KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別離
 この時期は、別れの季節である。
恋愛の話ではなく、年度の節目という意味で歓送迎会が盛んになるのだ。

同じ職場の仲間が、家庭の事情で退職せざるを得ない状況になるのは、本人にとってもその職場の仲間にとっても辛い。

彼女は、タイへ行くことになった。 M
 
PENTAX FA43mm/F1.9Limited
※写真掲載は本人の許可をいただいています。
2月で退職したMさんの送別会を、昨日行った。
「退職した翌日からも、毎朝会社に行く支度をしていました。」と泣いた。
大人しいが芯のしっかりした女性だ。
多くの友人や仲間との別れの悲しみは一時のこと。それより、異国の地での暮らしは大変だろう。
コトバや文化の違いは、馴染むまで(馴染めるか?)時間もかかるだろう。
しかし、タイは「微笑みの国」と言われるのだから、彼女なら溶け込んでいけると信じている。

また会おう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。