KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16th 浜松 JAZZ DAY #4
再度、UP-ONに戻ってきて、あの「福岡」を聴くのだ。
8月にMrry Youで初めて聴いてぶっ飛んだあの感覚をもう一度味わえるのか?? 福岡 お~、なんという爆音! 画像では分からないけど、隣では相変わらず郷土和太鼓が鳴り響いている上、反対側では共産党の街頭演説を大型スピーカーでガンガンやっているにもかかわらず、決して負けない強い音を出していた。
これこそが「福岡」の音だ。
バンド名は「福士」と「岡林」という両ギタリストの頭を合わせただけなんだけど、九州のイメージが浮かんでしまうから不思議(って、俺の単細胞さが不思議)。 福岡2 岡林氏はPAオペレータをしたり、バンドイベントの企画やブッキング、演奏後の編集もしたりするマルチな才能を発揮するが、ギターの腕前も飛びぬけていて、ゴリゴリ弾きまくるギターサウンドはきもちイ・ィ~。 福岡3 ベース渡辺→藤村もブイブイ腹をえぐってくれる。
サウンドは、インストのファンクロックでJ&Bを彷彿させる。
ギター弾きには涙モンのバンドだ。
・・しかし、今日はJAZZ DAYだよなぁ・・ま、いっか。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。