KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JAZZ WEEK ~続~
 メイワンをエスカレーターで7階から降りると(エレベータは混んでるし、結構待つのよ)キタラからスウィンギーなサウンドが耳に入り込んできて、ちょっと覗くことにした。
KITARA
 PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6&SIGMA70-300mm/F4-6.3
浜松スイングバンドらしい。俺の好みは基本的にコンボで、個々の演奏がキチッと聴き取れることが大事だと思っている。
しかし、午前の雷雨はいったいなんだったんだろう。 
このあとは、ZAZAに居座るつもりなので、急いで移動(つまり歩きね)。 
ZAZA
 おっ、聴こえてきた。ZAZACITYとZAZA中央館の間にあるちょっとしたステージ。ここはいい感じで好きな場所だ。 しかし、天候を考慮してかステージにはテントが張られている。これが、野外らしさをスポイルしていて残念なんだな。 ちきん(仮)
 「ちきん(仮)」(仮)とついているが正式名称だとか。コンガが入ったラテン系の曲やフュージョンを演奏していた。 次は、昨年のJAZZDAYでも名演を聴かせた「Jose meets ゆらぎや」だ。 
ゆらぎや
 ここでも、一番前に席を陣取った。
なにしろ、このバンドは全員がすごいテクでとてもアマチュアとは思えない演奏をするのだ。 
田村
 バンドリーダーのホセ・アルベルト・田村。ちょっと痩せた? 矢野
 矢野さんのピアノ、すばらしい・・・。 
石川
 ギターの石川さん。コーラスというか、熱唱というか。別のバンドではボーカルを執るほどの歌唱力。でも、ギターの腕前はいぶし銀だ。 石川ソロ
 ほんとによく歌うフレーズだ。顔とフレーズが一致するんだよね。 
浜崎
 安定したベース、時々装飾音を入れるが、これが絶妙。浜崎さん。 
サックス&ベース
 息の合った二人はアヤシイカンケイ?(笑)
ドラムの渡邊さんもこのままプロとしてやっていけるのでは?と思う。
時間が割り振られているのでアンコールが出来ないのが残念だ。 
トーク
 演奏が終わると、次のバンドの準備時間を利用してリーダーはインタビューを受ける。
17日(日)には、三ケ日のパラディソで、あの村上ポンタ秀一(Dr)を迎えて続編を演奏するとのこと。こいつは楽しみだぞ。
パラディソといえば三ケ日のリゾートだ。リゾートが似合うのか?
行って見なけりゃわからんぞい。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。