KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201301<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201303
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魅惑のデュオナイト<さわやか>
 げんこつハンバーグはないけど「さわやか」をテーマにした「魅惑のデュオナイト」。
毎回、楽器ひとつとボーカルのみのデュオユニットが出演するこの企画は、少数コンボ好きなKAZZは楽しみにしているのだ。

魅惑のデュオナイト<さわやか>2
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
「Kinglys」。
場所はいつものなゆた浜北内の「おとぎ草子」。
魅惑のデュオナイト<さわやか>3
村松 徹(Vo)。
この「魅惑のデュオナイト」の企画者であり、幾多のバンドで存在感のあるパフォーマンスを展開する人気ボーカリスト。
魅惑のデュオナイト<さわやか>4
坂田 毅(G)。
ファンクからヘビメタまで卓越したEギタープレイを聴かせてくれるが、このユニットでのみアコースティックプレイを聴く事ができる。

「Queen」のさわやかな曲を選んでいたようだが、ボーカルの徹氏の個性は消すことができず、さわやかさが感じられるはずもなく・・・あ、衣装はさわやかさが少々あったかな。

魅惑のデュオナイト<さわやか>5
今年になってバックステージの雰囲気が変わっていた。
うつくしい。

魅惑のデュオナイト<さわやか>
「aki&Yano」。
以前「やらフェス」で「静銀アゴラ」にて拝見したが、もう一度じっくり聴きたかったユニット。
魅惑のデュオナイト<さわやか>9
aki(Vo)。
ロックバンドのボーカルから転身し、しっとりしたバラードユニットで活動することにしたという。
魅惑のデュオナイト<さわやか>10
Yano(Pf)。
ボーカルのしっとり感を際立たせるハイセンスなフレーズが心地よい。
なんでもiPhone5を入手したそうで、めずらしくMCを長くとっていた。
魅惑のデュオナイト<さわやか>6
テーマの「さわやか」は置いといて、まさに「魅惑のデュオナイト」だ。

こんな感じ。


トリは「Spoon」。
魅惑のデュオナイト<さわやか>7
3曲入りのMiniCDをリリースしたばかりの「Spoon」。
魅惑のデュオナイト<さわやか>8
今回のテーマに一番しっくりくる。って、まあ、初めからそういうキャラだあね。
魅惑のデュオナイト<さわやか>12
「コウスケ(Gt&Cho)」。
もちろん新しいCDの曲を演奏してくれた。
3曲中2曲はすでにライブでも演奏していたので耳に馴染んでいたが、初めて聴いた「初恋チャチャチャ」は鳥肌が立った。
ギターのアレンジやパーカッシブな奏法もすばらしいが、初恋の刹那さをストレートに描いた詞や3つのリズムを展開するスケールの大きなアレンジも見事だった。
魅惑のデュオナイト<さわやか>11
情感豊かに歌う「メグミ」。

CDもいいけど、ぜひ生で多くの人に聴いてほしい。

今回の「魅惑のデュオナイト」も非常に内容が濃くてすばらしかった。

撮影した画像や動画を何度も繰り返して観させていただいた。
こんなことは何年ぶりだろう・・・。






スポンサーサイト
NolenNiu-de-Ossi・森永エイジwithめだま楽団@エスケリータ68
おっひさしぶる。

正月明けてから、公私ともに日々忙しくしてます。

で、どこからだっけ?
あー、9月14日のエスケリータ68でのライブの模様ね。

マイミクERIKOさんの演奏を聴きにきてみた。決してベーグルが食いたくなったわけではないゾ。
NolenNiu-de-Ossi・森永エイジwithめだま楽団2
Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G
「knit」。
アイリッシュミュージックである。
ギターサウンドをベースにバウロンでリズムを刻み、フルートやフィドルが少し切ないメロディを奏でるというアコースティックなユニットだ。
NolenNiu-de-Ossi・森永エイジwithめだま楽団3
「森永エイジwithめだま楽団」。
先ほどの「knit」をバックに「森永エイジ」の曲が演奏された。
NolenNiu-de-Ossi・森永エイジwithめだま楽団4
「ERIKO(KB)」。
他のライブ会場で数回お会いしていたが、演奏を聴くのは初めて。
耳慣れないスタイルの曲に見事に溶け込んでいた。
NolenNiu-de-Ossi・森永エイジwithめだま楽団5
森永エイジは、四国生まれで大阪から静岡で活動されているらしい。

彼のYOUTUBEでの音源を貼っておこう。
「まほろば~japanese psychedelic~/森永エイジ EIJI MORINAGA」


さあて、お次は・・・
NolenNiu-de-Ossi・森永エイジwithめだま楽団
「NolenNiu-de-Ossi」。
「ノレンニゥー・デ・オッシ」と発音する。
三味線とアコーディオン??
なんとも不思議なサウンドだ。
ノレンニゥー・デ・オッシ
喜多 寧(三味線・Gt・Vo)。
衣装も実に妖しい。
ノレンニゥー・デ・オッシ2
とる子(Ac・KB・Cho)。
楽しげに身体を揺らして弾くアコーディオンの音色は、どことなく懐かしい。
ノレンニゥー・デ・オッシ3
マカフェリタイプのナイロン弦を巧みに操りながら歌うその声はかなりの声量だ。
また、客席を向きながらKB演奏するところもエンターテイナーである。

最初はあっけにとられていたが、曲が進むに連れ、この世界に惹き込まれていく。

彼らは海外でもツアーを行っているとのことで、なるほど~と納得させられる。
「のれんに腕押し」と聞こえるバンド名はともかくとして、また聞きたくなる無国籍なサウンドは世界にも通じるのだろう。

大平台のカフェ「エスケリータ68」の店内の雰囲気ともよく合っている。

楽しませてもらったなあ。
あ、ベーグルサンドもね。




copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。