KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201504<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201506
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠州大念仏「蝉しぐれの盆」
 子供の頃から何となく見ていた遠州大念仏だが、400年以上の歴史ある文化であることを意識したことはなかった。
そこで、「蝉しぐれの盆」なるイベントに行って来た。
遠州大念仏「蝉しぐれの盆」3
フジフイルム X-A1 XC16-50mm F3.5-5.6 OIS&XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
場所は、永安寺境内(磐田市敷地1035)で、精霊送りから始まり、敷上子供念仏が行われている。
遠州大念仏「蝉しぐれの盆」4
横須賀組が境内に向っている。

 遠州大念仏の由来は、1572年の三方ヶ原の合戦の数年後に、犀ヶ崖のほうからうめき声が聞こえるとか犀ヶ崖を通りかかるとカマイタチにおそわれるなどの噂が広がり、同時にイナゴの大群が発生し、苦しめられていた多くの農民が「武田軍のたたり」だと恐れていた。
そんなとき、宗円というお坊さんが犀ヶ崖の上に祠を建てて、七日七晩念仏供養をおこなったことにより、これらを鎮めたそうだ。
つまり、戦没者の鎮魂の行だったのだが、現在では、初盆の供養にこの大念仏が行われる風習となってきたらしい。

遠州大念仏「蝉しぐれの盆」5
遠くから、笛・太鼓・鉦(かね)の音色が近づいてくると、厳粛な気分になる。
遠州大念仏「蝉しぐれの盆」
独特のステップで太鼓を叩く様は、何かにとり付かれたようで近付き難い雰囲気だ。
遠州大念仏「蝉しぐれの盆」2
ここでは、3組の遠州大念仏保存会がそれぞれの形式で鎮魂の踊りを披露してくれた。

浜松市では、1972年に無形民俗文化財に指定し、現在70組ほどの団体が保存会に所属して郷土芸能として伝統芸を継承している。

いろいろ勉強になったなあ。


スポンサーサイト
CRaNE@サゴーロイヤルホテル2014
 今年も(2014)こっそりやってきちゃいましたよ、舘山寺サゴーロイヤルホテル。
いや、禁断のお忍びお泊りではないよ。
去年もお邪魔したプールサイドのライブ→CRaNE@サゴーロイヤルホテル
CRaNE@サゴーロイヤルホテル20142
フジフイルム X-A1 XC16-50mm F3.5-5.6 OIS&XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
ホテルの玄関。ぶっといパームツリーが一際目立つ。
CRaNE@サゴーロイヤルホテル20143
エメラルドグリーンのプールの底には、わかり難いけどハイビスカスが描かれているのだ。
CRaNE@サゴーロイヤルホテル20144
「CRaNE」。
プールを挟んでいるのでちょっと遠距離だけど、PAはばっちりだ。
CRaNE@サゴーロイヤルホテル20145
ご覧のとおりオフィシャルのTシャツを着て臨んでいる。
今年は、昨年に比べて湿度が低いせいか涼しくて快適だ。
CRaNE@サゴーロイヤルホテル2014
逆さクレイン。

アコースティックでリゾート気分満点ですごく気分が良かった。
ライブ終了後、ニューCDの「タイムカプセル」をゲットできたゼ~っと。



第62回七夕夏祭り2014 しゃべりばナイト ライブ
 浜松では七夕まつりを8月に実施するのだ。
仙台でも8月だそうだ。
なぜ7月ではないのか?という疑問はここでは割愛する(どうしても知りたいという人はググって)。

街中でのさまざまなイベントのひとつとして「しゃべりばナイト」というラジオプログラムの公開ライブが行われたので、覗いて来た。
場所は、有楽街のSHIDAXの一角。
第62回七夕夏祭り2014 しゃべり場ナイト ライブ
フジフイルム X-A1 XC16-50mm F3.5-5.6 OIS&XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
交差点の真ん中のため、前後に人の往来があるという環境でライブが行われていた。
第62回七夕夏祭り2014 しゃべり場ナイト ライブ2
浴衣でギター弾き語りをしているこの方は「MUNETOSHI」。
どこで活動されているのか知らないけど、好感もてるシンガーだね。
第62回七夕夏祭り2014 しゃべり場ナイト ライブ5
そして「Spoon」。
地元では固定ファンも増えており、多くの人が集まってきた。
第62回七夕夏祭り2014 しゃべり場ナイト ライブ4
TPOを熟慮したいでたちだね。
さしずめ「織姫」かな?
第62回七夕夏祭り2014 しゃべり場ナイト ライブ3
となると、こちらは「ひこぼし」?
いや、ふたりは年に1回どころかしょっちゅう一緒にいるから違うなw。

第62回七夕夏祭り2014 しゃべり場ナイト ライブ6
「SHIGEKI」。
一見「照英」ぽい雰囲気を持っているこのかた、静岡県中部地区で活動しているシンガーソングライターだ。
場慣れしているところを見ると、百戦錬磨でライブをこなしているのだろう。

それにしても、いつも見慣れた有楽街をどこか違う土地にきたような気分にしてくれるこのイベントに拍手。




aki&yano@伊良湖ロビーコンサート
 Aki&Yano@伊良湖ロビーコンサート2
フジフイルム X-A1 XC16-50mm F3.5-5.6 OIS&XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
伊良湖岬にある「伊良湖シーパーク&スパ」のプライベートビーチには、椰子の実でアートが施されている。
これが、全室からビューできちゃう。
泊まってなくても見れちゃうw

このホテルのロビーで行われたコンサートは「aki&yano」。
Aki&Yano@伊良湖ロビーコンサート
メンバーは写真の通り、浜松ではメジャーな演奏者ばかりである。
Aki&Yano@伊良湖ロビーコンサート5
「aki(Vo)」。
リゾートホテルの宿泊客を対象にしているため、選曲はニューミュージックや童謡など耳に馴染んだものとなっていた。
Aki&Yano@伊良湖ロビーコンサート4
「マイク・ハマ(B)」。
よゆーの演奏だ。
Aki&Yano@伊良湖ロビーコンサート3
「yano(Pf)」。
サウンドカラーはピアノのボイシングで決まる。
Aki&Yano@伊良湖ロビーコンサート10
伊勢湾浜名湖面に反射した西日がロビーに差し込んで、全てをシルエットに変えてしまう。
こうした自然の演出もステキだ。

Aki&Yano@伊良湖ロビーコンサート6
ロビーということもあり、豪華な椅子が並べられていて、最高の環境で音楽を楽しめる。
音も比較的デッドで聴きやすい。
ロビーコンサートだけに盛り上がる感じではなく、淡々とした雰囲気で進んでいくが、これも心地いい。
Aki&Yano@伊良湖ロビーコンサート7
「石川秀明(Gt)」。
アコースティックを演奏していた。最近はアコの出番が増えているような気がする。
Aki&Yano@伊良湖ロビーコンサート8
時に情感たっぷりに歌う姿に惹かれる。
涼しげなワンピとアクセもホテルのロビーによく溶け込んでいる。

Aki&Yano@伊良湖ロビーコンサート9
演奏を終えて寛いでいるところを撮影。
KAZZはあまりこういう画は撮らないけど、リゾートだと思うと記念に撮りたくなるネ。

おつかれさまでした。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。