KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
club PANGAEA ライブ
 俺は、20歳くらいから「クロスオーバー」に傾聴していったと思う。
それまでは、フォークやフレンチ・ポップ、ブリティッシュロックなどを好んで聴いていたが、「Jeff Beck」が「Wired」という、ボーカルのないロックアルバムを発表したのをきっかけに、こういった音楽を好んで聴くようになった。ま、それまでもギター中心の「サンタナ」はムキになって聴きマクっていたな。

そう、そのころのほろ苦い感覚が、1/16に「Merry You」で行われた「club PANGAEA ライブ」で蘇っていたのだった。「club PANGAEA 」とは、現在、安達久美(G) 則竹裕之(Ds) 清水興(B) 河野啓三(K)の4人で構成される「クロスオーバー」バンドだ。
安達以外のメンバーは日本屈指のフュージョンプレーヤーたちだから説明はいらないが、安達久美とは何者か?
誤解を恐れずに一言で言えば「女ジェフベック」。
くわしくは→安達久美
そのころ俺が、好んで聴いたギタースタイルをやっちゃう女の子なのだった。
か細い指が、ブルージーにチョーキングビブラートなんぞやるのだからタマラン!

曲は、ほとんど彼女のオリジナルだ。途中、「サンタナ」の「哀愁のヨーロッパ」を演奏して聴衆の心をがっちり掴んだようだ。もちろん俺も・・・。
今にブレークするね。

清水興(B)は、ナニワエキスプレスのベーシストだ。いいオッサンだ。
安達が、物販で「前回作ったオリジナルTシャツがまだ余ってる・・・」と言いかけたら、すかさず「あとわずかしかないのでプレミアでっせ。投機対象にどうぞ」とフォローしていた。

河野啓三(K)は現T-SQUAREのキーボーディスト。
テルミンのような機能のついたキーボードを操っていた。彼はこのバンドのサウンドの要かもね。

そうそう、開始1時間前に「Merry You」へのエレベーターで則竹裕之(Ds)氏にばったり出会った。
すごい紳士なんだ。とてもミュージシャンって感じじゃないんだけど、ドラムの前では獣のようになるんだよね。笑っても目付きが怖い(笑)。

マネージャーさんに確認したところ「演奏中の写真撮影は遠慮ください」といわれたので(当然だろうケド)、ライブ終了後には物販・サイン会があったため、連れを入れて1枚。
clubPANGAEA
 PENTAX DA21mm/F3.2Limited
左から、清水興(B)、河野啓三(K)、則竹裕之(Ds)、連れ(G)、安達久美(G) 
スポンサーサイト
コメント
コメント
女ジェフ・ベック(笑)
世の中にはスゴイ人がいるもんですねぇ!女ジェフ・ベックですか(笑)
よほどスゴいギターを弾くんでしょうね。
ジェフ・ベックは僕もワイアードとかよく聞きましたよ。
ボーカルなし、インストでのロックといえばやはりベックとチャーですかね(笑)

清水興は久しぶりに見ますね。
20年近く前に、CITY8(西武百貨店8F)にSOUL EXPRESSで来た時に
見て以来です。
2008/01/18(金) 07:47:11 | URL | moppi #- [ 編集 ]
もしくは女ジミヘン?
moppiさん、こんばんは。
そう、まだ興奮してますよー。
どんな感じなのかは、YOUTUBEで動画をご覧ください。
http://jp.youtube.com/watch?v=Rx5HOnE1T-8&feature=related
この曲をアンコールでやりましたよ。
3月に発売されるCD+DVDをその場で予約してしまいました。
2008/01/19(土) 01:13:45 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
★☆★PENTAX K200Dの安値ショップはココだ!★☆★ ★☆★PENTAX K200Dの安値ショップはココだ!★☆★
2008/01/24(木) 20:04:59 | ブログ検索結果BLOG,club PANGAEA ライブ
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。