KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和~nagomi @B♭
 切ないバラードが好きだと意識したのは高校生のときだったかな。
当時はディープパープルをよく聴いていたりしたんだけど、激しいロックの後のバラードナンバーは痺れたものだった。
国産バラードも名曲がいっぱいだが、普通のポップスをバラードにアレンジするのも結構面白いのでやってみたりしていたな。

そんな国産名バラードを演奏してくれる「和~nagomi」を聴きにB♭に行った。 B♭ TAMRON SP AF90mmF2.8Diマクロ
カウンターのダウンライトは、すりガラスで光を和らげている。 
演奏が始まるまで「ジンジャエール」を飲んだのだが、よくある「カナダドライ」ではなく「ウィルキンソン」。
これは、強烈な生姜味でちょっと癖になる。
おかわり!

あ、メンバーが揃った。 和~nagomi Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6G まったりと始まるところから、すでに身体の緊張感がほぐれていくようだ。 和~nagomi 2 Darie(Vo)。
「Groovin'High」というファンクなバンドではソウルフルに歌う彼女だが、この「和~nagomi」ではしっとりと、しかし抑揚のある歌を披露している。 和~nagomi 3 南部氏(Dr,Per)。 和~nagomi 4 大高氏(Key)。
この日はHAMMOND44というメロディオンを弾いて(吹いて?)いたが、すばらしく良い音を出していた。 和~nagomi 5 東氏(B)。
いつも思うのだが、フレットレスのフィンガーボードの艶が見事なのだ。 和~nagomi 6 
ジャンベを叩く南部氏。 
和~nagomi 7 
福士氏(Gt)。
「アントニオの歌」でのギターは特に良い音で、抑えたフレーズも超かっこよかった。 和~nagomi8
ピアノの弾き語りは、緊張感があっていいね。 
和~nagomi11
前の席にはお馴染みの顔ぶれがいたんだけど、後方の席には初めて聴きに来たという観客もいたようだ。
和~nagomi12
ときにシャウトもする。

バックの演奏家も一流ばかりだし、こんな凍みるバラードばかり聴かされたら、どんどん気持ちよくなってしまって、ジンジャエールがよく効く。

おつかれさま。
気持ちよかった。

 





スポンサーサイト
コメント
コメント
ありがとうございました
いつも、いつも、ありがとうございます。お楽しみいただけたでしょうか。もっと、もっと、曲を増やして、サウンドにも磨きをかけたいと考えております。

もしリクエストなどございましたら、ご連絡ください。

またのご来場をお待ちしております。
2009/04/08(水) 00:18:51 | URL | 南部 #- [ 編集 ]
雨の中、お越し頂き本当にありがとうございます!
ギターに対するありがたいコメントにも感謝です。
またどこかのライブ会場でお話させて下さい。
2009/04/08(水) 21:23:45 | URL | 福士 #- [ 編集 ]
南部さん

「親しんだメロディに日本語の歌詞」というと懐メロ特集みたいに聞こえてしまうかもしれませんが、そこに、ゆったりした「バンドサウンド」が加わり上質な空間を作り出して、聴き手(自分)はα波出まくり状態になりました。
何度も何度も聴きたくなるバンドです。

コメントありがとうございます。
リクエストもさせてください。

KAZZ
2009/04/09(木) 13:23:10 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
福士さん
「Groovin'High」でのファンキーなプレイや「福岡」でのハードなフュージョンも心躍りますが、この「和~nagomi」でのプレイは、ボリューム奏法でアタックをなくしたりして、アンサンブルを重視した演奏がグッときます。
歪みも抑えられていてホントかっこいいですね。
要所にのみ音を入れる、バンドのお手本だと思います。

KAZZ
2009/04/09(木) 13:47:58 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
いつもありがとうございます
Darieです。

毎回観に来てくださって、本当に嬉しいです。
今回は知らない方も多かったんですが、
やはり知ってる方がいらっしゃるとホッとしますね。。。

写真もありがとうございます!
また何かの機会に(笑)使わせていただくかも・・。

2009/04/10(金) 13:21:42 | URL | Darie #- [ 編集 ]
Darieさん
聴きに行くのが楽しみなバンドは数あれど、和~nagomiはオンリーワンの存在なので特に楽しみなんです。

会報誌はじっくり読ませていただきました。
自然体でいながら、輝いているところがすばらしいですね。

次回はGHですね。
こちらも楽しみです。

KAZZ
2009/04/10(金) 18:42:36 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。