KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太田朱美のJazz Fluteの世界
 「JAZZ SPOT analog.」オープン後初の日曜日ライブは、「太田朱美のJazz Flute」だった。
フルートをフィーチャーしたジャズをあまり生で聴いたことがないから楽しみだった。 
開始1H前から入店し、ワインにパスタ、ソーセージ、チキンバスケットとサラダで腹ごしらえ完璧!
隣の席では今日のプレイヤー達が入念に打ち合わせ中だ。
お、彼女が太田朱美さんかな??わくわく・・・。

ガラガラだった席もイッパイになった。
フルートということであまり知った顔ぶれがいないが、Miwakoさんが来ていた。
程なくしてライブスタート。 太田朱美 SIGMA 28-70mm F2.8
スタンダードを次々と演奏、フルートといえばボサノバなのだが、殆ど演らなかった。 太田朱美 2 Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6G 
音はまさしくフルートそのものなのだが、ソロではジャズフレーバーなフレーズだ。
彼女は東京を拠点に活動しているようだが、出身は鳥取県だそうで、今日は県人会が応援に来ていた。
サポートメンバーは・・・
太田朱美 3
村山貴(P)。昨年結婚して新婚旅行はスペインに行ったそうだ。 太田朱美 4
向野隆志(B)。ベースを新調して、今日が2回目の演奏だとのこと。 太田朱美 5 津ヶ谷友則(Ds)。「シンバル野郎」と紹介されていたが、写真に写っているシンバルは1960年ごろのものでプレミア付きだそうだ。 太田朱美 6 写真の”水道管のような”フルートは初めて見たが「バスフルート」というそうで、オクターブ低い音が出るらしい。

セカンドステージに一人で登場した彼女はソロでジャズを演奏した。
これは息を呑む演奏だった。
断続的に吹き込むビブラートともディストーションとも聴こえる演奏法は聴いていて高揚するな。 太田朱美 7 これはピッコロだ。高揚感を表現するため、シャッターを切る瞬間にズームしてみた。 太田朱美 8
ところで彼女はMCはあまり上手ではなさそうだ。
メンバーにMCを振っておいて「そうだったんですか」・・で、次へといってしまうし、いきなりベースに「メロ取る?」とかムチャ振りしていた。 太田朱美 9 
しかし、フルート演奏は見事だったなぁ。

analog.にはこうしたライブプロデュースするコーディネータがいる。
これからも知らない世界を提供していただけると嬉しいね。

サポートメンバーさん、おつかれさまでした。







スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。