KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴木麻美+大石学トリオ/Cafe Mam'selle
袋井にあるカフェ、マムゼルでのSpecial Jazz Liveを堪能してきた。

 30日は明朝から雷雨が激しく、午後から雨足は緩くなったものの、夕方になっても降り続いていた。
ここのところ、晴れた日が続き、金曜日は見事な入道雲が出ていたから、この雨には必然性がある。
しかし最近、雨の影響は各地で想定外の被害をもたらしているため、注意が必要だ。
細心アクセルワークで、少々道を間違え回り道をしながらも18:35に現地に到着できた。

 本日のSpecial Jazz Liveのパーソネルは、
・大石学(Pf)
・松浦直樹(Bs) 
・津ケ谷友則(Dr)
・鈴木麻美(Vo)
どうよ、Specialでしょ?

 余談だが、ライブスタートまでの時間に腹ごしらえのため「キーマカレー」を注文したが、これがなかなかイケル。
喫茶店では「プロ用レトルト」だろうし、ソバ屋などはダシを流用しているのだろうけど、なんでこんなに美味いのだろう。

 そうこうしているうちに、ライブが始まった。
まずは、トリオで「枯葉」。一気に店内は秋色に染まってゆく。
そして、麻美さんの登場。 鈴木麻美+大石学トリオ PENTAX DA12-24mm/F4
最前列であったため生音・肉声が聴こえる位置で、4人の出音バランスや音量は最適だが、後方の人たちには少々聴き取りにくかったかもね。
繊細で無駄な音のない空間だったため、不粋なシャッター音を響かせるのは気後れする。
それでも、数枚はノリのいい曲で撮影させてもらったがブレは抑えられなかった。 大石学 PENTAX FA43mm/F1.9Limited
ピアノの大石学氏は、多くの一流アーティストのレコーディングや自身のアルバムを出すなど活躍されているプロフェッショナルだが、初めて生演奏を聴いてぶっ飛んだ。
叙情的な、空間を非常に大切にしたフレーズやダイナミクスに富んだパッセージで、氏の指先はまるでダンスをしているようだ。 
松浦直樹
チェロを弾くように座って演奏するスタイルの松浦氏。
耳障りな音は一切出さず、ボーカルをサポートすべくきっちりボトムラインをキープするプレイヤーだ。 津ヶ谷友則
津ヶ谷氏は、シンプルなドラム構成から、時々トリッキーなプレイを演出するなど見ていて楽しい人だ。
身体の中からリズムが出ていて、ときどき痙攣するような裏打ちにはニヤッとしてしまう。
鈴木麻美
そして、鈴木麻美さん。
家業に家庭に音楽活動ととても忙しい日々。だけどすごく充実されているようで、ステキオーラが出まくり・・・。かといって、近寄りがたい雰囲気があるわけでもなく、誰にでも気さくに接するすばらしい女性(本当だってば)。
鈴木麻美2 
そんな彼女だから、まわりの人たちも無償の愛を彼女に注ぐ(推測っ)。
もちろん、俺もその一人。
歌っている声に、姿に引きずり込まれてしまう。
・・・魔性ではない。人間が欲するエッセンスが彼女から滲み出ているのだ。
トークにも、その辺りが垣間見られる。
曲はスタンダードを中心に2部構成で、アンコールは2曲。
途中、麻美さんはマイクを離して歌うなど、目の離せないライブだった。

終演後は、気持ちが良くてホワ~っとしてしまった。
みなさん、おつかれさまでした。


 そうそう、最近ライブにごっついカメラを携えた人が多くなった。
人違いで声を掛けた人もカメラを持っていらした。
その方は、このライブ後のセッションでサックスを演奏するので、自分のカメラで撮影して欲しいと仰る。
そのカメラは、NikonのD700!先月発売されたばかりのフルサイズセンサーという高級機。
使ってみると、ファインダーや液晶の見易さ、合焦の速さなどストレスなく使える。少々ガタイが大きいが、イイ!
ZINZINさん、サックス演奏をまともに聴けないくらい(すんまそん!)カメラに集中してしまいました。
mixiで、撮った写真をアップしてくださいね。

 こうした出会いもあるからいいんだよね。

セッションが終わって外に出たら、雨はすっかり上がっていた。
明日はいい天気になりそうだ。
気持ちよく帰路についたのだった。




 



スポンサーサイト
コメント
コメント
ありがとうございます!!!
KAZZさま
昨夜はご来場ありがとうございました。
そして、身にあまるお言葉嬉しく、面映い心地です...

でも、KAZZさんのお言葉を読んで、

「確かにわたしは、周りの方々に無償の愛を注いでいただいているのかもしれない」
と思いました。
いや、かも知れない、ではなく、その通りですね。

もっともっと!上質の音楽ができるうようになって、
みなさんに、歓んでいただけるよう、その愛を、お返ししたいと思います。

またぜひ、見て聞いてやってください。
2008/08/31(日) 15:23:03 | URL | asami #uj5cMjdk [ 編集 ]
どうかそのまま
麻美さん、夕べのライブはブランクを感じさせない”上質”な空間として深く印象に残りましたよ。
ファンへのとてもステキなプレゼントでした。

これ以上を極められたら、麻美さんが遠いところへいってしまいそうで不安になっちゃいます。

KAZZ

2008/08/31(日) 20:24:26 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。