KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201205<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201207
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
K-MIX 神谷幸恵のザ☆オーディションVol.4
3月11日…東日本大震災から丁度1年目。
昨年のVol.3は3月13日に、主催者サイドの強い意思により決行されたザ☆オーディションだった。
そのオーディションで見事グランプリに輝いたのは、ギター弾き語りの「畑中摩美」だった。

今年もオーディエンス審査員としてK-MIX本社1Fのspace-Kホールに行ったゾ。

静岡県下から応募したアマチュアミュージシャン達は、予選を勝ち抜いた12組(人)がファイナリストとしてここに結集し、最終審査を受けるのだ。
今年はどんなミュージシャンがグランプリを獲得するのだろうか。

K-MIX 神谷幸恵のザ☆オーディションVol.4
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
今年から、審査方法が変更されている。
ソロ部門とユニット/バンド部門に分けて、それぞれにグランプリとオーディエンス賞が授与されるようになったのだ。
ファイナリストは以下の通り。

<ソロ部門>
1.中村ひとりミスマッチ計画
2.安兵衛
3.小園美樹
4.大須賀健二
5.川口直久

<ユニット/バンド部門>
1.G2
2.ぺぺロッチ
3.DIAL CLOCK NOTE
4.iKnows
5.キャラメル☆ポップコーン
6.そのひぐらし
7.peso

ユニット/バンド部門が若干多いが、これは当然だろう。
後で分かったことだが、このジャンル分けの定義としては、一人でステージに立つ場合はバックに壮大なカラオケが鳴らしていようがソロ部門となる。逆にギター弾き語りでも、誰か一人がコーラスでも入ればユニット/バンド部門ということになり、あくまで頭数が単数か複数かで分かれるようだ。

そして我々観客であるオーディエンスたちには審査用紙が配布され、それぞれの部門で2組(人)を選出して、その集計でオーディエンス賞が決定されるという仕組みだ。
グランプリは審査員4名により決定される。
K-MIX 神谷幸恵のザ☆オーディションVol.4  2
この用紙が審査用紙で、全部の演奏が終了した時点で回収される。
上の画像はKAZZの審査票だ。
ソロ部門では、3人がカラオケを入れていた。個人的な意見だが、カラオケがあるとガッカリする。
しかし、内2人は自作した音源でオリジナル曲なので、まあ許せる。

KAZZの審査結果は、5.川口直久が曲・歌唱力ともにダントツだった。
だが、4.の大須賀健二の楽曲や彼のキャラクターも魅力があった。

次のユニット/バンド部門では、1.G2という2人のユニットが印象に残った。2人ともソロ活動をしているのだが、今回は鈴木健太郎の弾き語りに大塚友紀がボーカルとして参加し、良い雰囲気を出していた。
そして、昨年もファイナリストに残ったが、大震災の影響を受けたメンバーを気遣い、最終選考を辞退した7.pesoの演奏が、やはり他のバンドやユニットに頭一つ抜きん出ていたので、この2組にマル。

さて、審査結果が出るまでの間は、昨年のグランプリストの畑中摩美の演奏を楽しもう。
K-MIX 神谷幸恵のザ☆オーディションVol.4  3
1年間、彼女の演奏を聴く機会があまりなかったので、殆どの曲を初めて聴くので新鮮だ。
う~ん、女性でここまでギターをうまく弾きこなすのは、あまりお目にかかったことがないな。


そして、審査結果は、

<ソロ部門>
グランプリ    5.川口直久
オーディエンス賞 5.川口直久

<ユニット/バンド部門>
グランプリ    7.peso
オーディエンス賞 4.iKnows

上記の通り、ソロ部門では、浜松市出身の川口直久がグランプリ・オーディエンス賞のダブル受賞となった。

K-MIX 神谷幸恵のザ☆オーディションVol.4  4
ソロ部門グランプリ・オーディエンス賞 川口直久
K-MIX 神谷幸恵のザ☆オーディションVol.4  5
ユニット/バンド部門グランプリ peso
K-MIX 神谷幸恵のザ☆オーディションVol.4  6
ユニット/バンド部門オーディエンス賞 iKnowsは、ギター&Vo、Dr、Bの3ピースでポップロックを演奏した。
自主制作のCDを帰りに配布していたので戴いてきた。

