KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フルーツパーク時之栖 de Live #2
底冷えの正月だけど、いかがお過ごしでしょうか。
旧年と新年がシームレスに繋がっている感覚は、ここ数年続いているんだけど、そういう時代になったと理解している。
だけど、何か物足りない気分ではあるが。

さて、昨年からの続き。
フルーツパーク時之栖 de Live #23
フジフイルム X-A1 XC16-50mm F3.5-5.6 OIS&XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
はままつフルーツパークでのライブ2日目。
フルーツパーク時之栖 de Live #24
「Hey Fevers」。
ファンキーで超カッコいい!
フルーツパーク時之栖 de Live #25
「東 督克(B)」。
フルーツパーク時之栖 de Live #2
「藤田 康正(Ds)」。
フルーツパーク時之栖 de Live #22
[「福士 直仁(Gt)」。
フルーツパーク時之栖 de Live #210
「西川 崇代(KB)」。
フルーツパーク時之栖 de Live #27
「森山 瑞樹(Sax)」。
フルーツパーク時之栖 de Live #26
「篠田 亮(Tp)」。
以上6名が生み出すグルーヴは、最強!

フルーツパーク時之栖 de Live #28
「アダルトーン」。
ア・カペラはスゴイとは思うものの、合唱隊なども同様で、自分の理解力不足により、よくわからん。

フルーツパーク時之栖 de Live #29
「CAROL's」。
どんなに暑くても、ユニフォームである革ジャンを着用するというストイックなバンド。

フルーツパーク時之栖 de Live #214
「すがわらりなと斎木楠雄」。
「東京事変」のカヴァーバンドとのこと。
1曲も知らなかったぁw。

フルーツパーク時之栖 de Live #211
「Groovin' High」。
安定のサウンドだ。
フルーツパーク時之栖 de Live #212
「Darie(Vo)」。
楽しそうな様子がよくわかる。

フルーツパーク時之栖 de Live #220
「Argus」。
変拍子ばりばりのプログレバンド。
フルーツパーク時之栖 de Live #216
「星加敦史(Gt)。」
「手拍子はやめてください。」「ギターの基本コードはE#11th。」とかウケるんですケドw。
フルーツパーク時之栖 de Live #217
かぶりつき隊やおがみ隊が出現していたゾ。

フルーツパーク時之栖 de Live #218
「日中パラダイス」。
1年ぶりにこのステージで聴くことができた。
美しいハーモニーが気持ちいいのだが、滅多に聴けない幻のユニットとなっている。

フルーツパーク時之栖 de Live #225
「青山ばんど」。
とにかく聴いて楽しむべし。
全曲オリジナルなので、昔はCDが欲しいと思ったものだが、最近はライブを積極的に演ってくれるので、とにかく聴きにいくことにした。
フルーツパーク時之栖 de Live #221
「永瀧 周(Gt)」。
サングラスを小物として使ったのはめずらしいのでは?
歯で弾いたりもしていたような・・。

フルーツパーク時之栖 de Live #223
「Danny & The Dollars」。
ブルースバンド。
フルーツパーク時之栖 de Live #222
「ハマザキ(Hp)」。
ブルースハープが入ると一気にブルース色が強くなる。って、当然か。

フルーツパーク時之栖 de Live #224
トリを務める「Rody」。

今日は出場バンドを全部聴かせて頂いた。
色んなジャンルがあって、それぞれステキで、ホント楽しめたなぁ。

周りを木々に囲まれ、転換時は小鳥のさえずりが聞こえる健康的な場所で、一日のんびりと音楽に浸れるなんて最高だ。
ありがとう&オツカレさま。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。