KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15th ストリート・ジャズin静岡#2
(自分が観た)2バンド目は「坂下素司セクステッド」。 坂下素司セクステッド
 しかし、ここで、暑さと立ちっぱなしの疲労で少々休憩をしたくなり、近くのドトールコーヒー店によろけながら入り、アイスコーヒーをぐびぐび・・・。なぜ、ビールではないのかって?そりゃ通風持ちだからさ。ビールに多く含まれるプリン体(名前はうまそうだけどね)が超ダメらしい。したがって、このバンドはほとんど観ていなかった。ワリ
ドトール
 しかし、この店はクールビズなのか?
エアコン設定温度はかなり高めだ。健康にいいぜ。せっかく体を冷却しようと思ったのに、予想外の展開に30分も粘ってしまった。

 さあ、また熱い会場へ向かうか。
次のバンドは、ブルースだった。 
SUWA&HAGI
 アコースティックギターにブルースハープというシンプルな構成。
ギターは、オベーションを巧みに操り、ベースラインを強調したバッキングを飄々(ひょうひょう)と奏でていた。 
 ギター
 ブルースハープは、かなりの手練で、なんとか大会で4位という成績だったらしい。だから何?であるが、よくある手法かもしれないが「A列車でいこう」では、みごとに機関車を表現していた。
このシンプルなサウンドに会場も盛り上がった。
JAZZが好きな人はブルースも好きなのだ。

スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/08/17(日) 09:51:02 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。