KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
館山寺 灯篭流し
 20数年ぶりに訪れた「館山寺花火大会」だ。その中でも「灯篭流し」を見るのは生まれて初めてだ。
かつては、天竜川でも見た記憶があるのだが、確かではない。 館山寺
 PENTAX DA18-55mm/F3.5-5.6
今は午後7時。まだ辺りは明るい。浴衣姿のおねいちゃん達がかなりいる。きてよかった。 いや、灯篭流しを見にきてだ。コホン・
さて、まずはホテルで食事だ。じつは、美友会のSさんからチケットをいただいたのだ。 
開華亭
 ここは、「開華亭」というホテル。パルパルという遊園地に最も近い。自分は、ある会の会合で毎年1月にはここに泊まっている。 
うなぎ
 気持ち程度だが、うなぎも出された。30日は「土用の丑」だなあ。
ひとっ風呂浴びて、外へ出てみると・・・。 
花火大会
 一番最初の写真の景色が、こんなになっている。湖上の花火も迫力があるな。左手には遊園地「パルパル」が見える。 
灯篭流し
 地上で半分開く花火は大音響とともに、湖上に映り丸い花火に見える。思わず歓声があがる瞬間だ。その湖上には無数の灯篭が静かに流れている。灯篭流しは、死者の魂を弔って送り火をしているのだそうだ。騒々しい送り火である。

忘れていたが、こういったイベントの帰りはかなり疲れるのだ。
シャトルバス待ちで50分、通常30分で浜松駅に着くところを80分かかった。

「祭りのあと」
吉田拓郎の歌とは随分かけ離れていた。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。