KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
畑中摩美 路上ライブ
 昔はよく路上ライブをしていたらしいが、最近はあまり演らないから、貴重なライブだった。
仕事をそそくさと切り上げて、やってきた浜松駅前。
畑中摩美 路上ライブ2
PENTAX K-5Ⅱs DA 18-135mmF3.5-5.6ED
昼と夜の時間が全く同じ「春分の日」だけど、浜松特有の冷たく強い風が、容赦なくむき出しの頬を殴りつけてくる。
畑中摩美 路上ライブ3
「畑中摩美(Gt&Vo)」。
「せっけんのうた」は最初の曲かな?
途中から駆け込んで聴くことができた。
畑中摩美 路上ライブ4
浜松駅北口は駅ビルの影によって日光が遮られるから余計に寒いのだ。
そんな中、果敢にも冷え切ったギターを抱えて歌う姿が、勇ましくもあり、気の毒でもある。
ネックの中のトラスロッドを電熱線で暖められたらどんなに弾きやすいことだろう。と、妄想してしまった。
畑中摩美 路上ライブ5
本人は、そんな寒さは関係ないといった風情で淡々と歌う。

畑中摩美 路上ライブ8
立って歌う姿もめずらしい。
畑中摩美 路上ライブ7
畑中摩美 路上ライブ6
段々暗くなっていき、ビルの明かりが輝きを増してきた。

昔、路上で演奏していただけあって、慣れていらっしゃる。
オレも、寒さをちょいの間だけど忘れて、聴き入っていたよ。

演奏が終了したら、足元のピンクのシートの上にブーツをささっと脱いでしゃがみこみ、CD等を販売されていたから、根性が据わってらっしゃる。

しっかり拍手をして、その場を後にしたが、物販を覗けばよかったかな?
でも、ちょっと寒すぎだ。
また今度・・。




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。