KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
静岡オヤジバンドコンテスト2007 #3
boh jungle
「THE BOH JUNGLE」は、この人のヴギピアノがメインである。ブギウギは日本でも古くから親しまれているが、演奏する人が少ないのかライブではあまり聴かない。
浜松では、「ブギウギカメレオンクラブ」というブギウギをやるゴキゲンなバンドがいるが、ただいま休止中だ。 「THE BOH JUNGLE」
 このブルースハープを吹く人の右手の包帯には、司会者もツッコミをいれなかったためナゾである。しかし、このひとこそオヤジの中のオヤジという感じでちょーカッコイイ! THE BOH JUNGLE
 アフタービートにアクセントがくるブギウギのリズムは、寒風の中で冷え切った身体をジョーバのごとく勝手に揺らしてHOTにさせてくれた。 THE BOH JUNGLEbase
 このベースの人、10数年前の自分に似てると思う。いや、失礼っ。
とにかく楽しいバンドだ。リズムに変化を付けていかないと単調になりがちだけどね。
なんと、ピアノは2年前から独学ではじめたそうで、びっくりだ。俺も弾きたい・・・。

さて、お次は「HOTSTUFF 新撰組」というバンドで、ベンチャーズコピーだ。 「HOTSTUFF 新撰組」
 会場のキャパは3,000人だそうだが、満席ではない。2階席では応援団が横断幕を掲げていた。でも、身内のバンド(?)が演奏し終えたら、席を立つ年配も多い。 HOTSTUFF 新撰組
 かなりのベンチャーズフリークなのだろう。この人のギターのためにバンドがあるように感じられた。ご年配のようだがテクニックも演奏姿勢もステキだ。
さらにスゴイのは、このドがつく寒さの中、メンバー全員がTシャツ姿だ。
若者達ならそう驚かないが、ダイジョーブ? HOTSTUFF 新撰組3
 この方はタンバリンと奇声の係?(失敬) 奇声を上げたとたん、「ボムッ」という鈍い音がしてPAが死んだ・・・。いや、この人のせいではない。きっと・・・。アンプからの音はでていたため、前出のギターが弾き語り(もちろんベンチャーズ)を始めた。しかし、マイクはNGなので、ギターのストロークしか聴こえまへんがな。
でも、無事に再開。その間のカウントはしないと司会者から言われても時間オーバーでパトランプと「時間ですよ~」の音楽で強制終了。ちゃんちゃん。
なんだかんだいって一番長くステージにいたバンドだ。
お疲れさま。

つづきはあした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。