KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡崎ジャズストリート2007
 今年も行ってきた。
第2回目になる「岡崎ジャズストリート2007」 公園前通り
 PENTAX F28-80mm/F3.5-5.6
今日は2日目の日曜日で、良い天気に恵まれた。昨日も良い天気だったが仕事の都合で行けなかったのだ。 
籠田公園
 ここは「籠田公園」、本部がある場所だ。丁度お昼に到着したため、フードコートで軽食を摂る人たちが大勢いた。
と、一軒の店が目に留まった。 
試飲コーナー
 なに?焼酎の試飲か。 
シェーカー
 「カクテルシェーカー」を被った店員さんだ。寄(酔?)ってしまいたくなるゾ。
もちろん試飲した。なんでも、あの「日野皓正」さんがプロデュースした焼酎だそうで、後で聞いたのだが、ブランデーの樽に入れているため香りはそれらしいのだそうだ。 愛知大学
 ステージでは、愛知大学の軽音部「BLUESTARS ORCHESTRA」が演奏中だ。どうしてもギターに目がいってしまうが、最近ジャズのフルバンドのギターは古いストラトを弾く若者が多くなったようだ。箱物が当然と思っていたが、演奏スタイルはトラディショナルでちょっと安心した。 

会場MAPをWEBから拝借した。 
MAP1

MAP2

 18の会場でそれぞれ4回の演奏がプログラムされている。まったく同じユニットが会場を変えていたり、セッションメンバーがガラリと変わっていたりして、どのように観て周るかは非常に悩ましい。
 で、結局、プログラムのコメントを頼りにこのように周ってきた。
1.『⑭「 あんだんて」” ギターの名手と若手セクシーボーカル”青木弦六(G)牛嶋としこ(V)』 かふぇ・あんだんて
 「かふぇ・あんだんて」20人ほどで一杯となってしまうカフェなので、早めに入ることにした。 店内
 昨年は一杯で入れなかったのだが、今年はなんとステージ(あるのか?)のすぐ脇に陣取れた。
すでに、「青木弦六」さんがスタンバっている。 
青木弦六
 そして、ボーカルの「牛嶋としこ」さんの登場なのだが、ここで、スタッフがオープニング挨拶を行った。
撮影は禁止ということなので、素直に従うことにした。
 弦六さんのギターは黒いギブソンESで、ピックとフィンガーで巧みにバッキングをとり、としこさんがスタンダードを歌う。 あんだんて天井
 こんなに間近で、しかも音量控えめなので、咳払いもできない緊張感が心地よい。
としこさんの声もやさしくて妖艶な雰囲気。ここだけでも大満足だった。
終了後、店の外でとしこさんが「どこかで会いました?」と声を掛けてくれた。浜松でみた様な気になったが人違いだろう。しかし、このセリフは男が使ったらナンパだよね。
おかげで別の会場ですれ違ったときも覚えていてくれて、「あ~!」と気さくに声をかけてくれた。すてきな人だ。

外のストリートでは、昨年も観た「ファニートンボ」がいた。 ファニートンボ
 ドラム・ギター・歌を手足で操りながらのパフォーマンスは健在だった。 ファニートンボ2
 昨年はアコギを使っていたが、今年はエピフォンのセミアコにバージョンアップしているではないか。
たのしいトークにファンは増えている。

2. ⑰「西岸寺」”人気女性ピアノトリオと存在感のボーカル”「中嶋美弥トリオ with LUNA」中嶋美弥(P)北浦ゆたか(B)山下佳孝(D)LUNA(V) 西岸寺
 中嶋美弥は連れの友人なので、今回も応援に行った。
ここは、コンクリート打ちっぱなしで、ステンドグラスもあるモダンなお寺なのだ。
でも、生音はあまり響かない。中嶋のエレピとボーカルLUNAの声が引っ込み気味だったが、当の本人達は楽しそうに演奏していたようだ。

3.⑦「能楽堂」”岡崎のNKCとNYブルーノート出演ボーカル”「菅沼直カルテット with 清水ひろみ」菅沼直(P&V)吉岡直樹(B)佃政彦(D)青木弦六(G)清水ひろみ(V)
能楽堂
 当初の予定では、この時間は⑩の碧南信用金庫での「カフェ・マヌーシュwith平賀マリカ」を観る予定だったのだが、満席で立ち見もままならなかったため、最後に観ようと計画していた「菅沼直カルテット with 清水ひろみ」を、ここ能楽堂で聴くことにしたのだ。
一度、このステージ(舞台か?)で演奏を観てみたかったからね。 ステージ
 「菅沼直」の自称「岡崎のナット・キング・コール」という軽妙なMCと甘いボーカルは、巧みなピアノと相まってリラックスして楽しめた。
サングラスをしたタキシード姿の「青木弦六」もまたイイ。

