KAZZの徒然なるままに
身近なプチ文化を写真で綴る
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ハゲちゃん & むっちゃんの音もダチ!大集合ライブ」を覗いてみた
 40年前に浜松で本屋さんといえば谷島屋と文泉堂、それに三省堂書店が俺の中では3大書店で、よく立ち読みしていたものだ。もちろん漫画本だけど・・・。
そのほかにも小さな書店がいっぱいあった。その中には稲垣花店のように本屋を併設しているような店舗も多くあり「少年画報」などを毎週自宅に歩いて届けてくれるところもあった。でも、そこの娘さんが同級生だからということもあったのだろうけどね。

谷島屋書店はいまでも健在だ。
昔は2階にライトミュージック楽器を販売するコーナーがあって、ギターとベースを買ったことがある。
今でも愛用しているイバニーズのAM250というセミアコは正にここで注文したものだ。もう30年も前になる。

谷島屋の向かい側にあるのが文泉堂だった。
ここはあまり立ち寄っていなかった。
当時、大工町に住んでいた俺は、元城小学校への通学路の反対側にあったこともあるのだが、けっこう堅めの本が多かったのであんまり楽しくなかったような記憶がある。
この文泉堂が店をひっそりと閉じたのが2005年。
大型ショッピングセンターとインターネットの大波に飲み込まれたともいえるが、耐震問題は経営の根幹を揺るがすほどの事態であったのだ。

さて、この文泉堂をNPO団体が面白い空間にしていたとは知らなんだ。 たけし文化センター
Nikon ED 18-200mm F3.5-5.6
入口には昔の面影はない。
表題のライブが行われるということで躊躇なく扉を押すことが出来たが、何も知らずにこれを見たら、アヤシすぎてひいてしまうかも・・。 たけし文化センター2
中には卓球台の上に8本足のジェット機が突っ立っていたり・・・。 たけし文化センター3 手作りTシャツが掛けられていたり・・。階段は昔のままだ。

 前のイベントが押したとかでスタート時間になってもリハをしているため、前の方の席に座ってボ~ッとしていたら、いつの間にか後ろの席はほぼ満席になっていた。
そして、ハゲちゃんこと富安氏のリハ中に何気にMCがはじまり、むつみさんが呼ばれて本番がシームレスに始まっていった。 むつみ&富塚
「泉谷むつみ&富塚彰」
フランス語のシャンソンとオリジナル曲で、この不思議な空間をヨーロッパの下町に変えていった。
が、よく見ると後方ではコタツにはいった人たちもいたりする(笑)。 mutsumi 音楽の力は聴衆を同じ方向にむかわせる。 tomitsuka 富塚氏はリットーから出版されている「ザ・ジャズギター」などの教則本を執筆しているほどの方。
しかし、ジャズに限らず様々な音楽を演奏する柔軟性も魅力だ。 

次に富塚氏のギターにオーボエ奏者とのデュオが始まった。 オーボエデュオ このふたり、年齢も近いせいか昭和歌謡などをいっぱい演奏したため、迂闊にも一緒に口ずさんでしまったではないかー。
しかし、後ろの客席のほうが激しく歌ってたし・・・。
園マリとか俺よく知らんし・・・。 
村瀬 正巳
村瀬 正巳(Ob)。 
滅多に聞けない楽器の音色はどこか懐かしく、暖房のないこの会場をぬるい空気で包み込んでくれた。

今日は富安&むつみバースデーライブということである。
食事とドリンクが出るらしい。
休憩中に後方に用意された料理を取ってきた。 料理 この料理は「鈴木一郎太」という人がこしらえたのだそうだ。
本業は芸術家なのだそうだが料理も得意らしい。
これは、フレンチかな。

さて、お腹も満足したところで次のライブは・・・。 富安
 先ほどのデュオをバックに富安氏がギターで歌う。
やはり、懐かしの曲を数曲演奏し、会場は更に盛り上がった。

バースデー
お客さんから差し入れられたケーキにろうそくが立てられて運ばれてきて、安富氏とむっちゃんに会場の大合唱で「ハッピーバースデー」を歌い、ふたりでろうそくを(4本だけど)吹き消された。
年齢はさておき、「おめでとうございます」。
パーティーはまだ続く。 
富安&じゅてーむ 富安氏が次のバンド「じゅて~む」のふたりを呼んで1曲セッション。
「キーはEmね」とギターの順哉氏に声を掛けてすぐ歌いだす。

 外は雨。
室内は石油ストーブが数台あるだけで結構寒い。
おまけに天井の明り取り窓からステージのすぐ前方にポツン・・ポツンと雨漏りがしていてポリバケツで受けている。
昔住んでいた借家でも、冬寒く、雨漏りがしていたことを思い出した。
「歌は世につれ世は歌につれ」
こんな言葉が今の心境を言い当てていると思う。 じゅてーむ
富塚氏と歌うときは大人っぽくキーを3~4度下げているのだそうだ。
この「じゅてーむ」のユニットでは思いっきり高音を出すのだと。
 
