KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母の日ライブ@プレ葉ウォーク
 母の母は母。
綿々と続く母。
直接的に産む母に対し、父の存在はやや薄い。
母は強い。
そして、命の尊さを身をもって知っている。

誰が決めたのか知らないが「母の日」に行われるライブは、そんな日にちなんだタイトルだった。
母の日ライブ@プレ葉ウォーク3
PENTAX K-5Ⅱs DA 18-135mmF3.5-5.6ED
「Spoon」。
めぐっぺがめずらしくパンプスを履いている。
母の日だから??
母の日ライブ@プレ葉ウォーク
Spoonには「Oh my papamama」という両親への感謝を歌った曲がある。
最近演奏されることがほとんどなかったけど、久しぶりに演奏してくれた。
母の日ライブ@プレ葉ウォーク2
こうすけ(Gt)。
男にとって「母」という存在は?と問われたら何と答えるだろう。
一度、聞いてみたい。

母の日ライブ@プレ葉ウォーク5
「シイナリメッチ」。
前年のクリスマス点灯式で演奏してたのを、別のライブ会場に行く途中で観たことがあるんだけど、ちゃんと聴いてみたいと思ってたユニットだ。
「椎名林檎」のコピーをする「ナリ」と「メッチ」の二人組ということだ。
そのほかにもアニメソングも演奏したりする。
母の日ライブ@プレ葉ウォーク4
驚いたのは、アニメソングを歌うとのことで、このときに上演真っ最中の人気ディズニーアニメ「アナと雪の女王」の挿入歌を歌ったのだ。
最近でこそ、この曲をコピーするバンドをときどき見かけるが、オレの知る限りfrは彼女たちが一番早かったと思う。
母の日ライブ@プレ葉ウォーク6
メッチの弾く鍵盤一台で見事に表現していたことに驚いた。

そのときの動画を貼っておこう。


そして最後は「BABY VERY GREEN」。
母の日ライブ@プレ葉ウォーク8
初めて聴く子だ。
ポップミュージックだけど、少人数で聴きやすい。
母の日ライブ@プレ葉ウォーク7
バンド名ではなく、彼女が「BABY VERY GREEN」なのだそうだ。
ちっこい身体から突き抜けるような声量と横顔が「平原綾香」を彷彿させ、きになる存在だ。
母の日ライブ@プレ葉ウォーク10
「sayori(Ds&Cho)」。
存在感がある女性ドラマーだ。
母の日ライブ@プレ葉ウォーク9
「tessy(Gt&Cho)」。
静岡出身だそうだが、長身のギタリスト兼プロデューサーとのこと。

なかなか聴き応えのあるユニットだ。
元気をもらえた。

さて、母になにかうまいものでも食べてもらおうかな。



スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。