グランプリの川口直久とpesoは、レコーディングスタジオでCDが製作される。
そのほか賞品を授与された。
オーディエンスにも配布されたが、「バリ勝男君」なるスナックを全員に副賞として贈られた。
これ、つまみに結構いけます。

今回のファイナリストを聴いて、全体的に感じたのは、年齢の幅が一気に広がったなと。
キャラメル☆ポップコーンのボーカルの子は9歳で、すでに芸能人ばりの振る舞いだったし、小園美樹って子も12歳でクリスティーナ・アギレラのリフレクションを英語で歌っちゃうし、審査員はかなり大変だったろうなと。
オーディエンスは、応援している人や、直感で「イイ!」と思った人に投票すればいいのだけどね。

オーディションなので、審査員は辛口の批評をするし会場の空気も重くなりがちなんだけど、司会進行を務める神谷幸恵さんのフォローでうまく和ませてくれた。さすがだ。

来年はどんなミュージシャンが現れるのか楽しみ。
 

スポンサーサイト
ウラエビス
3月3日のひなまちゅり。ちょいと前後しちゃうけど、このライブの件。
場所はいつもの「おとぎ草子」だ。

トップバッターは「メリカリ7」というジャズユニット。
ウラエビス
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
加藤奈々(Vo)。
低域のピッチが安定しているため、聴いていて心地よい。
めりかり7
TAMRON SP AF90mmF2.8Diマクロ
松本悟(Gt)。
気が向いたのでモノクロモードで撮影してみた。
ジャズミュージシャンっぽくなるだろ~。
ミクソリディアンスケールアプローチ等でいつもとは雰囲気がちがうね。

タイトルの「ウラエビス」とは、このあと出演するバンド名らしい。
ウラエビス2
えーと、「文殊」の3人に寛(Pf)が加わり、さらに斎田君代(Vo)によるR&B系の演奏だった。
ウラエビス3
そして写真のとおりコーラス隊が入って、懐かしいJ-POPを演奏。
とりわけ高中の「渚モデラート」は、昔演奏したことがあるだけに感慨深かったなぁ。
ウラエビス5
普段あまり観られないようなスタイルで新鮮であった。

おつかれさま。


Groovin'High Special Anniversary Live@Merry You
 3月10日 Merry you。
Groovin'High Anniversary Live@Merry You
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
黄色い看板を見ると音楽モードに切り替わるから不思議。
Groovin'High Anniversary Live@Merry You2
なにがスペシャルアニバーサリーかというと、メンバーの年齢のキリ番が記念なのである。
Groovin'High Anniversary Live@Merry You3
Opening Actは「Hey Fevers」。
メンバーはほとんど入れ替わっているのだが、サウンドはやっぱりNYサウンドになっており、初っ端からかなり快感を伴う。ここがどこなのかわからなくなる錯覚。
Groovin'High Anniversary Live@Merry You4
リーダーShinorin(Tp)。
この後のGroovin'Highでも演奏するのだから、本日のメインとも言える。
が、今宵のメインはこの人。
Groovin'High Anniversary Live@Merry You6
伊藤氏(Sax)。
50th Birthday Anniversary!

Groovin'High Anniversary Live@Merry You5
大きなケーキをプレゼントされる伊藤氏。
Groovin'High Anniversary Live@Merry You7
Groovin'Highは昨年結成15周年パーティーライブを行った。
浜松では非常に息の長いファンクバンドである。 
そして、メンバー全員が腕利きミュージシャンなのである。
Groovin'High Anniversary Live@Merry You8
Darie(Vo)。
GHの顔はやはりこの方である。

ブラスやコーラスもキレが抜群でカッコいいぞ。
メンバーは毎年ひとつづつ歳を重ねていくが、円熟さも増してくるからこれからがまだまだ楽しみなバンド。

伊藤氏、50歳おめでとー!







