KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤javo!
タイトルだけでは何だかよくわからず、ちょっと釣られるかも知れんが、KAZZだからライブのお話に決まってる。

なんと!
「Dejavo!」と「真っ赤な三人」というステキなユニットが一緒に楽しめちゃうという、心躍るライブの第2回目がジャズスポット「analog.」で行われた。
赤javo!
PENTAX K-5Ⅱs DA 18-135mmF3.5-5.6ED
最初は「Dejavo!」から。
細々と活動しているから、年にそう何回も聴けるユニットではない。
しかし、聴く度にほんわかとしたムードと静かなる高揚感を楽しんでいる。
赤javo!2
「Tetchan!(Per)」。
カホンの早いリズムとジェンベでの大地を感じるゆったりしたリズムを使い分け、「Dejavo!」の幅を広げている「Tetchan!」は、最近またドラムを積極的に叩くようになってきた。
赤javo!12
「谷口順哉(Gt)」。
だいぶ聴きなれてきたが、最初にこの方のギター演奏を聴いたときにはぶっ飛んだものだった。
ベースランニングやソロなどガン見してたっけ。
赤javo!3
「南部のぶ子(Vo&Per)」。
媚薬系の声質とほんわかしたMCによって、ユニットのカラーを決定付けているヴォーカルの先生。

さあ、お待ちかね。
赤javo!4
「真っ赤な三人」。
「青山ばんど」のフロント陣をバックに従えた豪華なユニットで、和洋問わず様々な曲を演奏してくれた。
赤javo!6
「こづえ(Vo)」。
華奢な身体からは想像できないハスキーな声。
歌いだしの一発で場内を静かにさせる引力をもつカリスマ性の持ち主である。
赤javo!8
「矢野正道(Pf)」。
なんの説明もいらぬ浜松最強のキーボーディストだ。
赤javo!9
「錦織琢(Flh)」。
甘い音色で、見事にヴォーカルを引き立てるオブリガードは彼ならではだろう。
赤javo!7
空気を掴みながら、空気を作っていく、彼女のステージングに時間の経つのも忘れさせてくれる。

そしてジョイント。
赤javo!11
二人の声質の違いを楽しめた。
「生」はイイ!
「 」でくくると怪しげになるけど「生」って字はかなり好印象だよね。
あ、話が逸れそうなのでやめとこ!

次回があることを期待しつつ、オツカレサマ!
スポンサーサイト
コメント
コメント
カズさん ありがとうございます。
メンバー、お客さんに盛り上げていただき
染み染みと思いで深いライヴとなりました。

のぶちゃんの歌声、DejaVo!の世界は
好きな色でぬり絵するみたいにイメージが広がって大好きです。
癒される〜



2014/10/30(木) 01:54:51 | URL | 古都恵 #- [ 編集 ]
古都恵さん
半年前のことですけど、割りと鮮明に記憶に残ってるライブのひとつです。
やはり古都恵さんの歌が印象深いですねー。
こんなに胸の奥までくすがってくるのは他に類を見ないと思います。

Dejavo!のリラックス感と真っ赤な三人の緊張感がとてもいい刺激を与えてくれました。

ありがとうございました。
2014/10/30(木) 21:34:42 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。