KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
師走の夜もMakoring et Mutsumi@ハーミットドルフィン
今年5月に観た「DiVa」のライブをもう一度観たいと願っていた。
8月にも磐田のザッパに来てくれたのだが、そのときは夏祭りとバッティング。
そして、12月18日(金)に再び来浜してくれた。
場所は、5月と同じく「ハァ~ミットドルフィン」だ。
今度は、仕事帰りで車で行ったので一発で着いた(笑)。

今回は「まこりん」はソロだが、「泉谷むつみ」さんと一緒に出演する。
今回も泉谷さんにお誘いいただいたので、聴き逃さずに済んだ。

まずは、泉谷さんとギター「富塚彰」氏のDUOから。 091218ハーミット Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6 
前回は2Fの店だったが、新たに出来た3Fのスペースで行われた。
しかし、ナンと寒い日だ。
このスペースも結構寒いから、最後までダウンジャケットを着たままだったな。 091218ハーミット 02 富塚彰(G)。
フルアコをナチュラルトーンで弾いていたが、少しざらついた音色はいつものアコースティックにトーンを近づけているのかな。 091218ハーミット 03 泉谷むつみ(Vo)。
「コートの下は裸です。」
ドキッとする歌詞が妙にリアルに頭に響く(笑)。 091218ハーミット 05 意図的に、フランス語の歌詞を日本語に置き換えた曲を歌ってくれたおかげで、ぐっと親近感がわいたゾ。
歳取ると涙腺が緩むってほんとだ。

次に「まこりん」登場。 091218ハーミット 06 セッティング中に、ウクレレとカンリンバを落下させてしまうが、お構いなくスタート。 
昭和の雰囲気を漂わせる曲からだが、どうやら最近ストライクゾーンらしい。 091218ハーミット 07
弾き語りなのだが、ほとんど一人アカペラだ。
表現としてはこれ以上ないほどのシンプルさ。
それゆえ、”ウタ”そのものが際立っている。 091218ハーミット 08 歌詞を表情で表現しているため、心の中に入り込んでくる。
その声は静かで力強い。

曲の構成はその場でどんどん変わる。なんという奔放さだろう。
彼女は、多くのミュージシャンが求める「表現の自由」を我がモノにしているように見える。
1曲だけ動画を。 



アンコールでは、お約束のジョイントでクリスマスに因んだ曲を演奏した。 091218ハーミット 09
まこりんの独唱にゾクゾクしたのは俺だけではないだろう。 091218ハーミット 10 そういえばあと一週間後だもんなあ。
やっとそういう気分になることができた気がする。 091218ハーミット 11
会場と一緒に歌う富塚氏。 091218ハーミット 13 この一週間はあちこちでクリスマスソングを聴く機会があるだろうが、この場所で聴いた以上のものに出会えるだろうか。

α波がかなり放出され、肩に入っていた力が抜けてきた。
素敵な夜をありがとう。

















スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。