KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛知工業大学名電高等学校吹奏楽部サマーコンサート2009とか
 カテゴリは「旅」である。
タイトルは「音楽」っぽいのである。

だって、折角犬山までいくんだもの。
休日千円になって初めての東名高速。 浜名湖SAコルネット SIGMA 28-70mm F2.8
浜名湖SAでこの「コルネット」を食いたかった。
コルネットを知ったのは、VioletBrassのgerryのブログで今年の5月だった。それが結構うまそうだったんだ。
その後、勤め先の夏祭りのイベントとして出店してもらおうと思い、株式会社コルネットを訪ねて、高林社長にお会いしていろんな話が聞けた。
その話で、この浜名湖SAでも販売(直営ではないらしい)してると聞いてたので、東名を西方面で利用するときは寄ってみようと思っていたのだ。
ちょっとお高いけど、小腹が空いたときにはちょうどいいボリュームだし、おいしいし、新しモノ好きの好奇心を満足させてくれる。 

小牧I.Cで降りて41号を北上し、犬山に入った。 長良川 鵜飼で有名な長良川だが、日本三大清流の1つでもある。
これだけ大きな川だが、本流にはダムがひとつもないらしい。
川面を滑る船も風流だ。 犬山城 お約束の犬山城へ。
12日はものすごく蒸し暑かった。
天守へ登る階段は急なうえ、1段1段が高いため最上階へ着く頃には全身汗びっしょり。  城からの景色 しかし、ここからの景色はすばらしい! 城からの景色2 古今変わらず高所からの眺めを独り占めしたいと思うのだろう。 戻る途中の三光稲荷
戻る途中には「三光稲荷」がある。
ここには「おもかる石」という不思議な石がある。 おもかる石

願い事を念じて石を持ったときに軽く感じれば願いは叶うのだとか。

彼・・・「結構軽かったですよ」
俺・・・「何願ったの?」
彼・・・「え?」
俺・・・「・・・・・」
彼は、説明を読まずに持ち上げたのだった。ちゃんちゃん。  

腹減ったので犬山城下のソバ屋へ。 釜揚げきしめん 地元八丁味噌を使った釜揚げきしめん。 
味はノーコメント(決してまずいからではない)。 お菓子の城 ここは、「お菓子の城」。
折角きたのだが、入城料が高いのと時間がなくなってきたので入口で引き返してしまった。わはは。 犬山市民会館 そして、「犬山市民文化会館」に到着。
うわ、1時間以上前なのに長蛇の列だ。さすが名電高校吹奏楽部だ。
校長の挨拶では「イチローの母校」という言葉が使われていた。有名な高校になっている。
3部構成となっており、1部は課題曲や歌劇で少々たいくつ。
2部は、ユーフォニアム奏者の外囿祥一郎(HOKAZONO SHOICHIRO)氏を招いて「ウィルソン組曲」を演奏。ユーフォニアムという楽器自体メジャーではないので一般の人は知らないだろうな。
ソロを聴くのは俺も初めてだったので、まろやかな音色に魅了された。
その後、ドリル。これだけ動きがあれば眠気も吹っ飛ぶ(笑)。
3部は、すこしPOPな感じの曲で、「もののけ姫」やアメリカングラフィティーや「嵐」のメドレーを演奏して終了。
しかし、アンコールでは、何とディープパープル「紫の炎」や「スモークオンザウォーター」をやっちゃった。
これは、先生の趣味だろうな。ちょっと格が下がってしまったような・・・。いや、ディープパープルが低レベルといっているのではない。大好きだし・・。

演奏はみんな高校生とは思えないほどレベルが高い。
が、浜松の高校より抜きん出ているというほどでもないとも思う。

初夏の1日を楽しめたことがなによりだった。
また来年も行けるかな。ね?採用担当さま。




 
スポンサーサイト
コメント
コメント
食べたいが
こんばんは 
妻はこのコルネットが食べたいようである

私は「おもかる石」をチャンスがあったら
挑戦してみたいと思う
1000円が他欠く搗くかもしれない?
2009/07/26(日) 21:36:37 | URL | 会社のM君 #- [ 編集 ]
会社のM君
コルネットは、文化芸術大学の斜め向いにある店が本店で、ここならちょっぴり安くなっていますよ。
この間、TVの「ケンミンショー」でも紹介されてましたね。

「おもかる石」にチャレンジしたいということは、なにか成就したいことがあるわけですね。
是非トライしてください。

ちなみに我が家の車は2台ともETC未装着です。ちゃんちゃん。

KAZZ
2009/07/26(日) 23:18:29 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。