KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浜名湖フォークジャンボリー 続
 日曜日も来てしまった。ガーデンパークに。 のたね
 PENTAX F35-70mm/F3.5-4.5
天気は上々、しかしフェーン現象とやらで蒸し暑いままだ。 ホール
 ホールは丘を巧く利用して客席を設けている。
入り口では、ちょっとした飲み食い物を販売しているテントが設置されていた。
氷付けのお茶を買って席に着く。 
二つの赤い風船
 「5つの赤い風船」を唄いたくて作った「二つの赤い風船」というユニット。ギターは上手だが、歌はあまり伝わってこないなぁ。
T&O
 高校時代の同級生が、再会を機にバンド活動を始めたという「T&O」。オヤジたちが再度ギターを持ち、バンドをやるのは大賛成だ。
また、こうした人たちを支援するフォーク喫茶も、もっと増やすべきだよね。
そう、俺がやればいいんだけどさ。 司会
 司会の水野さん(左)と長岡さん。次のバンドが準備する時間を埋める大切な役割を持つ。 MAI☆withCoach
 パンフレットをめくっていて一番気になったのがこのグループ。
「MAI☆withCoach」てか、MAIちゃんに注目だった。
だって、出演者中最年少はもちろん、「ウォーターボーイズ2」や映画「天テンまであがれ」に出演しているというではないか。
ま、タレントとはいえ17歳の女の子だし、歌はフォークだから「オシ」はそんなに強くはなかったけど。 MAI
 最後に感極まって声を詰まらせ涙を拭うシーンがあり、「おお、タレントっぽい」と思った俺はスレているな。
終わってから「うれしかったんです!」って、かわいいじゃん。

はい、じゃ次(笑)。
前から聴いてみたかったバンド。「ハカランダ」。 ハカランダ
 まず、興味をひくのはバンド名の「ハカランダ」で、高級ギターにしか使われない希少な材の名前だ。昔は5~6万のギターのバックにも使われていたんだけどね(何年前だ?)。
次にこの風貌だ。なんか30年前にトリップしたような感覚。いいかも・・・。
だが、曲は「風」や「NSP」のコピーで割と普通だった。 やらまいかミュージック
 「やらまいかミュージック」という音楽イベントが浜松中心部で10月14日に行われる。その宣伝をやっていた。
この「ハカランダ」や「T&O」やその他このフォークジャンボリーに出演したミュージシャンも多数演奏するらしい。
第1回の大きなイベントだけに楽しみだ。

おっと、その前に来週は待ちに待った「JAZZDAY」がある。
ストリートジャズの真髄を教えてくれたこのイベントは、多くの市民で盛り上げていかねば・・・。
だよね?
スポンサーサイト
コメント
コメント
きれいな写真ですね。
 浜名湖フォークジャンボリーに来場下さいまして有難うございました。
 イベントに携わっていると写真は撮ったつもりでも、会場外の空気が撮れていないのに気がつきます。

ブログの写真を拝借してもよろしいでしょうか?

同名のよしみで宜しくお願いします。
2007/09/25(火) 08:38:23 | URL | KAZ #UIxNnSUU [ 編集 ]
事務局長KAZさんですね。
浜名湖フォークジャンボリーお疲れ様でした。
いつも楽しませていただいています。

ブログも拝見させていただきましたが、きれいな写真がいっぱいで勉強になります。

自分は撮影が目的というわけではないこともあって、あちこちアングルを変えて撮影していません。
したがって、たいした写真ではないですが、こんな写真でよかったらどうぞご利用ください。
2007/09/25(火) 13:01:57 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。