KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋のJazz Dialogue
「しずおかオヤジバンドコンテスト」の番組途中だが、どーしても先に伝えておきたい事がある。
それは、9月27日(土)のこと。

昨日の昼から、突然豪雨と雷に見舞われ、夕方からは強い風が吹いた。
それは、蒸し暑かった日々を急激に秋の景色に一変させた。
たった一晩で、爽やかな秋空を作り上げるなんて、自然の神は偉大だ。

この日、第110回目のサロンコンサートが磐田サンプラザで行われた。 Jazz Dialogue
PENTAX DA12-24mm/F4
「Jazz Dialogue」。鈴木麻美(vo)+藤森潤一(p)というこれ以上ないシンプルなユニットだ。 Jazz Dialogue2 Nikon D90 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
シンプルゆえ、一つひとつの音が混濁することなく伝わり、聴くものの琴線に触れてくる。
わずか1~2曲で、抗うこともできず深い深い秋の世界へ誘われていく。 Jazz Dialogue11
スタンダードとオリジナルを丁寧に歌い紡いでいくが、聴く側も張り詰めた空気の中に身を置くことで心地良い緊張感を楽しんでいるようだ。 Jazz Dialogue7
高級なグランドピアノでもないごく普通のアップライトから、緩急自在に流れ出てくる藤森ワールド。 Jazz Dialogue10
絶妙な間を生み出し、呼吸を合わせるように麻美さんを見つめる藤森氏。 Jazz Dialogue6
 ぴたりと呼吸を合わせて歌いだすとき、俺も心で一緒に歌いだしているのだった。 Jazz Dialogue5
ときに悲しげな表情をみせる。実に表情豊かだ。

さて、アンコールで歌った「懐かしい未来」を動画でアップしちゃう。
会場には比較的年齢層の高い方が多かったが、皆紳士・淑女だった。 
 Nikon D90 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF) 
作詞 鈴木麻美 作曲 藤森潤一
(c)Jazz Dialogue

切なく、そして上質な夜だった。 
Jazz Dialogue3

この磐田サンプラザは来年3月で閉館されることが決まっているらしい。
ここで行われてきたサロンコンサートも110回目を数えた。
自分は2回ほどしか来ていないが、残念な気持ちもある。

しかし、今夜のこのコンサートは一生忘れることができないだろう。




スポンサーサイト
コメント
コメント
KAZZさん、ありがとうございます。
いつも素敵な写真を残してくださって。

動画は自分の姿がちょっと恥ずかしいし、
アンコールのWWWの2番は、そのときの気持ちを歌詞にして、アドリブで歌っていたので、
いろいろと、歌のできには、思うところもあるんだけど、でも。
自分の今のありのままだと思うので・・・

一生忘れられない夜、などとおっしゃっていただいて嬉しい限りですが。
その記憶を塗り替え続けるべく、精進します!!

まだまだ、期待していてください。
怠けぬよう、見張っていてください(笑)

ありがとうございます。
2008/09/30(火) 21:20:51 | URL | asami #hMsimftE [ 編集 ]
asamiさん
   ほんとうにステキな夜でした・・・

ポジティブなパワーに圧倒されます。
到底、目が離せるはずがありません(^「*)

   ありがとうございました。

   KAZZ
2008/09/30(火) 22:07:17 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。