KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NUSHIライブ@プレ葉ウォーク
 SUSHIではない。
NUSHI、つまり”主”なわけだ。
どこのって、プレ葉ウォークの1Fプレ葉コートの。

それほど出演回数が多いということらしい。

一人目のNUSHIは。
NUSHIライブ@プレ葉ウォーク2
PENTAX K-5Ⅱs DA 18-135mmF3.5-5.6ED
「畑中摩美」~、パフパフパフ♪
そうだねー、北側の外でも演奏してたことあるし、たしかに主といえる。

二人目は。
NUSHIライブ@プレ葉ウォーク3
斉藤利菜(Vo&Gt)。
オレは2回ほど拝見しているが、知らないところで出演が多いんだろうね。
勢いのあるおねいさんだ。
NUSHIライブ@プレ葉ウォーク
「Spoon」。
この二人はもう文句なしにNUSHIと言えるだろう。
ま、この二人が出演するという情報によって、よく来ているからなんだけどね。

「プレ葉ウォーク浜北」は、郊外の大型ショッピングモールである。
浜松の近郊には、老舗の「イトーヨーカドー浜松宮竹店」をはじめ、「イオン市野SC」や「イオン志都呂SC」、更に「サンストリート浜北」など大駐車場完備の複合型ショッピングセンターがひしめき合っている。磐田まで行けば「ららぽーと磐田」もある。
それぞれ、シネマやステージなどのイベントに工夫を凝らしているが、音楽好きのKAZZは、ここ「プレ葉ウォーク」が一番のお気に入りなのだ。
個人的には、電子マネーのEdyが使えるのもポイントが高い。小銭を持たなくて済むからね。
でも、正直な話、プレ葉ができたばかりのころは、遠いし、魅力的な店は少ないしでつまんないと思っていた。
ところが、このステージもそうだが、2Fのセンタ-コートなどで、音楽関係のイベントが毎週のように開催されるようになってからは、ほんと足しげく通うようになった。

あれ、オレもNUSHIかも知んない。

プレ葉ウォークさん、これからもよろしく!


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。