KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「龍水の都」音楽祭~浜松市政令指定都市移行記念~2
 スタートはPM5:00だ。出場バンドは、
1.Jack&Jill
2.MOM MOA
3.Autbahn
4.浜松ダイアログクワイヤー
5.MOUSHI
6.雨傘
以上、6バンドだ。途中と最後に抽選会があり、豪華賞品が当たる仕組みは、お客さんを最後まで留める効果があるようだ。
入場料は大人500円なので、やはり浜松市がバックボーンとなっていないと、この企画もできなかっただろう。政令市バンザイ!か。

J&J
 PENTAX F28-80mm/F3.5-5.6
最初のバンドは、以前「窓枠」のライブでも紹介した「Jack&Jill」。以前のバンド仲間が2名いるのだ。
70年代のEW&Fやドゥービーブラザースなどのダンサブルな曲を演奏。俺のようなオッサンにはタマラン曲ばかりだ。 J&J
 紅一点のボーカルは、結婚を機に脱退するんだそうだ。
これだけの大所帯だと、メンバーの交代は避けて通れまい。更なる飛躍を期待するよ。

さて、次のバンドは「MOM MOA」。「マンモー」と読むらしい。 
MOMMOA
 いわゆるヘビメタだ。やはり70年代にはよく聴いていた音楽ゆえ、受け入れられるゾ。サウンドは、荒削りではなくまとまっていて良い感じだ。 
MOMMOA
 ギターはとてもテクニシャン(いやらしい言葉だな・・・)だ。早弾きを余裕の笑顔で、オーバーアクションをつけて弾きまくるあたり、タダモノではないな。 
doramu
 タイトにリズムを刻む安定したドラム。 
ベース
 なんとヘビメタで6弦ベースを使うのだ。 
ボーカル
 ボーカルはめちゃくちゃ上手い。シャウトが小気味良いし、振り付けは「パフィ」のようだが、余裕で歌い上げている。 
テル民
 キーボードが演奏しているのは、あの「テルミン」という楽器(?)だ。こうしたバンドで取り入れているのは初めて聴いた。音程をとるのが非常に難しい楽器ゆえ、効果音程度にしか使えないが、バンドメンバー紹介のときには童謡「チューリップ」をがんばって演奏していた。 
MC
 バンドの交代の間、司会の2人とメンバーがトークするのだが、バンド名について説明してくれた。 このバンドはあの「VOW WOW」のコピーバンドなので、この文字を逆さにすると「MOM MOA」となるとのこと。なるほど!VがAになるのはご愛嬌として、ナットクした。
さらに、テルミンについては、手に持っている人形(ミニテルミン?)で実際に鳴らしてくれた。フシギな楽器だが、演奏は思い通りに弾くには苦労しそうだった。
かなり良いバンドだった。今後も注目したい。

さて、続きはまた今度。


スポンサーサイト
コメント
コメント
マトリョーシカの・・・
ロシアのお人形、マトリョーシカのテルミンだから、
マトリョミンって言うんですよ。
楽天で見付けました。
http://item.rakuten.co.jp/yume/65085/
¥45,000だって・・・
高いのか安いのか・・・???
2007/07/10(火) 13:50:40 | URL | なっつ #QArpqW3s [ 編集 ]
なっつさん、こんばんは。
さすが、おもちゃは詳しいですね。
マトリョミン欲しくなっちゃいました。が、ハーモニカなどと一緒で、ちょっと遊んで飽きたら全く使わないんだろうなぁ。
今日の静岡新聞で、この音楽祭の記事が載っていて、さらに写真のマンモーが掲載されていました。
僕の頭がステージの左前で写ってましたね。
っても、真っ暗だから言われても誰だかわかんないよね。
2007/07/10(火) 22:47:33 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
) とも呼ばれる。構造と特色テルミンの最大の特徴は、テルミン本
2007/07/26(木) 15:34:42 | 音響・カラオケ関連ワード
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。