ジュレの贅沢 いい・・
 最近さ、プレ葉WALKに行く機会が多いんだ。
だって、ここのイベントが盛んで、観たいと思うライブが立て続けだったからね。
で、ライブのことはあとで書くとして、今回は珍しく飲食ネタ。
ジュレの贅沢
TAMRON SP AF90mmF2.8Diマクロ
喉が乾いたので、自販機で見つけた「完熟マンゴー」の文字だけを見て買ったジュース。
ベンチに腰掛けて一気に飲もうとしたが、ちょっとの汁しか出てこないじゃん!
で、よく読むと「ゼリー飲料」と書いてある。
そっか・・。
更に読むと「よく振ってからお飲みください」とも書いてある。
なるほど・・・。
スクリューキャップを戻して良く締めて、バーテンダーを気取って両手で振ったった。
キャップを外して、おそるおそるボトルを傾けると・・・ジュルルっと口の中に流れ込んできたとろとろのゼリー。
!うま。
イヤらしい感じの食感と冷たさが相まって初体験の感覚にエクスタシー。

後日もう一度この感覚を味わいたくなってコンビニに買いに行ったが、売っとらん!
スーパーにも置いてない!
ガリバーなどの酒屋も覗いたがない!

メーカーはポッカだからそれほどマイナーでもないし、ナゼ??
プレ葉の自販機しかない!

誰かどこか他に売ってるとこ知らないかな。
VTFにおじゃま
 以前から一度拝見したかった「VTF」にやっとおジャマすることができた。
VTF
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
会場はSpace-K。K-MIXというラジオ局のあるビル内のホールである。
主催は、南部のぶこヴォイストレーニングクラスで、今年でなんと12回目だそうだ。
VTF2
南部のぶこ先生。
後ろに写っているJunya(Gt)氏らと「Dejavo」というユニットで活躍していることは有名である。
先生と生徒達による成果発表会ということだが、会場の後方ではお店によるアルコールを含めた飲食販売を行なっているため、お祭りの色合いが強い。
そう「VTF」とは、「Voice Training Festival」の略で「ヴォイトレ祭」と呼ばれている。
したがって、ライブハウスのごとくビール片手に音楽を楽しむという姿勢なのだな。
VTF3
生徒さんは二十歳前後からおばあちゃんまですごく幅広い。
当然、選曲も様々である。
それらの曲をバックで演奏するのは、なんと浜松を代表するミュージシャンたち!
20曲以上をこの日のためだけにリハーサルするので「鬼リハ」と呼ばれる長い長いアンサンブル練習をしてきているらしい。
この演奏を聴くだけでも、この祭の価値が十分にある。
VTF4
Chiharu。
最近あちらこちらで歌っている彼女も生徒さんだったとは、おどろき。
すでにファンもいて声援が飛んでいたね。
普段のライブとはやはり違うようで、緊張していたそうだ。
いやいや、堂々としたもんだ。

生徒さんたちの目的はそれぞれだが、こうして年に一回、一同に会してお互いの成果を確認し合うのは、切磋琢磨となる。
さらに一般公開することで裾野が広がる効果もあるから一石三鳥だね。
最後の一鳥は・・・ま、いっか。

そういえば、帰りにすぐ隣りのコインパーキングでの支払いで、お札を受け付けないトラブルに見舞われて参った。
支払い機に書かれていた電話番号に連絡したが「小銭を使ってみてください」だからね。
仕方ないので、会場に戻って片付け中だった例の飲食販売のおねえさんに両替をしてもらって事なきを得たが、寒かった~。
あ、ちなみにアルコールは飲んでません。




copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。