次の会場へ向かう途中、「菅生川」の川原で岡崎市民祭り会場を片付けていた。 菅生川
 市民祭りと重なって人出も多かった事だろう。 夕焼けが今日も出ていた。

さて、最後は
4.②「龍海院」”モダンバイオリンとギターのコラボ”「高橋誠With カフェ・マヌーシュ w C.浅田」高橋誠(Vi)川瀬眞司(G)中村尚美(B)山本佳史(G)キャンディ浅田(V)三木俊雄(Ts) 龍海院
 この会場は今年初めてだ。だんだんこのイベントが理解されてきたのだろう。フシギな建物だ。屋根の中央が高く中はがらんどうだ。イスが用意されていたのはありがたいが、同じフロアで演奏するため、立っている演奏者しか見えない。つまり、座っているギター奏者2人は全く見えないのである。
連れが「マカフェリギター」を弾いており、山本さんとも交流があるそうで、楽しみにしていたためちょっと残念だった。
しかし、演奏はすばらしいし、「キャンディ浅田」さんのボーカルもさすがだった。
それに「三木俊雄」もジャムセッションで最初戸惑っていたように見えたが、だんだん合ってきた。
そして、サプライズ!
客席で見ていた「小曽根真」さんが、最後の曲を「一緒にやろうか」とキャンディに持ちかけたのだ。会場が一気に沸いたのは言うまでもない。なにしろ、「小曽根真」は今回のイベントでも大人気で整理券を配るほどだったのだから。
そして、アンコールにも応えてくれた。Keyだけ聞いてあとはテンポを上げて演奏する小曽根さん。会場はスタッフも含めて大盛り上がりだった。
儲けた気分・・・。

もっともっとあちこち観て周りたかったが、来年・再来年と続けていく限り俺も足を運ぶつもりなのでこのくらいが丁度いいか。

主催者やスタッフの皆さんおつかれさまでした。
本当に楽しく有意義な1日を過ごすことが出来ました。
また来年会いましょう。


スポンサーサイト
コメント
コメント
はじめまして 私も岡崎ジャズストリート観に行ってきました。2日間フルに回ってきましたがKAZZさんとはニアミスしたようですね。(ジャズディの時も。)
6月のジャズウィークストリートライヴ後にブログを見つけ 時々拝見しております。
写真がきれいなのがよいですね。
(あたりまえの事ですみません)
これからもよろしくお願いします。


2007/11/08(木) 22:20:39 | URL | ヒロキ #- [ 編集 ]
はじめまして
コメントありがとうございます。
岡崎ジャズストリート、両日行かれたそうでウラヤマシイですね。
土曜日と日曜日ではどちが良かったですか?

いつかは仙台のジャズフェスに行きたいと思っています。
今度見かけたら遠慮なく声をかけてくださいね。
こんな乱暴な文章ですが、会うと優しいですから(笑)。
2007/11/10(土) 00:03:00 | URL | ヒロキさん #- [ 編集 ]
どちらもよかったですよ。
土曜のシビコ 名音ジャズオーケストラ(大学生)は
小濱・池田クインテットのメンバーが飛び入りで参加して、ちょっと得した気分になり 日曜は東邦ガスのピーターwithダニートリオ 特にギター&ボーカルのピーターカップルズの伸びのある歌声と間奏の時に口で吹く?トランペット?は、かなりの出来でお客さんを惹きつけてましたよ。
今度、お会いしたら声をかけますね。でもどなたがKAZZさんか、わかるかな?
2007/11/10(土) 23:02:50 | URL | ヒロキ #- [ 編集 ]
カズさん、こんにちは!
偶然見つけました。岡崎ジャズストリートも、そして6月の浜松ジャズウイークのクリスタルのときも、来てくださっててたくさん綺麗に写真も、ありがとうございます!
岡崎ではお話できませんでしたが、本当にありがとうございます。

今度12月もクリスタル行きます。また良かったら来てくださいね♪面白いし、上手いボーカルと一緒に行くので。

ありがとうございます!
2007/11/19(月) 01:13:06 | URL | 中嶋美弥です。 #- [ 編集 ]
それから、Tさんにもよろしくお伝えください。
西岸寺のとき座ってるの分かりましたyo。
嬉しかったです。
2007/11/19(月) 01:18:42 | URL | 中嶋美弥です。 #- [ 編集 ]
 美弥さん、KAZZのブログを見つけてくれてありがとう。そしてコメントまでいただき感激です。
Tさんから「積極的な人」ときいていたとおり、精力的に音楽活動をされていて、そのどれもが「ピアノを弾くことが楽しくてしょうがない」という風に映ります。
12月15日のクリスタルですね。
Tさんも誘って行こうと思ってます。ってか、多分このブログをチェックしてますよ~。
2007/11/19(月) 21:48:11 | URL | 中嶋美弥さん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
まずは、そのAV動画の前に、ギャル曽根がAV出演していたという事実をほのめかす内容を話し、舞台で号泣するシーンからご覧いただこう。ギャル曽根 AV出演の事実を舞台で話し、辛かったのか思わず暴露しながら号泣!?
2007/11/07(水) 16:43:00 | こっこのエンタメモーニング
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。