KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09紅白バンド合戦@KK Cafe
2009年最後のライブ鑑賞となった12月30日。
今年で8回目となる「浜松 紅白バンド合戦」に初めておじゃましてきた。
場所は、オープン間もない「KK Cafe(ダブルキング・カフェ)」。連日R&Rの生演奏を行っているライブカフェだ。01KKCafe Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6 
ご覧の通り、ステージ・ライト・PAの揃った、ちゃんとしたライブカフェだった。
どの席からでもステージがしっかり見えるよう工夫されたテーブルレイアウトとなっていて好感が持てる。
司会は「ちゃっともーもー」の赤堀・水谷さんのおふたりだ。
ラフな感じのしゃべりでセッティングのロスもしっかり繋いでいた。

合戦なのでルールが存在する。
バンドに女性がいれば紅組になるようだ。
今回は紅白それぞれ7バンドで計14バンドの出場があり、紅白1バンドづつ2曲演奏後に、客席に配布した紅白カードでお客さんが「よかった(この基準がよくわからんが・・・)」と思ったほうのカードを掲げてもらい、紅白の勝敗を決定するようだ。
もちろん、俺も参加させてもらった。

エントリーバンドは以下のとおりだ。
<紅組>
1.Non flame
2.BuACTION
3.んざ!舞阪かなえーず
4.メタ吉めがね
5.縷々木ノ下
6.遠州事変
7.アングリー・パイレーツ
<白組>
1.SAL
2.WLBS!
3.グランド・ファンク・レイルドーロ
4.The Tribal
5.ENIAC
6.MUNA SEA
7.MOON

観たことあるバンドは4つだけ。
あとは名前を知っている程度なのでどんなバンドか楽しみだ。

では、最初の紅組のバンドから。 02Non Flame 「Non flame」。
「Super Fly」のコピーらしい。
演奏もまとまっているし、ボーカルの子はスタイル抜群でかっこいい。
こんなバンドがいたんだね。 03SAL 「SAL」。
なんと西城秀樹の「傷だらけのローラ」を熱唱。
自分的にはストライクゾーンだ。

結果:紅の勝ち

次。 04BuACTION 「BuACTION」。
ジャパメタの「REACTION」というバンドのコピーらしい(知らなかった^^)。 05BuACTION ママさんらしいが、歌唱力もあって見応え十分だった。

そして白組。 06WLBS! 「WLBS!」。
発起人の奥山氏がギターを弾いているビートルズのコピーバンド。 07WLBS! いつもはツインボーカルだが、今回は横山のみ。
ビートルズは曲が短いので2曲はアッという間だった。

結果:紅組の勝ち

3試合目。 07んざ!舞阪かなえーず 「んざ!舞阪かなえーず」。

ギターの子は以前、龍水の都音楽祭で「ROSE」というバンドでも弾いていた記憶がある。 08んざ!舞阪かなえーず ゴリゴリのハードロックバンドだ。 09グランドファンクレイルドーロ 「グランド・ファンク・レイルドーロ」。
「アメリカン・バンド」などはKAZZの青春真っ盛りだったからもうタマラン! 10グランドファンクレイルドーロ
ギターは坂田。
もう弾きまくり。 11グランドファンクレイルドーロ このボーカルさんとは、ときどきお会いするので挨拶だけはしていたが、初めてステージを拝見して感動したねー。 

結果:白組の勝ち

4試合目。 11メタ吉めがね 「メタ吉めがね」。
有名なバンドだが、初めて聴いた。
ジャニス・ジョップリンを彷彿とさせるボーカルは聴き応え十分だった。 12The Tribale 「The Tribale」。
男っぽいバンドだ。
ギターは掛け持ちだね。 13The Tribal 「おしょう」と呼ばれるボーカルがイイ男だ。
今後が期待される。 

結果:紅組(だったと思う)。

ここで休憩が入り、しばしWLBS!やENIACのメンバーなどと歓談をする。
この時点で観客動員数107名。
かなりの数だが、14バンド出演することを考えると身内が多いのだろう。

さて、後半戦スタート。 14縷々木ノ下 「縷々木ノ下」。
3ピースのインストゥルメンタルロックバンドだ。
実はこのバンドがお目当てだった。 15縷々木ノ下 前出の坂田。
キャラを造っているが、ギター演奏は相変らずすばらしい。 16縷々木ノ下 
この女性ベーシストはピアノの講師でもある。
ライトハンド奏法など、さすがピアニストと思うようなテクニックも魅せてくれた。 
17縷々木ノ下 
インストでここまで聴かせられるバンドはそういないだろう。 

対する白組は・・・。 18ENIAC 「ENIAC」。
今回は「GYPSY KINGS」のみで挑んだ。 19ENIAC これが会場全体で大盛り上がりだ。
さすがENIAC。

と、ここで娘から連絡が入り、この後のバンドも観たかったが、残念ながら退場することにした。

各バンドとも2曲だけなのでちょっと寂しい気もするけど合戦だから致し方ない。
最終的な結果は奥山氏のブログで知ったのだが、白組が2年連続で勝利したらしい。
今までの結果としては、紅組が3勝2敗3分けで通算で勝っているそうだ。
入場者も最終的には127人だったとか。

09年最後のライブに相応しく見応えのあるイベントだった。
来年も是非足を運んでみよう。












 




 









スポンサーサイト
コメント
コメント
遅くなりましたが
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

紅白バンド合戦にご来場いただき感謝しております。
また、詳細なレポートありがとうございます。
2010/01/12(火) 19:57:29 | URL | 奥山会長@WLBS! #6xkx/O4c [ 編集 ]
奥山会長@WLBS!
おめでとうございます。
こちらこそ本年もよろしくお願いします。

紅白バンド合戦は途中で抜けてしまいましたが、すごく楽しかったですよ。
ありがとうございました。
ことしも活躍を期待してます。

KAZZ
2010/01/12(火) 22:42:18 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
ありがとうございました!
初めまして!BuACTIONのボーカル、ゆりやんと申します。
突然の書き込み、すみません。

フラフラとネットを見ていたら、こちらにたどり着きました。
カッコよく撮っていただいていて嬉しくなり、思わず書き込ませていただきました。
ありがとうございました~!v-411
2010/05/01(土) 23:53:29 | URL | ゆりやん #1XM570Xw [ 編集 ]
to ゆりやん
 ようこそいらしてくださいました。
ご覧の通り、ライブの模様を断りもなく撮影・コメントしている身勝手なブログです。

「BuACTION」は初めて拝見しましたが、ビジュアル・演奏ともにすばらしくてビックリしました。
「ゆりやん」さんが演奏後にお子さんを連れている姿はステージとは全然違っていて微笑ましかったです。

たまにこうしたオムニバスライブに出かけますので、どこかで見かけたら改めてご挨拶いたします。

コメントいただき嬉しかったです。
ありがとうございました。

KAZZ
2010/05/02(日) 13:31:47 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。