KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルーツパーク時之栖 de Live #1
浜松市にはフルーツパークがあるが、2013年4月あたりから「時之栖」が参入してレストランやイルミなどの魅力がアップされた。
中でも、ステージを設置されたことが浜松市民にとっては嬉しいことだった。

岡林氏が主催する表題のライブが、今年もここフルーツパークで開催されることになった。
フルーツパーク時之栖 de Live #15
フジフイルム X-A1 XC16-50mm F3.5-5.6 OIS&XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
「ベロニカ」。
おなじみ、マドンナのコピーバンドである。

ステージはご覧のとおり、杉材をヘキサゴンにデザインした美しいものだ。
そして大型のルーフがあるため、天候にはあまり影響がない。
そこに、すばらしいPAを設置しているため、野外でありながら音がとてもイイ!
フルーツパーク時之栖 de Live #1
メンバーが若干変更されているが、クオリティの高さは変わらないね。

フルーツパーク時之栖 de Live #13
「トシちゃんブラザーズ」。
今年で結成28年とか、長っ!
恥ずかしながら、はじめて拝聴させていただいた。
フルーツパーク時之栖 de Live #14
「吉村和樹(Key)」。
ときどきお会いするのだが、パーカッションの人だとばかり思ってた・・・。
フルーツパーク時之栖 de Live #16
「日下部智(Sax)」。
「再結成したの?と聞かれますが、一度も解散したことはありませんっ!」とか、いいキャラです。
フルーツパーク時之栖 de Live #17
「Grand Funk Railドーロ」。
ギタリストがベーシストになり、新たなギタリストが加入されていた。
当然ながらサウンドは少々変化しているようだ。
フルーツパーク時之栖 de Live #18
でも、ボーカルは彼でないとね。

さて、この後は伊良湖へGO!
また明日もお邪魔させていただきます。






スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。