FC2ブログ
KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラジオK-MIXおひるま協同組合公開録音ライブ
2015年5月6日。

浜松ZAZAシティ中央広場にて、浜松のラジオ番組の「K-MIXおひるま協同組合」の公開録音があり、その番組の中でのライブが魅力的だったので、いそいそと出かけた。
K-MIXおひるま協同組合11
会場のZAZA中央広場は、ご覧のとおりオープンスペースで普通に人々が往来している中で行われた。

番組MCは「日下純」と「南真世」。
ゲストは2組。
いづれも地元ではない。

1組目は「Softly」。
K-MIXおひるま協同組合12
北海道苫小牧出身の現役高校生2人組のシンガーソングライター。

K-MIXおひるま協同組合1
なんの予備知識もなく観たのだが、初々しい感じとはうらはらに、演奏を始めると堂々としていてただ者ではないことを知る。

K-MIXおひるま協同組合2
「HARUKA(G&Cho)」。
なんというギター演奏だ!
通常、高校生が弾くギターは、特に歌物のバックは全弦ストロークなんてのが当然なのだが、彼女の弾くギターはストロークではあるが非常に空間の多い(休符が長い)譜割なのだ。

K-MIXおひるま協同組合4
「MUTSUKI(Vo)」。
なんというボーカリストだ!
空間が多くてリズムが執りにくいギターを聴きながら、更に間の長い(休符が長い)メロディと粘りのある歌い方!

K-MIXおひるま協同組合6
それに二人ともかわいらしい♪

K-MIXおひるま協同組合5
この二人組の「Softly」のオリジナリティに大いなる可能性を感じる。

YOUTUBEの1曲を貼っておくので興味があれば聴いて欲しい。

Girl's talk(short version) / Softly

K-MIXおひるま協同組合7
即効でCDを購入して現在まで聴きまくっている。

その後、高校を卒業して地元を中心にラジオやTVにも出て、プロとして活動の幅を広げていった。
ぜひまた生でライブを聴きに行きたいとずっと思っていた。

がしかし、なんと2017年12月末で「Softly」としての活動を休止してしまった。
自分としては非常にショックだが、彼女たちの才能が消えたわけではないので、今後の行方を注視していくつもりだ。


さて、もうひとりは「井上侑」。
K-MIXとのコラボ商品のCMソングを担当したり、彼女の番組を放送したりとラジオとの縁も深い井上侑。
大好きなアーティストだ。
K-MIXおひるま協同組合8
愛媛生まれ東京育ちのピアノを弾くシンガーソングライター。
年間ライブ回数は群を抜いている。

K-MIXおひるま協同組合10
彼女の描く曲の世界観は、身近な素材を擬人化して琴線を振るわせる物語を展開することと独特の歌いまわしにある。
矢野顕子の才能に通ずるところもあると感じる。

そして、演奏を聴いたあとのすがすがしさは他では味わえない。
べた褒めになったが、しょうがない。惚れこんでしまったのだから。

そんなGWを締めくくってくれたK-MIXに感謝!!


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。