KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Jazz Week 2008 街のジャズクラブ編 その2
 12日(木)20:00 ここは、浜北にある「ラ・セゾン雪月花」だ。
季節の和・欧料理をいただけるパブ・レストランで、毎週土曜日他不定期にジャズライブを楽しめる洒落たお店だ。
17~18年くらい前になるけど、ここでアコースティックデュオでライブをさせてもらったことがあるなぁ。
雪月花
 PENTAX FA43mm/F1.9Limited
2Fまで伸びた笹がライトアップされて窓から影を映しこんでいる。う~ん、いい感じ。

こんな洒落た店で始まった演奏は、「Dear Blues」。 Dear Blues
 中嶋美弥(p)率いるジャズピアノトリオだ。
「Dear Blues」というバンド名だが、ブルースばかりを演るわけではない。
A.C.JobinやD.Ellngton、それに彼女のオリジナルも演奏した。
今日は上から見下ろすように観ているので、彼女の指先が鍵盤を滑るように無駄なく走るさまを堪能できる。 Dear Blues4
 PENTAX F28-80mm/F3.5-4.5 
MCでは、曲作りについても話してくれた。ピアノに向かうと自然とメロディーが出てくるのだそうだ。う~ん、天才はいいなあ。 Dear Blues2
  後半の演奏は、ベース名古路一也とドラム山下佳孝がJazz WeekのオフィシャルTシャツを着て登場し、演奏中に2人ともご覧のようにピアノと同列に前に出て自己アピールと、こんなお茶目なところも見られた。 

 ところで彼女は、このバンドでアルバムをつい先日(6.10)発表したばかり。
当然、買ってきましたとも。 
Dear BluesCD
 CDタイトルは「Three Cat's View」。ネコ好きの彼女らしいタイトルだ。
一般のCD店ではまだ販売していないようなので、聴いてみたいという人は彼女のHPを覗いてみるといい。俺の家にきてもダメだからね。
http://jazzmiya.com/ Dear Blues3
 3人がサインをしてくれた。
KAZZがKazuとなっているのはご愛嬌。
アルバムを出したことで、各ラジオやスイングジャーナルなどのメディアにも登場し一気にメジャー街道を駆け上がっている。

こちらへ演奏にくるときは必ず応援にいこう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
いつもありがとうございます!

CDも買っていただいてありがとうございます♪ なのに。。
KAZZのつづり間違っちゃってすみません(><)
ライブ楽しんでもらえたなら嬉しいです。
また来てくださいね!!!

2008/06/18(水) 06:44:10 | URL | みや #- [ 編集 ]
みやちゃん
 リーダーアルバム発表おめでとうございます。
雪月花から帰ってから早速聴きましたよ。
でも、生演奏の直後だったためちょっと物足りない(再生機器がへちょい!)感じがしました。が、今頃になってじんわりボディブローでハァトをえぐってきます。
「The song I heard somewhere」は名曲だと思います。

忙しくなってくると思いますが身体を大事にしてください。
また、聴かせてもらいにいきます。

KAZZ
2008/06/18(水) 19:52:22 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。