KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ2
フジフイルム X-A1 XC16-50mm F3.5-5.6 OIS&XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
ここは、伊良湖岬北側にあるリゾートホテル「伊良湖シーパーク&スパ」。
浜松からだと、ちょっとしたドライブが楽しめる距離にあるため、若い頃は海水浴によく来た記憶があるが、宿泊はまったくしていない。

 ここのロビーでミニライブが不定期に開催されている。
しかし、ホテル側ではライブ予定を公開していないため、出演するミュージシャンなどから情報を得なければ、まず来ることはないだろう。
そもそも、宿泊ゲストのための付加価値的要素が強いため、このライブのために宿泊客以外がどっと押し寄せて身内ライブみたいになってもホテル側にとってはメリットがないのだ。
もちろん、ライブ目当ての客が泊まってくれればいいのだが。
というわけで、宿泊もしない、食事もしないKAZZは、ちょっと後ろめたい気持ちがあるのだが、宿泊客のジャマにならぬよう静かに応援しに行ったのが、Spoonのロビーコンサートだった。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ3
「Spoon」。
彼らは、何回かこのロビーでライブを行っているが、KAZZが来たのは去年の夏以来、2回目となる。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ5
リゾートホテルとはいえ、まだ早めの時間なので、宿泊客も到着していないかも知れない。
にもかかわらず、幾人かの人たちが聴いてくれている。
そんな人たちのために、カヴァー曲を歌っていたが、場の雰囲気に良くあっていたと思う。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ4
「めぐみ(Vo)」。

1回目のステージ後は、前回同様、夕日が出始めた浜に出て、はしゃいできた。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ9
夕日を受ける砂浜には、椰子の実で描かれたメッセージが映えている。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ10
跳ぶめぐっぺ(笑)。
彼女は、こういう自然豊かな場所に来ると、野生児のごとく跳ぶは、走るは、石投げするは、棒切れで何か書き始めるはでジッとしていない。
このエネルギーの無駄遣いによって、オレは元気をもらえるのだw。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ6
こうすけも同様(笑)。
ホテルより高くジャンプと注文付けたが、もっと近づいて撮影しなければ無理だった。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ7
「カメハメ波」の図。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ8
夕日をバックにポーズ。
なんだこりゃ、ムード台無しじゃ(笑)。

さて、夜になって2回目のステージが始まる前。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ11
なんと、めぐっぺが設置してあった白いピアノを弾いてくれた。
初期のライブで、一度だけピアノで間奏したのを記憶しているが、歌いながら弾いたのを観るのは初めてだった。
ミュージシャンみたいじゃん!
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ12
この時間になると、浴衣姿の宿泊客もちらほら。
最前列の豪華な椅子で聴いていると、音響の良さもあり、優雅な気分に浸ることができた。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ14
こうすけギターの音色もすばらしい。
Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ13
いつもの曲では、じっくり聴きこんでしまった。
そのときの動画を編集したので、貼っておくが、この日初めて使うミラーレスだったので、音が割れている箇所があることをご容赦願いたい。
先ほどのピアノ演奏もあわてて撮影した音も少しだけ聴けるゾ。


Spoonライブ@伊良湖シーパーク&スパ15
ワンマンライブのようなショーアップはないけど、プレミア感たっぷりのライブだった。
なにより、二人がリラックスして演奏しているのがいいね。

伊良湖シーパーク&スパのような心の広いリゾートホテルが増えてくれるといいな。
すごく楽しい一日だった。

ありがとう!

スポンサーサイト
コメント
コメント
ありがとうございました☆
KAZZさん☆いつも素敵な記事をありがとうございます☆またみんなでワイワイしましょうね!( ´ ▽ ` )ノ
2014/12/31(水) 02:26:43 | URL | Spoonめぐみ #- [ 編集 ]
Spoonめぐみさん
なつかしいでしょ?

今年も駆け抜けてきたSpoonだったけど、来年の進化が今から楽しみです。
失敗を恐れず突き進んでください。
進まなかった人には見えない道が見えてくることでしょう。

オレは遅れているブログを追いつかせるべく頑張るからね。
来年もよろしく!
2014/12/31(水) 10:43:03 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。