KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストラト Black&White
この時期としてはかなり暖かいので、ギターを引っ張り出してみた。
弦が錆びている。半年も放っておいたのだから当然だ。交換してあげた。 Black&White
 PENTAX DA21mm/F3.2Limited
両器とも7年ほど前に手に入れたものだが、一度もステージには出していない。
文字通り箱入り娘だ。
 ストラト兄弟
 いわゆるストラトキャスターだが、形は同じでも、色は白と黒だ。
細かいことを言えば、指板がメイプルとローズだし、ピックアップは、白い方はレースセンサーが搭載されてありハイパワーで低ノイズ。黒いほうはダンカンのSHで、全体が’62年のコピーである。
ともにお気に入りだ。
 ヘッド
 エリック・クラプトンモデルってことだね。普通「ブラッキー」のことを指すのだけど、このホワイトのほうがミーハーっぽさがなくていいのよ。ただ、コントローラーにブースト機能があって慣れないと使いづらいところもある。運指等プレイアビリティは抜群なのだ。
 ダンカン
 こちらは、「セイモア・ダンカン」というメーカーで、今はこのようなコピーモデルの製作は行っていない。どちらかというとリプレース・ピックアップメーカーとして認知されているようだ。
このギターは、レギュラーモデルだが、サウンド・ルックスとも文句のつけようがない完成度だと思う。
オールマイティだね。
もちろん、ビンテージとは比較の対象が違う。

これらの愛器たちに日の目を見せてあげないとかわいそうだな。
ご主人は俺よりも他の若いバリバリのプレーヤーの方がいいのかも・・・。
でも、そばに置いておきたい・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメント
セイモア・ダンカン
私もかつては某楽器店従業員(バイト)でして、
ダンカンのPUなどはさんざんイジったクチですが・・
ダンカンのギターそのものは初めて見たかも。
フェンダーの方はクラプトンモデルですか。
良いギターをお持ちですね(^^)
2007/12/25(火) 14:36:49 | URL | VB@moppi #- [ 編集 ]
え?楽器店ですか?
moppiさん、こんばんは。この記事に食いついてくれてうれしいですね。
楽器店でバイトされていたとは、うらやましい経歴です。かなりの知識と整備技術をお持ちでしょう。
自分は知識もないので恥ずかしいのですが、ギターはフェンダーが好きなんです。ギブソンではESなどの箱物がいいですね(って、1本も持ってませんが)。箱物はイバニーズもいいですねぇ。

moppiさんはドラム以外ではベースやギターも弾かれるんですか?
2007/12/25(火) 23:18:33 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
そうです。鍛冶町のヤ○ハにいました。
ベースのHIDE君もいましたよ(笑)
僕はギターを買いにくる高校生にY社の製品を
薦めず、フェンダージャパンとかフェルナンデス
ばかり売ってヒンシュクを買っていましたが(笑)
ギブソンはES-335とかセミアコに名器が多い
ですね。昔はロック系ギタリストなんかもけっこう
335とか使ってたもんですけど、最近はあまり
見かけないですね。
僕は「お遊び程度」なら、ギター弾きますよ。
ガットとフォーク、ストラトも持ってます。
いずれも腐ったB級品ですが(笑)
2007/12/26(水) 16:17:53 | URL | VB@moppi #- [ 編集 ]
moppiさん
そういえば、鍛治町の○マ○で、生まれて初めてエレキギターを買いましたよ。連れがヤマハに勤めていて、ヤマハ製品は7掛けで買えるとのことで、ヤマハの真っ黒のストラトコピーを選びましたね。
電気系がよくなかったと記憶してますが・・・。
その後、フェルの派手なオレンジ系サンバースト(汗)ストラトコピーも友人から格安で手に入れましたが、両器とも会社で友人にあげてしまいました。
で、一番長く使っているのが、イバニーズのAM250というセミアコです。これについては、またブログで紹介するつもりです。
 当時(30年近く前)一緒に買ったROLANDのBOLT-30という真空管アンプはいまだに使ってますよ(笑)。
おっと、語りすぎました。
また今度、ゆっくり語りましょう。

KAZZ
2007/12/26(水) 22:08:09 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
呼んだ?
hide@VIOLETでございます。

