KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRC
2年前のJAZZWEEKの時にUPONで初めてステージを見させてもらった「TRC」。そのときは、SPECIALが付いていた。 TRC
 PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6&SIGMA70-300mm/F4-6.3
「TRC」とはオリジナルメンバーの頭文字だそうだ。そう、3人なわけね。キーボード、サックス、ドラムを基本にサポートメンバーが入ってステージングを行うらしい。SPECIALはやたら大勢いた。 
TRC
 ボーカルの美和子。数回TRCを見ているが必ず彼女がいたからパーマネントメンバーといってもいい。彼女は、すばらしい歌唱力とおちついたMCでバンドカラーを形成している。 
西川
 嵩代(T)。今回はベースパートをキーボードで補っていた。キーボードってのは、目立たないけどすごいことをやっているんだね。 
康正
 康正(C)。キレのいいシンバルで気持ちイイ~リズムを叩く。 
山麓園
 ギターは山麓園太郎。小刻みなアドリブにエリック・ゲイルを彷彿とさせた。オクターブはとてもメロウだ。 
國井&美和子
 この2人は誕生日がともに5月だそうで、5月26日に<おとぎ草子>でバースディーライブを行うらしい。 ボーカルのスキャットによるユニゾンは圧巻だ。 
類
 Sax國井類(R)。個性的な風貌でエグいソロが怒涛のごとく溢れ出てきてぐいぐい心が引っ張られてゆく。 
美和子
 と、ここまでの俺のコメントでわかると思うが気に入ってしまったのだよ。
で、ライブ終了後にCDを買い求めていたわけさ。
「TRC|a-LIVE」というアルバムで10曲入り1,500円とリーズナブル(^^)。
収録されている演奏はすばらしいが、やはり生が一番!
また会いましょう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。