった。
当時、大工町に住んでいた俺は、元城小学校への通学路の反対側にあったこともあるのだが、けっこう堅めの本が多かったのであんまり楽しくなかったような記憶がある。
この文泉堂が店をひっそりと閉じたのが2005年。
大型ショッピングセンターとインターネットの大波に飲み込まれたともいえるが、耐震問題は経営の根幹を揺るがすほどの事態であったのだ。

さて、この文泉堂をNPO団体が面白い空間にしていたとは知らなんだ。 たけし文化センター
Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6
入口には昔の面影はない。
表題のライブが行われるということで躊躇なく扉を押すことが出来たが、何も知らずにこれを見たら、アヤシすぎてひいてしまうかも・・。 たけし文化センター2
中には卓球台の上に8本足のジェット機が突っ立っていたり・・・。 たけし文化センター3 手作りTシャツが掛けられていたり・・。階段は昔のままだ。

 前のイベントが押したとかでスタート時間になってもリハをしているため、前の方の席に座ってボ~ッとしていたら、いつの間にか後ろの席はほぼ満席になっていた。
そして、ハゲちゃんこと富安氏のリハ中に何気にMCがはじまり、むつみさんが呼ばれて本番がシームレスに始まっていった。 むつみ&富塚
「泉谷むつみ&富塚彰」
フランス語のシャンソンとオリジナル曲で、この不思議な空間をヨーロッパの下町に変えていった。
が、よく見ると後方ではコタツにはいった人たちもいたりする(笑)。 mutsumi 音楽の力は聴衆を同じ方向にむかわせる。 tomitsuka 富塚氏はリットーから出版されている「ザ・ジャズギター」などの教則本を執筆しているほどの方。
しかし、ジャズに限らず様々な音楽を演奏する柔軟性も魅力だ。 

次に富塚氏のギターにオーボエ奏者とのデュオが始まった。 オーボエデュオ このふたり、年齢も近いせいか昭和歌謡などをいっぱい演奏したため、迂闊にも一緒に口ずさんでしまったではないかー。
しかし、後ろの客席のほうが激しく歌ってたし・・・。
園マリとか俺よく知らんし・・・。 
村瀬 正巳
村瀬 正巳(Ob)。 
滅多に聞けない楽器の音色はどこか懐かしく、暖房のないこの会場をぬるい空気で包み込んでくれた。

今日は富安&むつみバースデーライブということである。
食事とドリンクが出るらしい。
休憩中に後方に用意された料理を取ってきた。 料理 この料理は「鈴木一郎太」という人がこしらえたのだそうだ。
本業は芸術家なのだそうだが料理も得意らしい。
これは、フレンチかな。

さて、お腹も満足したところで次のライブは・・・。 富安
 先ほどのデュオをバックに富安氏がギターで歌う。
やはり、懐かしの曲を数曲演奏し、会場は更に盛り上がった。

バースデー
お客さんから差し入れられたケーキにろうそくが立てられて運ばれてきて、安富氏とむっちゃんに会場の大合唱で「ハッピーバースデー」を歌い、ふたりでろうそくを(4本だけど)吹き消された。
年齢はさておき、「おめでとうございます」。
パーティーはまだ続く。 
富安&じゅてーむ 富安氏が次のバンド「じゅて~む」のふたりを呼んで1曲セッション。
「キーはEmね」とギターの順哉氏に声を掛けてすぐ歌いだす。

 外は雨。
室内は石油ストーブが数台あるだけで結構寒い。
おまけに天井の明り取り窓からステージのすぐ前方にポツン・・ポツンと雨漏りがしていてポリバケツで受けている。
昔住んでいた借家でも、冬寒く、雨漏りがしていたことを思い出した。
「歌は世につれ世は歌につれ」
こんな言葉が今の心境を言い当てていると思う。 じゅてーむ
富塚氏と歌うときは大人っぽくキーを3~4度下げているのだそうだ。
この「じゅてーむ」のユニットでは思いっきり高音を出すのだと。
 
Tetchan!
「Tetchan!」 Junya
「Junya」。
以上の2名のアーティストは説明不要だろう。 むつみ 
この2人をバックに張りのある高音で場を抑揚させてくれる「むっちゃん」。 

次は、「Tetchan!」が残り、ダラブッカを小脇に抱える。 雨宮かおり2 
アップテンポのリズムに乗って登場したのはベリーダンサーの「雨宮かおり」。 雨宮かおり1
もともとは王に見せるための踊りだとも言われているベリーダンス。
TVで元「SPEED」の上原が本場で修業するドキュメンタリー番組を見たのだが、芸術のすべてにいえると思う「感情の表現」が大事らしい。
彼女はその点でも優れていて、ダラブッカのテンポに合せるだけではなく、ステップでリードしていた。
また、肩だけや腹部だけのこまかい動きも見事だ。
どうやったら肩だけ前後に揺すれるのだろう?

Tetchan!が以前、「見て欲しい」といっていたのはこれのことだったのか。
王様になった気分にはならなかったが、ちょっとした宴会には呼びたいと思った(不純?)。 

いよいよ富安氏の番だ。 富安3
スプーンなどそのへんにあるものを鳴り物にしてのパフォーマンスで掴みはばっちり。 富安5 
彼は「ボードヴィリアン」でもある。
「ボードヴィリアン」とは、歌・手品・漫才などを披露するショーマンのこと。
古くは「トニー・谷」がそろばんを鳴り物にしたそれだったことを記憶しているだろう(って、トニー・谷知ってるのは50以上か?)。 富安6
とはいっても、やはりミュージシャンである。
ギターで弾き語るし、オリジナルCDを2枚発表していて全国を周るのだ。 富安2
楽しいMCと周りの人への気遣いが人柄を表している。
多くのミュージシャンに慕われている彼だが、そのステージを観て納得した。
豊橋を拠点として活動されているが、浜松でもよく演奏するそうなのでときどきお邪魔させていただこう。

それから音響を担当したのは「Right EAR」の大和さんである。
例の平板スピーカーから出てくる音は、ナチュラルで耳に優しい音だった。

最初は、ここは何?
ライブはちゃんとやるのかな?
等ちょっと心配だったが、始まってしまえばイイ気分で音楽を楽しむことが出来た。
多くの「音もダチ」のおかげだね。

ところでこのスペース。
建物は耐震上問題があるので取り壊されることが決まっている。
したがって、「たけし文化センター」もここでは3月下旬までだとのこと。
それまでは、誰でも自由に出入りできるそうなので興味がある人は覗いてみてはどうだろう。








 








copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。