KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lady Swamp@BT
 友人の誘いで観たライブだけど、インパクト大なので紹介するよ。

Lady Swamp2
フジフイルム X-A1 XC16-50mm F3.5-5.6 OIS&XC50-230mm F4.5-6.7 OIS
「Lady Swamp」
吉村瞳&小笠原友子。
Lady Swamp
吉村瞳(G&Vo)。
この画像だけ見ると女性の弾き語りという風に映るだろう。
ま、そのとおりなんだけど(笑)。

ジャンルで伝えるとすれば、アメリカ南部の音楽で、ブルースやカントリーを基調としたSwampというとおりの”泥くさい”音楽かな。

Lady Swamp4
このようにボトルネックを使用して、リゾネート・ギターを巧みに操って、独特の雰囲気を出している。
歌はもちろん前編英語。
「オールマンブラザーズ」フリークなのだ。

Lady Swamp
「小笠原友子(Per&Cho)」
両手両足をフルに使った各パーカッションの使い方は、とても女性とは思えない重厚さがある。
大阪の人なんで、ライブ後にずっと話をさせてもらっていたがノリが良くて話がつきない(笑)。

Lady Swamp5
極めつけは、このラップ・スティールギターだ。
右手は琴を弾くかの如くだ。
弾きながら、歌うというスゴサ。
このギターを見るのも、弾いているのを聴くのも初めてだから、そりゃ、ガン見しちゃうわな。
パーカッションの正確なリズムと相まって気持ちいいったらありゃしない。

これは、ギターかじった人なら一度観ておくべきだろう。
友人よ、誘ってくれてありがとう。

2016年2月21日(日)にも鴨江の「Biscuit Time」で演奏するようだ。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。