KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンドナイト vol.161 続々
 さあて、トリのバンドはイッシー率いる「Blues Therapy」の登場。 Blues Therapy Nikon D90 ED 18-200mm F3.5-5.6G 
トリオでブルース。いや、ブルースという枠にはとらわれない自由な音楽性を持ったバンドだ。
バンド名は直訳すりゃー「心療哀歌」かな?
もお、たまらんっ!
ゾクゾクしっぱなしの緊張感ある音の連続。「今日がデビューでーす」んだと~。 Blues Therapy2 
Dr.ASH(B)。やはり基本が出来ていると何でも出来るんだなぁ。
「・・俺MC苦手やねん」。笑うと人懐っこいせいか、観客(同僚?)にイジられまくりだった。
キャラもいいし。 
Blues Therapy3 
こうして改めて見ると一頃より随分痩せたんだね。酒も生中2杯までにしているとか・・・。
レスポールタイプを弾くところをはじめて見た。Tokaiの古いギターらしい。
イッシーの手にかかるとどんなギターでも歌わせちゃうところがすごい。
MCはマニアックな機材の話で結構リアルに楽しめた。(なんで?) Blues Therapy4
 この若いドラマーは、「羞恥心」ではないと思う。
「Blues Therapy」の写真はすべてブレているが、被写体ブレが殆どなのだ。
それだけ、アクションが大きい(速い)ってことかな。
この子は、「田中舘祐介」というらしいが、すごいドラムを叩く。
久しぶりに感動するドラマーに出会えたって感じ。
ソロ回しでの、変拍子リズムを叩き続ける力技といい、イッシーのギターに絡むドラミングはハンパない。

観客も一体となったライブが展開されるということは、メンバーがみんなに愛されているんだなーってつくづく思う。
トリオという、バンドとしては必要最小限の構成から奏でる音は正に「心療」にふさわしい。

以上3バンドの演奏が終了した。
今日のこの組み合わせでライブがおこなわれることは今後まずないだろうから、貴重な時間を共有できたし、大儲けした気分だ。きてよかった。

総合司会も務めたイッシー。おつかれさま。



スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは~
ってゆーか朝になってしまった。どのあたりでお写真撮っていましたか?
私は呑むと周りが見えなくなってしまうので(笑)
2008/11/07(金) 04:27:05 | URL | こずえ #- [ 編集 ]
こずえさん
こんにちはー。
って、まだ就寝中かな(笑)?
カウンター寄りの丸テーブルにいましたよ。
こずえさんをお見かけしたのですが、いそがしそうでしたので声をかけられませんでした。
今月のバンドナイトも行く予定です。
もし、おいでになっていれば御挨拶させていただきます。

KAZZ
2008/11/07(金) 12:35:12 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。