KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201202<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201204
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Dejavo @昼サロコン
 浜松を中心に様々なバンドを観てきたが、これほど落ち着いた気持ちにさせてくれるバンドはそうそういない。
Dejavo @昼サロコン
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
「Dejavo」。
ここはヤマハコミュニケーションプラザのホール。
昼サロコンである。
Dejavo @昼サロコン2
南部のぶこ(Vo)。
彼女の、柔らかくふくよかな声質がそう感じさせる。
Dejavo @昼サロコン3
Junya(Gt)。
バックは彼のギターとパーカッションのみなので、ベースパートまで演奏される。
インプロビゼーションはほとんどとれないけど、心地いいリズムが、これまた落ち着いた気持ちとちょっとした緊張感を醸し出す。
Dejavo @昼サロコン4
Tetchan!。
写真で演奏しているジェンベとダラブッカ担当。
パーカッションが入ることでリズムが締まるのと、なんともいえない無国籍な雰囲気を演出している。

Jazz Latin Pop系のお馴染みのナンバーを軽妙に演奏し、南部さんのほんわかとしたMCに癒される。
数ヶ月に1回は聴きに行きたくなるバンドである。

そんな機会を作ってくれるサロコン主宰者のブログはここ→サロコン情報室
いつもありがとうございます。


スポンサーサイト
はままつ体験フェスティバル2011 だったっけ??
4ヶ月前のイベントを今書くとなると記憶力の無さがイタい。

浜松市の商工会議所青年部が主催している当イベントは『浜松市の歴史・文化・自然・食材・産業に関するものを集め、その場で「見て、聞いて、触って、味わって、香る」体験』とのことで、駅前の「ソラモ」を会場にしたスケールの大きいものだ。
防災・物販・展示・飲食などのゾーンがあるが、ほとんどステージを『体験』してきた。
はままつ体験フェスティバル2011 
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
HIPHOP系ダンスは浜松でも結構盛んなのだ。

はままつ体験フェスティバル2011 2
「JAM」。
ご存知「遠州スーパーギタートリオ」のデュオユニットだ。
ナイロンのやわらかい音が耳に心地いい。
はままつ体験フェスティバル2011 3
「Junya(Gt)」。
アウトドアで聴くのは久しぶりだが、近くで観ていると心に響くね。
はままつ体験フェスティバル2011 4
「Hase(Gt)」。
ときに激しく、そして限りなくやさしく、ダイナミクスレンジが広い演奏はさすが。

終了後、展示ブースに寄ってみた。
はままつ体験フェスティバル2011 5
なつかしー「スズライト」。
中学の担任が乗っていたっけ。
はままつ体験フェスティバル2011 6
これほどシンプルだったとは!
しかし、「クルマ」としては必要最小限の機能なんだ。
いさぎよい。

さて、お目当てのライブだ。
はままつ体験フェスティバル2011 7
「真っ赤な三人」。
R&Bテイスト満点のユニットだ。
はままつ体験フェスティバル2011 8
古都恵(Vo)。
一曲目の歌い出しの声を聴いた瞬間に体内の血液が沸騰する。
むかしからの俺のアイドル。
彼女を超える歌唄いはいまだにいない。
はままつ体験フェスティバル2011 9
矢野(KB)。
魂のプレーは他のプレーヤーをインスパイアする。
はままつ体験フェスティバル2011 10
錦織(Flh)。
フリューゲルホーンってスローなラテン系のイメージがあるけど、このユニットにもスッと溶け込んでいるのは驚きだ。

どうしてもこのサウンドを伝えたくて動画をひとつ→That Lucky Old Sun/真っ赤な三人

はままつ体験フェスティバル2011 11
石川秀明(Vo&Gt)。
何度も聴いている「台風」という曲の歌詞を初めて理解したw。

はままつ体験フェスティバル2011 12
SPOON。
もうお馴染みのユニット。
はままつ体験フェスティバル2011 13
司会の松千代も気に入っていたようだ。

はままつ体験フェスティバル2011 14

こまかいところはホント忘れた・・。
早くアップしないとね。
反省っ。











copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。