KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 誘われて出かけたライブは「四つ池ミュゼ」。
名前はよく聞いていて場所も知っていはいたが行くのは初めてだった。
したがって、「四つ池ミュゼ レストラン」に間違って入って、支配人らしき人に案内していただいたことは、ちっとも恥ずかしくない。ぞ・・・。っと。

1,500円を支払ってドリンクとつまみを選んで、席を見回すと連れが一番前にいた。席の間を縫って連れの横の空席にちゃっかり座ったら即開演だ。お~、いいタイミングだ。支配人らしき人、アリガトウ。 ケシマス@JAZZ
 PENTAX F28-80mm/F3.5-6.3
「ケシマス@JAZZ&中村新太郎(B)」
以前、このブログでも紹介したことがあるバンドだ。今回は、プロベーシストの中村新太郎氏がフィーチャーされている。 中村新太郎
 ほとんどリハもなしでパーマネントバンドのごとくスムーズに進行していくなんて、やっぱりプロフェッショナルだねぇ。 
釼持
 SAXは釼持氏。攻撃的なオクターブ上がる技を多用していた。 鈴木章史
 ギターは鈴木章史氏。バンドリーダーだ。ギブソンのES335を軽くディストーションさせて巧みに操っていた。ボディに書かれたサインはラリーカールトンかな? 
清水啓司
 ドラムは清水啓司氏。ブラシを使った演奏はゾクゾクしたね。 
キャンドル
 第一部終了時は各テーブルにこんなキャンドルサービスがあった。結婚披露宴みたい・・・。 第2部が終わり通常ならアンコールだが、司会が「時間を延ばさなければなりません」とのたまわって、ベースの中村氏の師事を得た方とのダブルベースを披露することになった。 
ダブルベース
 他のメンバーもそうだが、とてもアマチュアとは思えないほどレベルの高い演奏だった。その場その場で刻々とソロを回す。JAZZの醍醐味を堪能させてもらった。
おかげで2時間半もの濃い内容で大満足。
ライブハウスとはまた趣の違うホールでの演奏もいいね。またこよう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。