KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
廣木光一Special 2Days
 2Daysの初日、半田のJazz in"B♭"で行われた「廣木光一」&「鈴木麻美」Duoを楽しんできた。
なにが楽しいかって?
そりゃ、ベテランプロギタリストの廣木さんとデュオる麻美さんの緊張しまくった表情や仕草に尽きる。
なんていうと麻美さんにおこられそうだが、ほんとに緊張感がひしひしと伝わるから観ているこちらも緊張してしまう。
でも、麻美さんもアマチュアとはいえ、ン十年の活動歴があり、数々のプロミュージシャンと共演されてきたから、歌は見事だった。
特に後半では、ギター演奏と一体となった抑揚のある見事な歌いっぷりを披露していて鳥肌ものだった。
廣木さんは、’75年から自己のグループで活動を始め、多くの一流プレイヤーとも共演している。
ジャズ・ギター教室をも開校しているし、最近では、映画音楽を制作したり、世界の子供たちにワクチンを贈るボランティア活動もおこなうなど多方面で活躍されている。
 今回のライブでは、ガットギター1本でソロ演奏や伴奏をしたが、基本的にピックを持ったまま他の指でコードを弾くというスタイルだ。
俺もこのスタイルだが、良い面は早いパッセージを入れやすいこととストロークで音量が稼げる。
マイナス面はベース音が指よりも固い音になってしまうことと、指弾きできるのが2本しかなくなってしまうことかな。
残念ながら演奏中の写真はNGだったが、演奏後は話をさせていただいたり、記念撮影もさせていただいた。 廣木光一&鈴木麻美 Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6G 
左から、本日誕生日の「藤森」氏。廣木さんは「ちゃんジイ」と呼んでいるらしい。
「鈴木麻美」(Vo)、「泉谷むつみ」、「廣木光一」(G)、「岩間学」。
他にも地元のミュージシャンが多く来ていた。

明日は、磐田の茶寮Zappaで、「ちゃんジイ(藤森氏)」がピアノで加わってトリオで演奏するので、足を運んでみてはどうだろう。
楽しめることは間違いないゾ。
 

スポンサーサイト
コメント
コメント
ありがとうございました!
KAZZさん、ありがとうございました~(^^)/
もうね、ほんと、あんなに緊張したのは、初めてでした。
お見守りいただき、感謝です・・。

あの後、3人で打ち上げに向かう車の中で

「ピアノがドレスを着て歌うようなものなら、
ギターで歌うのは下着で歌うようなものですね!!!」

って言ったら、廣木さんが、

「せめて”水着”って言ってよ~~~~!!
 チャンジー、このヒト、どうにかしてよ~~!!」

と叫んでました。。。。

いやーいい経験しました。
2009/04/19(日) 20:28:36 | URL | asami #dNl3EbHs [ 編集 ]
asamiさん
(笑)(笑)(笑)
>「ピアノがドレスを着て歌うようなものなら、
ギターで歌うのは下着で歌うようなものですね!!!」

音の厚さを着衣に例えた名言です!
ソロボーカルの場合は素っ裸ですね(笑)。


ライブって、特にジャズでは、緊張感がないとぜんぜんつまんないです。
次にどんなフレーズが来るんだろうとドキドキしたり、アレンジで定石を打ち破ったりすると、「やられたー!」ってなったり、少人数ほどそれができて面白いですね。
そういう意味では、麻美さんはいつも新しいことに挑戦してらっしゃるので、毎回違う緊張感を楽しめます。

廣木さんのギターに目を奪われてしまいましたが、やっぱり主役は歌手の麻美ですし、MCも緊張感あるものでヨカッタですよ。

おつかれさまでした。

KAZZ


2009/04/19(日) 22:08:35 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。