KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3回Songマラソン
「どんな僻地の少数民族でも、音楽の存在しない部族はいない。
だから、音楽は万国共通語。
それゆえに、音楽は地球を救う。」

ということで、「国境なき医師団」への継続的活動として、音楽イベントの売り上げの一部と寄付金を募って、国際社会の中における弱者のために協力をしている人たちがいる。

「国境なき医師団」・・・聞いた事があるのだが、どんなことをしているのか恥ずかしながら知らなかった。
平和で経済的にも豊かになった日本にいると、周りが見えなくなってきてしまう。
しかし、そこに目を向けたとしても、何をしていいのかわからない。
だが、動き出している人たちがいる。
自分が役にたてることといったら、できることをやるだけ。
つまり、この場を楽しんじゃう!(ノー天気)

第3回Songマラソン2
PENTAX K-5Ⅱs DA 18-135mmF3.5-5.6ED
ここは、会場の「掛川市文化 会館シオーネ」だ。
今にも雪が降り出しそうな鉛色の空を見上げながら、事前に頭の中に入れてきた地図を頼りに無事たどり着くことができた。
ここの小ホールでおこなわれるようだ。

入場すると、うれしいことにお茶をサービスしてくれた。
これは暖まるわー。
第3回Songマラソン3
始まりは、絵本の読み聞かせから。
読む人は「すいか」と「未来(ミク)」。
内容は、わりとシュール。
絵本そのものがスクリーンに映し出されているから、単なる朗読よりもストレートに伝わってくる。

絵本を最後に読んだのはいつだろう・・・。

第3回Songマラソン4
「Rayneeds」。
第1回のSongマラソンから出演されているそうだ。
回を重ねる毎に会場が大きくなっていくと言っていた。
第3回Songマラソン
「EcLips」。
拝見するのは3回目。
フロントのツインボーカルのMCが楽しくて、会場が盛り上がっていく。
第3回Songマラソン6
「SHAKA2」。
こちらは2度目かな。
ソウルは盛り上がるわー。
第3回Songマラソン5
トリを務めるのは「Spoon」。
楽器はギター1本とタンバリンだけだが、軽快な曲やゆるいMCで、やはり会場はテンションあがりっぱなしだ。

最後は「SHAKA2」と「Spoon」のコラボで締めくくられた。


あー、たのしかった!


が、アフリカでは、今この瞬間にも小さな命を落としているという。
直接的な支援ではないが、こうして音楽を通じて命が助かるなら、オレも微力となれるかな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。