Tetchan!
「Tetchan!」 Junya
「Junya」。
以上の2名のアーティストは説明不要だろう。 むつみ 
この2人をバックに張りのある高音で場を抑揚させてくれる「むっちゃん」。 

次は、「Tetchan!」が残り、ダラブッカを小脇に抱える。 雨宮かおり2 
アップテンポのリズムに乗って登場したのはベリーダンサーの「雨宮かおり」。 雨宮かおり1
もともとは王に見せるための踊りだとも言われているベリーダンス。
TVで元「SPEED」の上原が本場で修業するドキュメンタリー番組を見たのだが、芸術のすべてにいえると思う「感情の表現」が大事らしい。
彼女はその点でも優れていて、ダラブッカのテンポに合せるだけではなく、ステップでリードしていた。
また、肩だけや腹部だけのこまかい動きも見事だ。
どうやったら肩だけ前後に揺すれるのだろう?

Tetchan!が以前、「見て欲しい」といっていたのはこれのことだったのか。
王様になった気分にはならなかったが、ちょっとした宴会には呼びたいと思った(不純?)。 

いよいよ富安氏の番だ。 富安3
スプーンなどそのへんにあるものを鳴り物にしてのパフォーマンスで掴みはばっちり。 富安5 
彼は「ボードヴィリアン」でもある。
「ボードヴィリアン」とは、歌・手品・漫才などを披露するショーマンのこと。
古くは「トニー・谷」がそろばんを鳴り物にしたそれだったことを記憶しているだろう(って、トニー・谷知ってるのは50以上か?)。 富安6
とはいっても、やはりミュージシャンである。
ギターで弾き語るし、オリジナルCDを2枚発表していて全国を周るのだ。 富安2
楽しいMCと周りの人への気遣いが人柄を表している。
多くのミュージシャンに慕われている彼だが、そのステージを観て納得した。
豊橋を拠点として活動されているが、浜松でもよく演奏するそうなのでときどきお邪魔させていただこう。

それから音響を担当したのは「Right EAR」の大和さんである。
例の平板スピーカーから出てくる音は、ナチュラルで耳に優しい音だった。

最初は、ここは何?
ライブはちゃんとやるのかな?
等ちょっと心配だったが、始まってしまえばイイ気分で音楽を楽しむことが出来た。
多くの「音もダチ」のおかげだね。

ところでこのスペース。
建物は耐震上問題があるので取り壊されることが決まっている。
したがって、「たけし文化センター」もここでは3月下旬までだとのこと。
それまでは、誰でも自由に出入りできるそうなので興味がある人は覗いてみてはどうだろう。








 








スポンサーサイト
コメント
コメント
3月にまたやるかも?
migimimi こと RIght-EAR の大和です。

いつもありがとうございます。
3月にまたやろうと言う話が持ち上がっています。
2010/02/07(日) 13:56:07 | URL | migimimi #YHuMKccA [ 編集 ]
migimimi 大和さん
 音響その他、おつかれさまでした。
終わってみれば、一体感のある善いライブでしたね。

またやりますか?
また行きますとも!

KAZZ
2010/02/07(日) 20:57:23 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
カズさん!まいどです
ご来場ありがとうございました
ブログ、美しい写真でいつも楽しみに愛読してます
3月の13日(土)に富安さんたちとまたやろうと
決まりました 参加ミュージシャンは多数になるようで
また私としてもとても楽しみです^^@
2010/02/07(日) 21:33:55 | URL | tetchan! #- [ 編集 ]
tetchan!
ども!
tetchan!が演奏すると安心感に包まれます。
なんでかな?
追加ライブは13日(土)ですね。
アナログに行く予定ですが、まずはこちらですね。
どんな「音もダチ」が集うのか楽しみにしてます。

KAZZ
2010/02/11(木) 20:36:20 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
3/13はアナログで先約があって行けないと思いきや、
夕方5時ぐらいからだったらハシゴできますネ。
2010/02/15(月) 23:31:16 | URL | ☆i #PzYVIlwM [ 編集 ]
☆iさん
 そうそう、たしか「たけし文化センター」は21:00閉館でしたよね。
しかも「analog.」とは目と鼻の先なので、ちょっと遅刻で行けます。
では、またお会いしましょう。

KAZZ
2010/02/16(火) 19:33:54 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
たけ文ライヴ
いつも素敵なお写真…私も愛読しています*

次回、3.13(土)です。
更に、いろんな方が出演され、楽しみです。
「たけ文」での最後のライヴになるはず…

「かつて、文化の拠点だった場所に、
なにかメッセージを残したい」という、
富安にぃちゃんの熱い想いがこもっております。
2010/02/25(木) 02:45:19 | URL | むったん #VNdgwNF2 [ 編集 ]
むったん
ありがとうございます。

「たけ文」は鮮烈でした。
更に思い出が重なって、、、なんだか遠くに行っていたみたいな気分になりました。

次回、というか最後の「文泉堂」へのメッセージを楽しみにしています。

KAZZ
2010/02/27(土) 08:34:59 | URL | KAZZ #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。