確かに学生のころ、ちょこっとバイトしてました。
moppiクンは大学の授業があるに関わらず、しょっちゅうバイトしてましたよ。

僕はまじめなバイト2号でしたので、
個人的な趣味でフェンジャパのjazz-bassを仕入れ、メンテする振りをしてさんざん弾きまくった挙句、
フレットが若干減ってきたかなと判断するや否や、
店にしょっちゅう顔を出す高校生に無理やり買わせてしまいました。(悪)

でも、80年後半までの国内生産のヤ〇ハはしっかりしたつくりでいいですよ。
自分が持っているから言う訳ではありませんが、
僕のヤマ〇のbassのトラスロッドが締め切ってしまって東京の超有名ショップにリワークにだしたら、

「この頃のYAMA〇Aは基本がしっかり造ってあるので、メンテをしっかりすればあと30年以上は問題なく今の状態を保てるはず」

とお墨付きをもらいました。
今の中国製1万~2万の楽器ではこうはいきません。
古い楽器を大事に長く使い続けるのは、
地球環境にも優しいことですし、
KAZZさんもfender&duncan、大切にしてあげてください。

長文失礼しました!
2007/12/26(水) 23:07:15 | URL | hide@VB #- [ 編集 ]
呼んだとも!
hideさん、来てくれてありがとうございます。
ヤ○ハって、バイトが自由に仕入れできるんですか?
まじめにチョッパー叩きまくり店員だったんですね(笑)。

hideさんの赤いスルーネック(?)のベースがず~っと気になっているんです。詳細を教えてくれませんか?

自分も一時ベースを担当したことがあって、そのときはMoonのシースルーレッドのJJを使っていました。良いベースだったのですが、使用しなくなったのでこれも友人に格安で譲ってしまいましたが・・・。

楽器は大事に使えば、ほんとに何十年と使えるんですよね。
楽器製造業者って儲かりませんよね(^^;
2007/12/27(木) 22:51:51 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
バイト君が好き勝手に仕入れはできないんですが、
社員の担当者と相談の上、バイト君の意見が反映される事もあります。
ですので、当時の担当者に対して適当な理由をこさえてPRし、好みのBASSを仕入れさせたことがあります。

でも、比較的高額なFENDER-USAやカスタムショップものは、
長期在庫になるとシャレにならないので、却下されまくってました。
(「売れなかったら自分で買取」と条件をつければ可能でしたが、学生の身分でそうそう高額BASSは買えません・・・)

赤いスルーネックはYAMAHAのSB-1200Sというモデルです。
詳細仕様はこちら→
http://www.yamaha.co.jp/product/guitar/eg/database/sb/sb-1200s.html
で確認頂けます。

私が高校一年の時に親父に買ってもらったのですが、
人生の中で最も「練習」をした時期に、苦楽を供にしたまさしく「愛機」と言えるモデルです。
(今はそんなに根を詰めて練習しません・・・)

購入後25年程経過してますが、
数年間BASSを弾かなかった時期も必ず手元には置いてました。
かなり弾きこんでいるので、「鳴り」はバッチリなのですが、
トラスロッド限界まで締め込みやフレット磨耗が酷くなったため、
この夏に東京の某有名ショップに修理に出し、総額約8万円の修理費で見事復活してくれました。

その時のショップ代表とのメールのやり取りのなかで、
先の「お墨付き」を貰ったわけです。

ここまで愛着あると、もう手放せませんね。
あと25年・・・50年持たせられるかな~。
自分が65才でBASSを弾き続けられているかも分かりませんが・・・。
2007/12/28(金) 20:50:34 | URL | hide@VB #- [ 編集 ]
いいですねー
YAMAHAのHP拝見しました。
いい楽器は顔付きもいいですよね。
メンテもしっかりして、自分の身体になじんだ楽器があるってカッコいいと思います。
当時、SBにフレットレスモデルがあったと記憶してますが、すごく欲しかったのを思い出しました。

これからも、ずっと弾き続けられる環境を持ち続けられると思いますよ。
いい仲間がいっぱいいらっしゃるからうらやましいです。
2007/12/28(金) 21:40:23 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。