KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガーデンコンサートは続く
 ゆっくり休憩したところで、3番目のバンドが演奏していた。 BLACK GOAT
 「BLACK GOAT」と言うバンドだ。「LOVE PSYCHEDELICO」のコピーをやっているようだ。しかし、結構アレンジしているな。 
BLACK GOATボーカル
 ボーカルの女の子は、背は低いが存在感はあるぞ。ギターはポールリードスミスか一応・・・。右手はカッチリ8分刻みを繰り返す。 
BLACK GOATギター
 こちらのギターは、背が高く、この角度から見ると「ジェフ・ベック」っぽく見えなくもないだろう。

そして、最後のバンドは「Vega」 
Vega
 このバンドは、以前このガーデンコンサートでも拝見したことがある。 
Vegaギター
 このギタリストが強烈な印象を残している。 「スクエア」や「カシオペア」などのいわゆるフュージョンを演奏しているのだから、テクニックは凄まじい。隣で見ていた人は、1曲演奏が終わるたびに「ふ~」とため息をついて疲労感が出ていたゾ。 
Vegaキーボード
 このおねいさんも、ただものではないという雰囲気が漂いまくっている。かるがると難度の高いキメをこなしていた。
キーボードの上に紙袋が置いてあるように見えるが、恐らく日光でディスプレイが見えなくなるのを防ぐためだろう。俺も以前、このライブで、エフェクターの表示がまったく見えず(全部8に見える!)、カンでパッチを切り替えていた。アセ。 Vegaドラム
 ドラムとベースのリズム隊も強力だ。 
Vegaベース
 MCをしていたから、このバンドのリーダーなんだろう。6弦ベースでサムピング(チョッパー)だ。速いユニゾンも完璧だ。
やっぱり俺は、フュージョンが好きかも。心躍るっつ~か、ワクワクしちゃうんだな。このバンドを見ている間は周りがまったく見えなくなっていた。それだけ集中したってことなんだよね。
いい日曜だった。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。