KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JAZZDAY 2007 続々の続々
 15:00、駅ビルの「メイ・ワン」7Fに足を運んだ。
神戸の明石を拠点としている「神戸ジャズげっちゅーアンサンブル」を聴くためだ。 神戸ジャズげっちゅーアンサンブル
 エレベータを降りたとたんにサックスの音が響いてきた。すでに演奏が始まっていたが、どこかで見た人が・・・。 
神戸ジャズげっちゅーアンサンブル三木
 この前のJAZZ WEEKのとき「アクト」で行われたSpecial Liveで見た「フロントページ・オーケストラ」率いるテナーサックス奏者「三木俊雄」さんだ。今回のJAZZDAYでは、スペシャルゲストとして飛び入りしていた。 
神戸ジャズげっちゅーアンサンブル秦ゆり
 女性サックス奏者「秦ゆり」さんとツーショット。
「jupiter」などお馴染みの曲を非常に凝ったアレンジで聴かせるバンドらしい。たしかに、原曲がわからなくなるほどのアレンジは聴き応えがある。ニヤりとしてしまう。 
神戸ジャズげっちゅーアンサンブル2
 ベーシストは学校の先生だったり、一般の社会人なのに、はるばるこのイベントに参加してくれたことを歓迎しなくてはね。
浜松のオーディエンスはどう映ったのだろうか?

さて、場所を変えて「フォルテガーデン」へ。

ケシマス@JAZZ
 演奏していたのは、「ケシマス@JAZZ」だ。
最近よく目にするバンドだ。つまり精力的に活動しているということだ。腕前はプロレベルのバンドだが、それゆえトンがったところがなくインパクトに欠けるのは惜しい。 
ケシマス@JAZZ三木
 おっと、よく見ればここにも「三木俊雄」さんがきている。スペシャルゲストは超多忙だ。しかし、飛び入りでスッと溶け込んでしまうあたりはさすが場数を踏んだスーパーサックス奏者だなぁ。
同じく人気の高い「釼持」さんとのツーショット。釼持さんも負けていないゾ。 
ケシマス@JAZZ鈴木
 今日は赤い「ES335」ですな。すごく難しいことを演っているけど、基本に忠実だから安定したフレーズが繰り出されてくるあたりはン十年のキャリアだからか。

さ、次は絶対チェックしなくてはと思っていたバンドの登場だ。

続いちゃうもんね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。