KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
窓枠でのライブ堪能
 やぁ!誰も見てない自分の日記のつもりで書いているけど、最近アクセスしてくれる人が毎日60~70件ある・・・。ごく親しい友人にしかアドレスを知らせていないから、その友人か又はアカノ他人か・・・。
いずれにしても、乱筆乱文で書き殴っているので、これを読んで気を悪くする人がいたとしても当方は全く関知しないのでアシカラズ。

 さて、日曜日に「窓枠」というライブハウスで知り合いのバンドを観て来た。このライブハウスは開店して2年くらいになるのかな。気にはなっていたけど今まで一度も足を運んでいなかった。
会場は程よい広さで、ビッグネームが演奏しなければキャパは十分であろう。 Ojisanz
 写真は、PENTAX DA21mm/F3.2Limited&FA43mm/F1.9Limitedのみ。
客層が結構高年齢だ。若い(見た目)女性も割りといた。
つまり、出演バンドが中年であることの証だ。
最初のバンドは、「Ojisanz」。多分ほんとに「おじさんず」。
曲はジミヘンや初期のクラプトンで、初っ端から目が潤んできた。 Ojisanzベース
 ベースとボーカルだ。いつも関心するのだが、ベースラインを弾きながらよく歌えるものだ。だって、メロディーが違うんだよ。デュアル脳かよって思っちゃう。 Ojisanzギター
 失礼ながらこの風体でMoonのストラトタイプをブイブイいわせるなんて脱帽。G・B・Drの基本的な構成もイイ!

次は、Banana Moon。 B
 このバンドは、サンタナの初期をカバーしたりパットメセニーの曲をディストーションサウンドを入れたりしてて、思わずニヤついてしまった。 Banana Moonキーボード
 サンタナサウンドにはなくてはならないオルガンがイイ感じだ。ボーカルもやっていた。 
Banana Moonギター
 SGですね。昔憧れましたねぇ。最近のサンタナはPRSを弾いているけど、音の好みでは絶対SGなのさ。 しかし、この方の演奏は大好きです。ギターを弾くのが好きでたまらないというのがにじみ出ています。 あ、パーカッションも必須だね。気持ちよかった。

お次は、「Cutt&Sewn」 Cutt&Swen
 今回が初ライブだそうだ。若いバンドでポリスをコピーしていた。このバンドもベースが弾きながらボーカルをとる。たいしたもんだ。
Cutt&Swenベース
 で、ギター。 
Cutt&Swenギター
 弦楽器はチューニングが必要だ。だが、その間MCでつなぐなどしていあげないと間が抜けてしまう。がんばれ若人。最初はそんなもんだから。 Cutt&Swenキーボード
 この人は顔が「飛鳥」に似ているような・・・。トリのVBのキーボードでリーダーですな。 打ち込みの達人なのだろう。ベース・ギター以外のパートは打ち込みだ。すごいとは思うが、ライブは打ち込みでは伝わらない。俺のようにオジサンはそう感じてしまうのだ。次は、メンバーを揃えてみてはどうだろう。

さて、まだバンドは続くのだが、この続きは明日にしよう。
ライブの席からなので、カメラアングルは定位置となるから絵的には飽きるが、よかったら明日も見てくれ。70人のみんな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。