KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第2回 やらまいかミュージックフェスティバルinはままつ スタート!
 薄曇の絶好の天気の中、今年で2回目となる「やらまいかミュージックフェスティバルinはままつ」(以下「やらフェス」という)が開幕した。
スタートが11:00~となっていて、16会場のうち6会場がこの時間から演奏が開始された(ハズ)。

で、パンフレットや「やらフェスHP」でチェックしたとおり、まずは⑮新川モールの「Masterbation Love Session」から聴きに行くことにした。
浜松駅から新川モールまで徒歩で15分くらいかな?
道中あんまり人がいないため、遠方から来た人は「ほんとに今日やるのかな」と心配するのではないだろうか。と、余計なことを考えていたらオレンジ色の旗が見えてきた。
丁度、開会を司会の人が宣言したところだった。 新川モール Nikon D90 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)
そういえば、昨年の「やらフェス」もここ新川モールから見始めたような気がする。 Musterbation Love Session 「Musterbation Love Session」・・・意味深なバンドネームに惹かれてきたが、以外と普通(笑)のバンドだった。
ボーカルによってハードロックやポップスになるという。
今日は、洋楽ポップスだったようだ。バラードからファンクまで短い時間のなかでよくやってくれた。 Musterbation Love Session2 よく日焼けしたベースさんは4バンドほどを掛け持ちするそうだ。 Musterbation Love Session3 ひとり浮いた格好のギタリストだが、ギンギンのヘビメタフレーズではなく、しっかり曲調に合わせて弾いていてウマいと思う。 Musterbation Love Session4 年代モノのシンセを操るキーボーディスト。TORITONを打楽器にしてしまうパフォーマンスをする辺りはタダモノではないゾ。 Musterbation Love Session5 特に変哲のないドラム(笑)。 Musterbation Love Session6 
素足で歌い、MCは苦手と言いながらしゃべる。ギターの人にモーニングコールをされて「何色?」と聞かれ「履いてない」と答えたとか。目が覚めた。
一番最初の演奏で観客もまばらだったがイイ演奏だった。

次は「EBISU」を観にギャラリーモールへ移動だ。

つづく







スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。